ファッション用語解説

あ行

アーティスティック

芸術的。

アーバン

都会的。

アイコニック

ブランドやデザイナーを特定することのできる絵や写真、デザイン。

アヴァンギャルド

前衛的。革新的。

アシンメトリー

左右非対称

アンダーグラウンド

反商業主義の文化や前衛的で実験的な芸術

インフルエンサー

世間に与える影響力が大きい行動を行う人物。

インポートブランド

海外から輸入するブランド。

オートクチュール

高級衣装店。高級注文服。

 

か行

クラシカル

良い意味で古くからあること。古典的。

グラフィック

文字や線描きの絵

さ行

シグネチャー

特定の著名人の名を冠した製品・ブランド。

ストリートスタイル

街中に溶け込む格好。
Tシャツやジーパン、パーカーなどが当てはまる。

スポーツミックス

スポーティなアイテムとフォーマルなアイテムを組み合わせたコーディネート。

セットアップ

上下揃いの服。スーツ。

セレブリティ

有名人・著名人。ファッションセレブとはファッション業界においての有名人。

た行

ドメスティック

ファッション業界においては国内製品。国内ブランドの事。

ツイード

斜文の毛織物。イギリス発祥のファブリック。ハリスツイードは高級素材としても有名。

ディレクター

ファッションにおいては、ブランド全体の指揮を執る人物。

デイリーユース

普段使い出来る物。

トラッド

トラディショナルの略。伝統的で普遍的。

ドレーブ

ドレスなどに使われるゆったりとしたひだを入れること。
衣類などを優雅にまとわせる。

ドレススタイル

メンズにおいてはスーツスタイルやタキシードスタイル。

対義語としてストリートスタイル。

な行

ニューカマー

新参者。

は行

ハイエンド

価格、機能、仕様、性能などで最上位のもの。

ハイブランド

高級、高価なブランド。
ラグジュアリーブランドと同義。

パタンナー

デザイナーの作ったデザインから型紙を作る人。

パターンオンパターン

柄色に柄色を重ねること。

ファッショニスタ

最先端のファッションを追い求める人。 おしゃれに敏感な人。

フォトジェニック

写真映え。

ブティック

衣服などを売る小規模な専門店。

フラッグシップショップ

主力商品などを置いたメインのお店。本店。

プレタポルテ

すぐに着られる高級既製服。

店頭販売されているブランドの服はほとんどプレタプルテ

ま行

ミニマル

必要最小限。ミニマム(最小限)と少し意味が違う。

ミレニアル世代( ミレニアム世代)

1980年代から2000年代初頭までに生まれた世代。

メゾン

ファッションブランドのこと。

モダン

現代的。

や行

ユースカルチャー

若者文化

ら行

ランウェイ

ファッションショーでモデルが歩く道のこと。

リアルクローズ

現実の生活で着られる実質的な服。

レオパード

ヒョウ柄。

ローンチ

新しい商品や事業を世に送り出すこと。

わ行

ワードローブ

衣装の組み合わせ。

追加用語

アメカジスタイル

アメリカンカジュアルの略語。
ストリートスタイルとも称される。

アイロニー

皮肉なとの意味。

メッセージ性の強いスタイルに使用することが多い。

コロニアルカラー

コロニカルとは「植民地」の事。

英国人が植民地に訪れるときに着ていた麻やコットン素材の服装をイメージさせるブラウンやベージュ、カーキを指す。

コングロマリット

異業種の会社まで合併などで吸収し、多種類の事業を営む大企業。複合企業。

LVMHやケリング、リシュモングループが巨大コングロマリットとしては有名。

シニカル

皮肉な態度をとるさま。冷笑的。

随時追加していきますので、わからない単語があれば随時募集しています。