Alexander McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)の生い立ち・歴史・ブランドを紹介!【デザイナー】

読者
Alexander McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)について知りたいのですが・・・。
ジーマ@ファッションブロガー
Alexander McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)は90年代アヴァンギャルドなスタイルで衝撃を与えたデザイナーです!
読者
奇抜なデザインがメインですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
確かに前衛的なモードスタイルを得意とするデザイナーですが、イギリス人らしくテーラードスタイルも抜群でしたよ!
読者
そうなんですね!よく鬼才デザイナーと言われていますよね?
ジーマ@ファッションブロガー
その通りです!鬼才、天才と称されていました!残念ながら40歳の若さでこの世を去りましたが・・・。
読者
40歳ですか!若いですね・・・。詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

90年代アヴァンギャルドなスタイルで一世を風靡したAlexander McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)。

彗星のごとく現れた若き鬼才デザイナーにファッション界は大きな衝撃を受けました。

シグネチャーブランド勿論、老舗ビッグメゾンのデザイナーとしても活躍した夭折した天才デザイナー、Alexander McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)に迫ります。

wiki

 ALEXANDER McQUEEN (アレキサンダーマックイーン)とは?

1969年イギリス生まれのファッションデザイナー

 

View this post on Instagram

 

Alexander McQueenさん(@alexandermcqueen)がシェアした投稿

ALEXANDER McQUEEN (アレキサンダーマックイーン)は1969年イギリス生まれのファッションデザイナー。

父親がタクシードライバーの一般的な家庭で育ったアレキサンダーマックイーンは、16歳になると紳士の街としても知られるセヴィル・ロウでテーラーのアシスタントとしてキャリアをスタートさせます。

16歳でサヴィル・ロウの仕立て職人のアシスタントとしてキャリアをスタート

 

View this post on Instagram

 

@legends_clubnr1がシェアした投稿

セヴィル・ロウで働き始めるきっかけは、仕立屋が人手不足というニュース見たからだそうです。

 

View this post on Instagram

 

Poppypantsさん(@poppypantstribal)がシェアした投稿

読者
ニュースを見て仕立て職人になろうと思ったのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そうみたいですよ!テーラーのアシスタントになる前は、パブで働いていたそうです!

バーマンズ&ネイサンズで舞台衣装の制作に関わる

 

View this post on Instagram

 

Paolo Maligayaさん(@pmaligaya)がシェアした投稿

高級テーラーとしても知られるアンダーソン&シェパードギーブス&ホークスで3年ほど働いた、マックイーンは、バーマンズ&ネイサンズで舞台衣装の製作にも関わります。

コージ タツノへ入社

 

View this post on Instagram

 

Alexander McQueenさん(@alexandermcqueen)がシェアした投稿

テーラーからキャリアをスタートさせたアレキサンダーマックイーンは、舞台衣装制作を経て、コージタツノへ入社。しかし、コージタツノはまもなく倒産。これを機に、マックイーンはイタリアへ渡ります。

ロメオ・ジリのアシスタントになる

 

View this post on Instagram

 

Alexander McQueenさん(@alexandermcqueen)がシェアした投稿

渡伊したアレキサンダーマックイーンは、ロメオジリのアシスタントとしてイタリアでの活動をスタートさせます。しかし、修士号を取得するために、21歳でロンドンへ帰国。セントラル・セント・マーチンズ大学院へ入学します。

 

View this post on Instagram

 

Alexander McQueenさん(@alexandermcqueen)がシェアした投稿

読者
様々なキャリアを積んだ後にセントマーチンズへ入学したのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんです!さらに驚くことは、帰国後、セントマーチンズのパターンカッティングの講師として雇われていたのです!つまり、講師をしながら大学院で学んでいたという事です!

1991年卒業コレクションがきっかけとなりデビュー

 

View this post on Instagram

 

Alexander McQueenさん(@alexandermcqueen)がシェアした投稿

1991年の創業コレクションがファッションエディターのイザベラ・ブロウの目に留まり、デビューが決定。この時、イザベラ・ブロウはマックイーンの卒業制作はすべて5000ポンドという破格の金額で買い取りました。

1992年アレキサンダー・マックイーンをローンチ

 

View this post on Instagram

 

HUMPOLAKさん(@_humpolak_)がシェアした投稿

卒業後シグネチャーブランド、アレキサンダーマックイーンをローンチ。翌年1993年にはロンドンコレクションで華々しくデビューを飾ります。

1996年ジバンシィのデザイナーに抜擢

 

View this post on Instagram

 

Jalouse Magazineさん(@jalousemag)がシェアした投稿

1996年にはジョン・ガリアーノの後任として、ジバンシィのレディースラインオートクチュール及び プレタポルテ の主任デザイナーに就任。

読者
ジバンシィのデザイナーとしても活躍していたのですね!評価はどうだったのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
アヴァンギャルドなスタイルを貫いたため、酷評された時期もありました。マックイーン本人も「辛い時期だった」とインタビューで当時を振り返っています。しかし、マックイーンの天才ぶりを周囲に知らしめるきっかけとなったことは間違いありません!

ブリティッシュ・デザイナー・オブ・ジ・イヤーを26歳で受賞

 

View this post on Instagram

 

TODO POR LO ALTO ✨さん(@todoporloalto)がシェアした投稿

ジバンシィのデザイナーに就任した年の1996年にブリティッシュ・デザイナー・オブ・ジ・イヤーを26歳の若さで受賞。そのあとも1997年2001年2003年と合計4回も同賞を受賞しました。

1999年ニューヨークに拠点を移す

 

View this post on Instagram

 

واحدさん(@onewithfashion)がシェアした投稿

1999年にロンドンからニューヨークへ拠点を移し大きな話題となります。しかし、2000-2001年より再度ロンドンでコレクションを発表。

この時期にカジュアルラインであるマックイーンズをスタートさせます。

2000年ジバンシィのデザイナーを更迭

 

View this post on Instagram

 

jkldqjさん(@jkldqj)がシェアした投稿

マックイーン株をGUCCIグループへ売却したことが原因となり、ジバンシィ社の親会社であるLVHMとの関係が悪化、契約終了前に、ジバンシィのデザイナーを更迭されます。

2002年パリコレ参加

 

View this post on Instagram

 

Alexander McQueenさん(@alexandermcqueen)がシェアした投稿

2002年よりパリコレに参加。ハンマツ・オブ・サヴィルローが縫製する、メンズクチュールコレクションを発表し大きな話題となります。

2006年Alexander McQUEEN PUMAを発表

 

View this post on Instagram

 

PISTACCHIO DAIKANYAMAさん(@pistacchio_tokyo)がシェアした投稿

2006年にはプーマとのコラボレーションにてアレキサンダーマックイーン・プーマを発表。これを機に様々な ブランドとのコラボレーションを積極的に発表します。

2010年2月11日Alexander McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)死去

 

View this post on Instagram

 

Marc Costaさん(@m.a.r.c.c.o.s.t.a)がシェアした投稿

2010年2月11日アレキサンダーマックイーンは急逝します。

誰も予想だにしなかったショッキングな悲報にファッション界は大きな悲しみに包まれました。

享年40歳。死因については自殺の可能性が濃厚だったようです。

まとめ

彗星のごとく現れた若き鬼才デザイナーのAlexander McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン)。

アヴァンギャルドなスタイルを貫いた天才デザイナーは40年という短い人生の幕を自ら閉じました

ファッショニスタなら誰もが、老齢の域に達したマックイーンの作品を見たかったと思ったはずです。

天才であるが故に常に葛藤に苦しんだといわれるアレキサンダーマックイーン。無責任な言い方かもしれませんが1ファンとしては、天寿を全うして欲しかったと心から思います。

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。