メンズに人気のカードコインケース・ミニ財布のおすすめブランドを紹介!

The following two tabs change content below.

ジーマ@会社を2社経営

「Men's High Collection」編集長。 会社は2社経営していて、月収は7桁。 職業はファッションコンサルタント&ファッションブロガー。 月額10万円で経営者向けに服の着こなしのアドバイスをしています。 「ハイブランドは人生を変える」がモットー。
読者
最近、現金を全く持たなくなりました。
キャッシュレス化が進んでいるのに、長財布はもしかしてダサいですか?
ジーマ@ファッションブロガー
正直、長財布は全然イケてませんね!
今、イケてる男性が持っているのは間違いなく小さい財布です!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

少し前まで、男は革の長財布を持つのが主流でした。
長財布は「お金をいっぱい持ってそう」「男らしい」といった印象を持たせ、男性のマストアイテムでした。
しかし、今、その常識が崩壊しつつあります。
キャッシュレス化が進み、若い人たちの間で現金を持ち運ぶのがダサいという風潮になってきたのです。
財布にいっぱい現金なんて入れなくても、iPhoneやApple Watchで買い物はできるんです。
なんでわざわざでかい財布を持ち運ぶ必要があるの?って感じになってきちゃったんです。

なので、今急速に長財布からカードケースやコインケースなどのお札を入れる必要がない財布に買い換える人が続出しているのです!
今回の記事では、特にイケてる男性が持っているカードコインケース・ミニ財布を紹介していきます!

カードコインケース

読者
カードコインケースってなんですか?
ジーマ@ファッションブロガー
カードが入るコインケースのことだね!
下記のような形のケースが主流だね!
読者
なるほど。
小銭入れにカードを入れることができるようになっているんですね。
ジーマ@ファッションブロガー
お札を持ち歩かない人にとっては、ポケットにさっと入るので非常に重宝しますよ!

では、早速オススメのブランドを紹介していきましょう!

GIVENCHY(ジバンシイ)

価格帯:4〜5万円

まず紹介したいのがこちらのブランド!
ジバンシイのカードコインケースはいろんな柄や素材のものがあって、自分のファッションに合わせられるのがいいですね。
特に、ジバンシイ自体、男性にとっては珍しいブランドなので、みんなが持っているブランドではなく、被りにくいのがいいですよね。

Givenchy カードケース
こちらは非常にシンプルなデザインです。
スーツにも合いますし、普段使いのカジュアルな格好にも合いますね。

また、ジバンシイには派手なデザインの小物が数多く存在します。
上記のような動物のデザインを大きく施した小物がたくさんあるのが今のジバンシイの特徴ですね!

SAINT LAURENT

価格帯:4〜5万円

サンローランのカードコインケースも種類が非常に豊富です。
自分にあったデザインを選べるのがいいですよね。

ロゴが小さくちょこんとあるタイプのものや、、、

クロコダイル柄に変えたもの

ロゴを無くして、文字のデザインを入れたものまで多岐に渡ります。
自分のファッションにぴったりなものを見つけてみましょう!

 

GUCCI(グッチ)

価格帯:5〜6万円

グッチのデザインは派手なものが多いので、小物で取り入れるのがいいですよね。
ストリートファッションからコンサバファッションまで、グッチの財布は何にでも似合います。

グッチらしい蛇のデザインがあるものが人気です。

グッチのロゴが少し見えていて、キーホルダーのデザインが少し変わった形をしていますね!

男らしい真っ黒の革と、シルバーのキーホルダーも人気あります。

ミニ財布(ミニウォレット)

読者
ミニ財布とは何ですか??
ジーマ@ファッションブロガー
二つ折りや三つ折りなどでコンパクトにまとまった持ち運びが便利な財布のことです!
カードコインケースとの違いは、カードを入れる機能がないものが多いことと、お札を入れることができるものも多いことです!
下記のようなものが主流ですね!
読者
なるほど。
お札も収納できるし、小銭も収納できるんですね。
完全に財布ですね。
ジーマ@ファッションブロガー
その通りです!
小銭入れをイメージしてもらえれば、わかりやすいと思います。
このミニ財布が世界の流行となっています。

このミニ財布本当に流行っているんです。
カードが収納できないタイプが多いのがネックなので、ミニ財布とは別にカードケースを持つ必要があるんですがね。
(ちなみにこのミニ財布は画像にはありませんが、カードを収納することができるタイプのミニ財布です。
この財布一つで全てが事足りちゃうんですよね。)

それでは、早速流行のミニ財布を紹介しましょう!

BALENCIAGA(バレンシアガ)

価格帯:5〜6万円

ミニ財布の圧倒的人気ブランドは間違いなくバレンシアガです!
ミニウォレットが欲しいと思ったのならば、まずはバレンシアガを手に入れてもいいでしょう!
そのくらい、定番中の定番商品となってしまいました。
バレンシアガ以外のミニ財布を持っていても、何でわざわざ他のブランド?とも思われてしまうくらいなので、流行を追いたい方は1つ持っておいてもいいかもしれませんね!

最初に紹介したものよりもさらにど定番のデザインがこちら。
男性にはシンプルなものが人気がありますね。
ロゴも大きくあるので、バレンシアガの財布であることが一目でわかるのも人気の理由です。
色は黒が人気ですが、カラーバリエーションは豊富です。

こちらのデザインも男性人気は非常に高いです。
バレンシアガとロゴが外面になく、開けたらロゴがあるものとなっています。
バレンシアガのデザインを知っている人からしたらこちらもど定番のデザインではあるので、ロゴがなくてもわかる人にはすぐバレンシアガであることがわかります。

こちらのミニ財布はチャックつきのものです。
中にはカードケースもあり、お札も入るようにはなっているのでかなり実用的なコレクションです。
この財布さえあれば、カードケースを持ち歩く必要はないです。
なので、財布を何個も持ち歩きたくない男性には非常に人気があります。
ただ、バレンシアガのデザインでウケているのはこのコレクションではなく、先ほどから紹介しているカードを入れれないタイプのものですね。
流行を追うなら、こちらのデザインではないかもしれませんね。

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

価格帯:3〜4万円

 

財布のど定番であるルイヴィトン。
誰もが一度はヴィトンの財布を検討したことがあるでしょう。
そんなルイヴィトンのミニ財布が他のハイブランドと比べて安価なのです。
人気が出ないわけありませんね。

モノグラム・エクリプスというルイヴィトンを象徴するデザインのミニウォレットです。
黒色人気が高いのはいうまでもありませんね。
3万円台という安価で入手できるのが人気の秘訣です。

こちらは真っ黒なタイガ・レザーという素材を使ったミニウォレットです。
タイガ・レザーはあっとな印象を与えるヴィトンの人気素材です。
ビジネスシーンでいやらしくないので、できる男に絶対に持って欲しい素材のレザーですね。

GUCCI(グッチ)

価格帯:4〜6万円

カードケースでも紹介したのでダブってしまうことになるのですが、グッチはミニ財布も非常に人気なので紹介しないわけにはいきません。
今をときめくグッチはファッションだけでなく、小物の人気もすごいんです。
グッチのコレクションはどんなファッションにも溶け込んでいくので、ずっと使う財布との相性は非常にいいですね。

グッチのワッペンを貼り付けたデザインが最も人気がありますね。
他のブランドでもワッペンを貼り付けたデザインのものが出てきていますが、間違いなくグッチのコレクションが一番流行しています。

こちらのでかロゴデザインも人気ですね。
この派手なデザインとわかりやすいハイブランド感がSNSに映えることから非常に人気のコレクションです。

先ほどのでかすぎるロゴはちょっと派手すぎて嫌だなという方にはこちらのデザインがオススメです。
男らしい黒と金色の財布です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
カードコインケースやミニ財布に興味を持ってみたはいいものの、どのブランドを買えばいいのかわからない!と言った人にはかなり参考になる記事であったと思います。
定番物を紹介しましたが、最近は各ハイブランドでもミニウォレットの流行は間違いなく続きそうです。
いち早く流行を取り入れることがおしゃれの秘訣ですので、ぜひこのサイトをご覧のファッショニスタの皆様は小さい財布を取り入れてくださいね!
長財布はそろそろ卒業しましょう!

ハイブランドの購入におすすめサイトランキング!

ハイブランド一覧

ABOUTこの記事をかいた人

「Men's High Collection」編集長。 会社は2社経営していて、月収は7桁。 職業はファッションコンサルタント&ファッションブロガー。 月額10万円で経営者向けに服の着こなしのアドバイスをしています。 「ハイブランドは人生を変える」がモットー。