KIM JONES(キムジョーンズ)の歴史・生い立ち・ブランドを紹介!【デザイナー紹介】

読者
KIM JONES(キムジョーンズ)について教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
KIM JONES(キムジョーンズ)はイギリス生まれのデザイナーで、ストリートとラグジュアリーの融合を得意とするデザイナーです。
読者
今はディオールのデザイナーですよね!
ジーマ@ファッションブロガー
はい!そうです!ルイヴィトンからディオールへの移籍はファッション界を震撼させましたね!
読者
ディオールへの移籍はかなり衝撃的だったのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
衝撃的でしたね!2018年で一番衝撃的な移籍劇ともいわれていますよ!
読者
そうなんですね!KIM JONES(キムジョーンズ)にかなり興味が出てきたので詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

ラグジュアリースタイルとストリートスタイルの融合を得意とする鬼才、KIM JONES(キムジョーンズ)。

現在、ディオールのアーティスティックディレクターとして活躍するKIM JONES(キムジョーンズ)は、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)とシュプリーム(Supreme)のコラボレーションを実現させたことでも話題となった人物です。

ラグジュアリーブランドからファストブランドまで幅広いジャンルで活躍するフットワークの軽さにも定評のある、ファッション界にインフルエンサーに迫ります。

wiki

KIM JONES(キムジョーンズ)

1979年イギリス生まれのファッションデザイナー

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

KIM JONES(キムジョーンズ)1979年にイギリス、バースで生まれます。

生後間もなく、海外を駆け巡る家族の関係でエクアドルに移住。

幼年期は、エチオピアやケニア、タンザニア、ボツワナなどアフリカなど様々な国で、遊牧民的な生活を送ってきたそうです。

幼年期に様々なカルチャーに触れて育ったキムジョーンズは、クリエイティブな世界への関心が強くなります。

14歳の時に「ファッションこそが自分の世界を築くことができるもの」と確信し、クリエイティブな世界で生きることを目標としたそうです。

読者
キムジョーンズの生年月日ですが、1973年ロンドン生まれと記載しているメディアもありますね!
ジーマ@ファッションブロガー
結構多いですよね!1979年のバース生まれが正しいと思いますよ。過去のインタビューでもバース出身と発言していましたよ!

1998年カンバーウェル大学でグラフィックデザイン学士課程を修了

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

帰国したキムジョーンズは、カンバーウェル大学へ入学、1998年グラフィックデザイン学士課程を修了。

2001年セントラル・セント・マーチンズ芸術大学の大学院へ進学

 

View this post on Instagram

 

GQ JAPANさん(@gqjapan)がシェアした投稿

カンバーウェル大学卒業後、ロンドンの名門、セントラル・セント・マーチンズ芸術大学の大学院へ進学、メンズウェアの修士号を取得します。

セントラル・セント・マーチンズ在学中からその才能は抜きん出ており、卒業コレクションで発表したワードローブをジョンガリアーノが購入したことは有名な話です。

読者
卒業制作をジョンガリアーノが購入したのですか? 
ジーマ@ファッションブロガー
はい!そうです!これは割と有名な話です!

2004年春夏ロンドンコレクションでデビュー

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

2003年に自身のシグネチャーブランドを設立、2004年春夏ロンドンコレクションでデビューを果たします。

ロンドンコレクションデビュー後、イギリスのスポーツブランドであるアンブロとのコラボレーションによる、アンブロ・コントラスト・バイ・キム・ジョーンズ(UMBRO CONTRAST BY KIM JONES)を発表。

キムジョーンズの十八番ともいうべきコレボレーションはここから始まります。

2005年マルベリーとのコラボレーションバッグを発表

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

2005年にはイギリスのファッションブランド、マルベリーとコラボレーションでバッグを発売します。

2006年メンズウェア デザイナー オブ ザ イヤー受賞

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

2006年には英国ファッション協議会の「メンズウェア デザイナー オブ ザ イヤー(Menswear Designer Of The Year)」受賞。

この時期からユニクロ、トップマン、ヒューゴボス、ルイ・ヴィトン等、様々なブランドとのコラボレーションを行います。

 

View this post on Instagram

 

MUSE Magazineさん(@musemagazine)がシェアした投稿

読者
キムジョーンズと言えばコラボですよね!
ジーマ@ファッションブロガー
そのイメージは強いですよね!今では当たり前のラグジュアリーブランド×ストリートブランドコラボのパイオニアですね!
読者
ちょっと驚いたのですが、随分前からルイヴトンと関わっているのですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんです!ルイヴィトンのデザイナーに就任する以前にもコラボしてるんですよ!

2008年ダンヒルのクリエイティブディレクター就任

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

2008年にダンヒルのクリエイティブディレクターに就任、メンズウェアとレザーアクセサリーのデザインを統括することが決定します。

同時に自身のシグネチャーブランドである、キムジョーンズの休止を発表。

2011年ルイ・ヴィトンのメンズ部門アーティスティックディレクターに就任

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

2011年ルイ・ヴィトンのメンズ部門アーティスティックディレクターに就任。

キムジョーンズの得意とするクリーンなストリートテイストのエッセンスを散りばめた、新生ルイヴィトンが誕生。

さらにキムジョーンズの十八番ともいうべき、様々なコラボレーションも大きな話題となりました。

中でもキムジョーンズが敬愛する藤原ヒロシ氏が率いるフラグメントデザインシュプリームとのコラボレーションは、ファッションメディアをジャックするほどのビッグニュースとして取り扱われました。

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

読者
フラグメントやシュプリームコラボは発売前から話題でしたよね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!どちらもプレミア価格で取引されていますね!
Men's High Collection(メンズハイコレクション)

2018年ディオールのアーティスティックディレクターに就任

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

2018年ディオールオムのアーティスティックディレクターに就任、それを機にブランド名をディオールに統一。

キムジョーンズによる新生ディオールがスタートしました。

ブランドのジュエリーデザイナーにアンブッシュ(AMBUSH)のYOONを任命したことでも話題をさらいました。

 

View this post on Instagram

 

mrkimjonesさん(@mrkimjones)がシェアした投稿

読者
新生ディオールの評価はどうですか?
ジーマ@ファッションブロガー
かなり高いですね!ジュエリーデザイナーにYOONを任命したことでジュエリーのクオリティもかなり上がってます!
Men's High Collection(メンズハイコレクション)

まとめ

2018年、ファッション界に最大級の衝撃を与えたと言われる、ディオールへの移籍を含め、常に注目を集めるファッション界の寵児、KIM JONES(キムジョーンズ)。

ラグジュアリーブランドのストリート化や前代未聞のコラボレーションを発表するファッション界の異端児は、これからも我々に衝撃を与え続けてくれることは確実です。

絶対的トレンドセッターの快進撃はこれからも続きます。

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。