【メンズ】ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)の評判・特徴・イメージ・デザイナーを紹介!

読者
今エンジニアドガーメンツかなり注目を集めていますよね?
ジーマ@ファッションブロガー
ユニクロとのコラボの影響も大きいでしょうね!第一弾のポロシャツも衝撃的でしたが、秋にはフリースを発表しますよ!

エンジニアガーメンツはやっぱり秋冬の似合うブランドですよね!ガーメンツが得意なミリタリーテイストの漂うコラボフリースは競争率が高いと思いますよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LEAK TOKYO(リーク トウキョウ)さん(@leaktokyo)がシェアした投稿

読者
めちゃめちゃかっこいいですね!これがコラボフリースなんですか?

プライスはいくらくらいなんですか?

ジーマ@ファッションブロガー
4型リリースされる予定で1990円から4990円ですよ!

ちなみにショールからのジャケットタイプで4990円の価格帯なんてありえないですよね?

 

この投稿をInstagramで見る

 

kooookiさん(@g0g0kokick)がシェアした投稿

読者
ヤバいです!全型購入したいです!いつは発売されるんですか?
ジーマ@ファッションブロガー
10月11日に全国のUNIQLOで発売される予定ですよ!

本当に全型押さえてもいいですよね!さらに来月にはニューバランスのアイコニックスニーカー990v5とのコラボレーションを発表しますよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

NEPENTHES OFFICIALさん(@nepenthes.official)がシェアした投稿

読者

そうなんですか?今まさに旬なブランドに感じます!エンジニアドガーメンツについて詳しく教えてもらえますか?

ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

古き良きアメリカのワークスタイルをべースに男くさいラギッドなアイテムをリリースするENGINEERED GARMENTS(エンジニアドガーメンツ)。

ファッションを生業としているプロや、本当の服好きから絶大な支持を得るENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)の評判・特徴・イメージ・デザイナーをご紹介いたします。

公式(http://www.nepenthes.co.jp/

ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)とは

1999年にスタートしたファッションブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

NEPENTHES OFFICIALさん(@nepenthes.official)がシェアした投稿

ネペンテスニューヨークの企画としてスタート。

デザイナーは鈴木大器氏。

古き良きアメリカのデザイン、アメリカンクラッシック」を掲げるブランドで、アメトラをベースとしたワークスタイルやミリタリースタイルが得意。

基本的にベーシックなアイテムが中心ですが、鈴木氏らしいこだわりを感じる事の出来るディティールが特徴。

モダンで実用的なワードローブを展開するブランドで、30代以上の大人のファッショニスタから絶大な支持を得ています。

企画や製造は基本的にニューヨークで、現在では貴重なアメリカ製のワードローブがメインのブランドです。

UNIQLOとのコラボを発表

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SurpriseBox39さん(@shop_surprisebox39)がシェアした投稿

様々なブランドとコラボレーションをは発表してきましたが、2019年の夏に発表したUNIQLOとのコラボポロシャツはかなり衝撃的でした。

2019年10月にUNIQLOとの第二弾となるコラボレーションを発表。

アイテムはエンジニアドガーメンツイズムを感じる事の出来るフリースで発売前から大きな話題となっています。

ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)の評判・特徴・イメージ

読者
ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)の評判・特徴・イメージについて教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

エンジニアドガーメンツはアメリカントラッドやミリタリー、ワークスタイルをベースとしたワードローブを展開するブランドです。

デザイナーである、鈴木大器氏の独自の美意識とセンスにより発表されるアイテムはトレンドとは一線を画します。

古き良きアメリカのクラシックスタイル」にモダンなエッセンスをプラスする事で生まれる唯一無二のワードローブは30代以上のファッショニスタから高い評価を獲得していますよ。

エンジニアドガーメントの愛用者=本当の服好き」のイメージが定着しています。その為、ファッションエディターやスタイリストにもファンの多いブランドです。

元々ネペンテスのニューヨーク企画により誕生したオリジナルブランドで、鈴木氏とネペンテス代表の清水氏が当時納得できるインポートのパンツがなかったからスタートしたそうですよ。

鈴木氏も「トレンドとは逆行する太いパンツばかり作っていた」とインタビューで当時を振り返っています。

クラシカルなアメリカンウェアがベースの為、機能的で実用的なアイテムが多い点もエンジニアドガーメンツが高評価の理由です。

さらにアメリカメイドにこだわり続ける姿勢にもロマンを感じますよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

混著 MIXFIT Online Magazineさん(@mixfitmag)がシェアした投稿

玄人好みのブランドとしても知られるエンジニアドガーメンツ。

UNIQLOとのコラボレーションによりその知名度を高めましたが、それまでは、知る人ぞ知る少しマニアックなブランドでした。

本場アメリカでも高い評価を受けるデザイナーの鈴木大器氏が手掛けるエンジニアドガーメンツは「最もアメリカらしいワードローブを展開するブランド」とも称されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ENGINEERED GARMENTS TOKYOさん(@engineered_garments_tokyo)がシェアした投稿

毎シーズンコレクションを発表していますが、定番アイテムが充実している点もエンジニアドガーメンツの魅力の一つ。

2020年の最新コレクションではオイルドジャケットのパイオニアであるイギリスの老舗ブランド、バブアーとのコラボレーションを発表し大きな話題を呼びました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NEPENTHES OFFICIALさん(@nepenthes.official)がシェアした投稿

元々はメンズブランドとしてローンチされましたが、最近ではレディースラインも本格的にスタート。

メンズレディース合同のコレクションを発表しています。

アメリカンクラシックウェアをベースとしている為、少しルーズな男くさいシルエットが特徴。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NEPENTHES OFFICIALさん(@nepenthes.official)がシェアした投稿

ハリスツイードやロクヨンナイロン、ヘビーコットンなどタフな素材をメインに使用したアメリカ製のワードローブがエンジニアドガーメンツの最大の魅力。

定番のベッドフォードジャケットは約5万円から。

ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)のデザイナー

鈴木大器

 

この投稿をInstagramで見る

 

seki pogoさん(@sonny48jac)がシェアした投稿

1962年生まれのファッションデザイナー。

バンタンデザイン研究所ファッションデザイン科卒業後、ネペンテス企画に参加。

1999年にエンジニアドガーメンツをスタート。

2008年、アメリカのCFDAメンズ新人デザイナー賞にて最優秀賞を受賞。これを機にリーバイスとのコラボレーションを発表します。

日本人初のCFDA正式メンバーとしてもエントリーされている人物です。

まとめ

ネペンテスニューヨークの企画からスタートし、現在ではアメリカのファッショニスタからも絶賛されるエンジニアドガーメンツ。

クラシカルなアメリカンウェア」を根幹に持つ、ブレる事のない服作りにより生まれるワードローブは、本物の服好きを陶酔させてきました。

トレンドと一線を画すブランドの為、少しマニアックな存在のブランドでしたが、UNIQLOとのコラボレーションにより、その知名度を飛躍的に浸透させることは間違いありません。

まずはUNIQLOとのコラボフリースから挑戦するのもアリなのではないでしょうか?

 

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。