【メンズ】COMME des GARÇONS HOMME(コムデギャルソン・オム)の評判・特徴・イメージ・歴史を紹介!

読者
コムデギャルソン・オム とプリュスの違いは何ですか?どちらもコムデギャルソンのメンズラインですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
仰る通りです。

プリュスもオムもコムデギャルソンのメンズラインです。プリュスは川久保玲女史が手掛けるメンズのコレクションラインです。オムは現在は渡辺淳弥氏が手掛けています。

プリュスはアヴァンギャルドなワードローブを得意とするメンズのハイエンドラインです。そのため「コムデギャルソンのメンズ=プリュス」のイメージが定着しています。

コムデギャルソン・オムはプリュスに比べくクラシカルでオーセンティックなアイテムが多い点が特徴です。

その為、プリュスにワードローブに比べ着やすいアイテムが豊富ですね。ボックスシルエットのジャケットとルーズなスラックスのセットアップは伊達男の定番スタイルですよね!

実はコムデギャルソンのメンズラインの中で最も古いブランドなんですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

comme des garcons homme ギャルソンさん(@commedesgarconshomme)がシェアした投稿

読者
え!そうなんですか?プリュスが一番古いと思っていました!

確かにルーズなセットアップのイメージはありますよね!コムデギャルソンのメンズには!そのイメージはコムデギャルソン・オムのイメージだったんですね!そう聞くと一番古いブランドだというのも納得です!

しかし、渡辺淳弥氏がデザイナーだという事にも驚きました!詳しく教えてもらえますか?

ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

comme des garcons homme ギャルソンさん(@commedesgarconshomme)がシェアした投稿

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

コムデギャルソンのメンズラインの中で最も古いブランドであるコムデギャルソン・オム。

クラシカルであるながらコムデギャルソンらしいエスプリの効いたワードローブは「究極のリアルクローズウェア」とも称されます。

今回は世界中の富裕層から愛されるCOMME des GARÇONS HOMME(コムデギャルソン・オム)の評判・特徴・イメージ・歴史をご紹介いたします。

公式サイト(http://www.comme-des-garcons.com/

COMME des GARÇONS HOMME(コムデギャルソン・オム)とは

1978年にスタートしたコムデギャルソンのメンズブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Y_Yさん(@publiccore)がシェアした投稿

1978年にコムデギャルソンのメンズラインとしてスタート。

創立者は川久保玲。

 

この投稿をInstagramで見る

 

jeromeさん(@jerome7398)がシェアした投稿

コムデギャルソンのメンズブランドの中では最も歴史が古く、コレクションラインであるプリュスよりも6年も前にローンチされました。

川久保玲氏が考えるメンズ服のスタンダードがベース。クラシカルでミニマルな中にもトレンドを感じさせるワードローブは幅広い世代から支持されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Y_Yさん(@publiccore)がシェアした投稿

ボックスシルエットのテーラードジャケットにルーズシルエットのスラックスを合わせる独自のセットアップスタイルはコムデギャルソンオムのアイコニック。

 

この投稿をInstagramで見る

 

dogdays&underpassさん(@dogdays_underpass)がシェアした投稿

セットアップやテーラードジャケットがメインのブランドだと思われがちですが、ミリタリーやワークテイストを取り入れた男くさいスタイルも得意。

最近ではキャッチーなグラフィックやロゴアイテムも人気です。

2003年で渡辺淳弥がデザイナーに就任

 

この投稿をInstagramで見る

 

dogdays&underpassさん(@dogdays_underpass)がシェアした投稿

川久保玲氏から引き継いだ田中啓一氏が1990年から退社する2003年までデザイナーとして活躍。

その後デザインチームに引き継がれますが、2003年から渡辺淳弥氏がデザイナーに就任。

読者
川久保さんから引き継いだのは田中啓一さんなのですね!

田中啓一さんは有名なデザイナーなのですか?

ジーマ@ファッションブロガー
コムデギャルソン退社後コントラプンクトというブランドをローンチされましたね。

実は爆笑問題の田中裕二さんの実兄なんですよ!

COMME des GARÇONS HOMME(コムデギャルソン・オム)の評判・特徴・イメージ

読者
COMME des GARÇONS HOMME(コムデギャルソン・オム)の評判・特徴・イメージについて教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

コムデギャルソン・オムはクラシカルなメンズウェアを展開するブランドです。

プリュスに比べ着やすく落ち着いたイメージの強いですね。実際にブラックスーツや白シャツはコムデギャルソン・オムのアイコニックです。

コムデギャルソンの提案するクラシカルなメンズラインで、ミニマルなデイリーウェアが豊富なことでも有名ですね!

少し大人向けのブランドのイメージを持つ方も多いですが、渡辺淳弥氏がデザイナーに就任されてからはストリート色の強いラギッドなスタイルも目立つようになりました。

グラフィックやロゴアイテムも最近では少なくないですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

mark yamaguchi マーク ヤマグチさん(@mark.yamaguchi)がシェアした投稿

最も長い歴史を持つコムデギャルソンのメンズブランドであるコムデギャルソン・オム。

クラシカルで男性的なアイテムが多いことでも有名です。

アイコニックなボックスシルエットのスーツやルーズスラックスはいつ見ても色褪せない普遍的アイテム。

プリュスに比べて2割ほどプライスは安く設定されています。

20代から60代以上と幅広い世代にファンを持つブランドです。

プリュスとの違いは?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

comme des garcons homme ギャルソンさん(@commedesgarconshomme)がシェアした投稿

コムデギャルソン・オムプリュスとの大きな違いはコレクションをメインにしているかどうかです。

勿論最近は、オムもコレクションを発表していますが、コムデギャルソンの方向性を色濃く示すためにコレクションを行っているプリュスとはスタンスが違います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

comme des garcons homme ギャルソンさん(@commedesgarconshomme)がシェアした投稿

プリュスはコムデギャルソンのメンズのファーストラインです。

一方オムはあくまでデイリーユースをメインとしたアイテムが中心。

二つのブランドの違いは、川久保玲女史が手掛けるアヴァンギャルドなラインがプリュスで、渡辺淳弥氏が手掛けるアイコニックアイテムをベースとしたラインがオムという事です。

まとめ

コムデギャルソンの最も古いメンズブランドであるコムデギャルソン・オム。

昔はプリュスとの違いはコレクションを行っているか否かでしたが、最近ではオムもコレクションを行っている為、違いが分からないと仰る方も増えてきました。

コムデギャルソン・オムはコムデギャルソンのメンズラインのベースであり、ミニマルスタイルやデイリースタイルに最適なワードローブを展開するブランドです。

その辺りがアヴァンギャルドなアプローチを得意とするプリュスと大きく異なる点。

クラシカルでモダンなムードの漂うコムデギャルソン・オムのワードローブは普遍的なスタイルを好むメンズには最適ではないでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。