HERNO(ヘルノ)の評判・特徴・イメージ・歴史を紹介!

読者
HERNO(ヘルノ)はプレミアムダウンブランドですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
仰る通り!エレガントで上質なダウンジャケットはヘルノのアイコニックですよね!プレミアムダウンジャケットと言えばどうしてもモンクレールをイメージしますが、ノーブルなライトダウンはヘルノがパイオニアです。

読者
メンズのワードローブも展開していますよね?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!してますよ!確かにレディースのライトダウンのイメージの強いブランドですね!
読者
ヘルノのライトダウンが気になるので詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

ダウンジャケットを上質でエレガントなアウターに昇華させたパイオニアであるヘルノ。

プレミアムダウンジャケットブランドとしてのイメージが定着しているヘルノですが、レインコートからスタートしたブランドです。

今回は、プレミアムダウンジャケットの火付け役としても知られるHERNO(ヘルノ)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーをご紹介いたします!

公式HP(https://www.herno.it/brand_jp/collections

HERNO(ヘルノ)のとは

1948年創業のイタリアブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hernoさん(@herno_official)がシェアした投稿

イタリアのマッジョーレ湖沿いにあるレーザにて創業。

創立者はジュゼッペ・マレンツィ。

退軍後、レインコート会社に就職したジュゼッペ・マレンツィはより機能的で技術的なコートを自らの手でつくりという情熱で若干24歳の若さで妻のアレッサンドラ・ダイアナと会社を設立。

ヘルノが一番最初に手掛けたワードローブは防水性に優れたレインコートでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hernoさん(@herno_official)がシェアした投稿

読者
レインコートからスタートしたブランドだったのですか?かなり意外です!
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんですよ!

キャスターオイルを生地に染み込ませることで高い防水性を備えたヘルノのレインコートは、イタリアの富裕層の間でかなり好評でした。今でもレインコートや、レインコートタイプのダウンジャケットをリリースしてますよ!

1960年代にカシミアコートやダブルフェイスを発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hernoさん(@herno_official)がシェアした投稿

1960年代にはカシミアやビキューナなどの高級素材を使用したハイエンドなコートを発表。

カシミアやヴァージンウールのダブルフェイスコートはダウンジャケットを発表する以前はヘルノのアイコニックとしても有名でした。

2008年ニールバレット・フォー・ヘルノを発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Neil Barrettさん(@neilbarrett)がシェアした投稿

2008年にニールバレットとのコラボレーションでニールバレットフォー・ヘルノを発表。

このダウンジャケットには、羽毛を直接ポリエステルのコート生地内に入れるという特殊な技術が使われました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hernoさん(@herno_official)がシェアした投稿

読者
かなり特殊な技術なのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
かなり高度な技術が必要ですね。

コートの内側に直接ダウンを入れることで大幅な軽量化を図ることができました。

結果として従来のダウンジャケットの25%ほどの軽量化に成功したと言われています。この技術は現在のヘルノのダウンジャケットにも用いられてますよ!

2018年ヘルノ70周年を祝う展示会を開催

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hernoさん(@herno_official)がシェアした投稿

第94回ピッティ・イマージネ・ウオモ期間中の2018年6月12日から14日の3日間に、創業70周年を記念したスペシャルイベントを開催。

世界中からファッションセレブやファッション関係者が訪れました。

HERNO(ヘルノ)の評判・特徴・イメージ

読者
HERNO(ヘルノ)の評判・特徴・イメージについて教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

ヘルノと言えば上質なライトダウンです。女性や富裕層がダウンジャケットを当たり前のよう着用するようになったのはヘルノのライトダウンがきっかけです。

勿論、ダウンブームの火付け役はモンクレールですが、ダウンジャケットがファッショニスタを中心にブレークし始めた20年ほど前は無骨なスタイルが主流でした。

モンクレールも今ほどバリエーションも豊富ではなく、アウトドアテイストが強いアイテムがメイン。

ミニマルなシティスタイルを好むセレブにとっては、最適なアウターとは言えませんでした。そんな中、ヘルノがエレガントでノーブルなダウンジャケットを発表します。

それまでの無骨なイメージとは異なるヘルノのダウンジャケットは、軽い着心地も評判となりアッパークラスの間で爆発的な人気を博しました。

現在もライトダウンはヘルノを代表するワードローブですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hernoさん(@herno_official)がシェアした投稿

ヘルノは着心地のいいライトダウンの評価の高いブランドです。

元々高級素材を使用したハイエンドなコートを生産していたヘルノは、カジュアルなダウンジャケットに関してもドレッシーなパターンを採用しました。

ヘルノのダウンジャケットが圧倒的なエレガントさを醸す理由は美しいパターンにあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hernoさん(@herno_official)がシェアした投稿

さらにダウンを詰め込まないことで軽量化も実現。

高い縫製技術と高度なテクノロジーにより、ライトダウンでありながら保温性の高いダウンジャケットを完成させることに成功しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hernoさん(@herno_official)がシェアした投稿

ヘルノのダウンジャケットはスーツスタイルにも似合うドレッシーなモノが多い為、チェスターコートやポロコートの代わりに着用するセレブが多いことでも有名です。

ブルゾンタイプなら9万円台から購入可能な点も人気の秘密。

まとめ

70年以上の歴史を誇るイタリアを代表するファッションブランドのヘルノ。

現在アイコニックのダウンジャケットは、2代目のクラウディオ・マレンツィがヘルノの舵取りを始めたことで生まれました。

カシミアをメインとしたダブルフェイスコートからライトダウンジャケットまで、常にその時々のセレブを魅了するアイテムをリリースし続けるヘルノ。

ヘルノのダウンジャケットはセレブに最も似合うダウンだといっても過言ではありません。

最新情報をチェックしよう!
>「男性にもハイブランドを」

「男性にもハイブランドを」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。