BALLY (バリー)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

バリー
The following two tabs change content below.

ジーマ@ファッションブロガー

当サイト管理人のファッションブロガーのジーマです。 10年以上アパレルショップに出向く日々を過ごしています。 ファッションのおかげで自分に自信を持つことができました。 「ファッションは人生を変える」がモットー。 当サイトでは主にラグジュアリーブランド情報を発信。
読者
BALLY (バリー)は少し大人向きのブランドですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
そんなことはありませんよ!確かに、少し前までは紳士御用達のシューズブランドのイメージがありましたが、現在では ミレニアム世代にもピッタリなモダンなウェアを展開していますよ!
読者
え?ウェアも展開しているのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そんなんです!バリーは現在では プレタポルテ も展開するラグジュアリーブランドですよ!
読者
知らなかったです・・・。バリーについて詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

スイスで創業された老舗ラグジュアリーブランドのBALLY (バリー)

上質な素材を使用したシューズの評価の高いブランドで、ドライビングシューズはブランドのアイコニック

シューズを始めとするハイエンドなレザーアイテムのイメージの強いブランドですが、モダンでラグジュアリーなウェアも展開しています。

今回はBALLY (バリー)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーをご紹介いたします。

BALLY (バリー)とは

1851年創業のスイスのラグジュアリーブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

1851年創業のスイスのラグジュアリーブランド。

元々はゴム製のリボンを製造するメーカーとしてスタート。

創立者はカール・フランツ・バリー。

ブランドを代表するシューズは1854年ごろから生産がスタートしたと言われています。

読者
バリーがスイスのブランドだと初めて知りました!
ジーマ@ファッションブロガー
靴を中心としたレザー製品が人気なのでイタリアブランドだと思っている方も少なくないですよ!

1870年代には本格的なシューズブランドとしてスタート

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

1854年から試行錯誤を繰り返していた靴作りでしたが、1870年代にアメリカやイギリスの最新の技術を取り入れ効率的に上質なシューズを生産することが可能となり、バリーは本格的にシューズブランドとしてスタートを切ります。

バリーのシューズはヨーロッパを中心に高級シューズとして王侯貴族の間で珍重されます。

1900年代に機能性に優れたシューズを次々と発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

1900年代に入るとラグジュアリーで歩きやすさを考慮した現在の「ハイブリッドシューズ」に近い機能的なアイテムを次々と発表。

機能的なラグジュアリーシューズ=バリー」のイメージを定着させます。

1950年代スクリープを発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

世界大戦と世界恐慌により打撃を受けるもメンズのドレスシューズである「スクリープ」が大ヒット。

バリーはさらなる飛躍を遂げます。

1976年アパレルラインをスタート

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

アパレルとレザーを中心としたバッグをラインナップに加えトータルラグジュアリーブランドとして歩み始めます。

1988年バリージャパンが設立

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

創立者一族がブランドを離れていたことも関係し、この時期にライセンスをアイテムを量産。

ブランドのイメージは低迷します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

読者
バリーもライセンスアイテムを量産していたのですね!
ジーマ@ファッションブロガー
80年代はラグジュアリーブランドも結構ライセンスアイテムを展開していましたね。

ブランドの知名度は上がるのですが、イメージは当然悪くなりますよね。バリーもライセンスにかなり悩まされたブランドでした。

2000年新生バリーが誕生

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

投資会社テキサス・パシフィックグループがバリーを買収、「最上の最高の日常着」をコンセプトに掲げ、新生バリーを誕生させます。

こうしてバリーは嘗てのラグジュアリーブランドとしての輝きを取り戻し始めます。

2001年ミラノコレクションデビュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

スコット・フェローズがクリエイティブディレクターに就任。ミラノコレクションデビューを果たします。

2008年ブライアン アトウッドがクリエイティブディレクターに就任

 

この投稿をInstagramで見る

 

BRIAN ATWOODさん(@brian_atwood)がシェアした投稿

シューズデザイナーとしても評価の高いブライアン アトウッドがクリエイティブディレクターに就任。

2014年秋冬パブロ・コッポラがクリエイティブディレクターに就任

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

DA MANさん(@daman_magazine)がシェアした投稿

アイウェアなどを含むメンズ・ウィメンズ、全てのコレクションのデザインは現在パブロ・コッポラが担当しています。

BALLY (バリー)の評判・特徴・イメージ

読者
BALLY (バリー)の評判・特徴・イメージについて教えていただけますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

バリーは上質なレザーシューズのイメージの高いブランドですね!柔らかな履き心地のドライビングシューズはバリーを代表するアイテムで、富裕層からの評価が著しく高いアイテムです。

上質なレザーを使用したバッグなどのレザーアイテムの評価も高いブランドですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballyさん(@bally)がシェアした投稿

スイスの老舗ラグジュアリーブランドのバリーは、上質なシューズで有名なブランドです。

柔らかで上質なレザーを使用したシューズやバッグなどのグッズはブランドを代表するアイテム。

赤×白のテープを配したアイテムが多いことが特徴でこれは、バリーがリボンメーカーとしてスタートしたことの名残ともいわれています。

現在はワードローブの展開も行うトータルラグジュアリーブランドとしてレディース、メンズ共にコレクションは発表しています。

BALLY (バリー)のデザイナー

パブロ・コッポラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Harper’s Bazaar en Españolさん(@harpersbazaarmx)がシェアした投稿

現在のバリーのデザイナー。

バーバリーやセリーヌ、トム フォードなどで名立たるメゾンで10年以上バッグやシューズなどアクセサリー・デザインを手掛けてきた人物。

2014年にバリーのクリエイティブディレクターに就任。

プレタポルテ を含めるすべてのアイテムのデザインを担当しています。

まとめ

150年以上の歴史を誇るスイスの老舗ラグジュアリーブランドのバリー。

現在のクリエイティブディレクターであるパブロ・コッポラによりフレッシュでモダンに生まれ変わったバリーに世界中のファッショニスタが注目しています。

ブランドコンセプトである「最高の日常着」をパブロ・コッポラの手掛けるバリーは忠実に表現しているように感じます。

ハイブランドの購入におすすめサイトランキング!

ハイブランド一覧

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人のファッションブロガーのジーマです。 10年以上アパレルショップに出向く日々を過ごしています。 ファッションのおかげで自分に自信を持つことができました。 「ファッションは人生を変える」がモットー。 当サイトでは主にラグジュアリーブランド情報を発信。