メンズが着てたらモテるブランドを1000名の女子にアンケートして40選でランキングにしてみた

読者1
女性にモテたいけどどんなファッションが良いのかわからない!
読者2
ハイブランドの服を着たら女性にモテるのかどうか知りたい!
読者3
このブランドがモテる!というのを教えて欲しい!
ジーマ@ファッションブロガー
ファッションにおいて、モテは重要ですよね。
では、実際にどのブランドがモテるブランドなのかを調査してみましょう!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

男性にとって重要な、モテという要素。
多くの男性はモテるために外見に気を使っていると言っても過言ではありません。

そんなモテに対する悩みが尽きない男性たちのために、なんとこの記事で、最も女性にモテる男性のファッションブランドを明らかにしてみました。
なんと、1000名の女性にアンケートを行い、男性に対して最も好印象を持つファッションブランドを選んでもらったのです。

読者
1000名!?
やばいですね!
ジーマ@ファッションブロガー
もうモテについてファッションで悩む必要はありません。
この記事を読めば、最も女性にモテるファッションブランドがわかります。
ぜひこの記事を参考にして、明日からのファッションに取り入れてみてくださいね!

 

調査方法

読者
調査方法はどのようにしたんですか?
ジーマ@ファッションブロガー
アンケートに使用したのは、クラウドワークスというインターネット上で仕事を発注できるサイトを使用しました!

まず、調査方法を紹介します。

アンケートに使用したのは、クラウドワークスというネット上で仕事を発注することができるWebサービスです。
そのクラウドワークスというWebサービスに登録している女性1000名以上を対象に報酬ありののアンケートを行いました。

▼実際にクラウドワークスでアンケートを取った画像▼

調査のサンプリング数に関しては、たとえ大きな母集団でも624名以上のサンプリング数さえあれば信頼レベルが99%以上あり、高精度な調査であると言われているから1000名はかなり信頼できるサンプリング数であるといえるでしょう。
また、1ユーザーにつき、1つの回答のみを許可しました。
有償であることにより、ある程度きちんとした回答を得ることができましたし、あまりにもふざけた回答を排除することにも成功しました。

ブランドに関しては、阪急メンズ館や伊勢丹メンズ館などの高級百貨店に店舗を出しているハイブランドを中心に、40個のブランドを抽出。
その40個のブランドの中から、「男性が着てたり身につけていたりしてたらモテると思うファッションハイブランドを1つ選んでください。」という項目の質問を投げかけました。
また、「逆に、男性が着てたり身につけていたりしてたらモテないと思うファッションハイブランドを1つ教えてください。 」という項目も用意し、女性人気のないブランドも調査しました。

●調査方法

・クラウドワークスを利用し、有料報酬でアンケート
・回答者は1000名
・回答は1ユーザーにつき1回のみ

●対象者

・メインは20代〜30代の女性
・クラウドワークスを利用するフリーランスの女性
・男性の回答者は完全に除外

●質問項目

・「男性が着てたり身につけていたりしてたらモテると思うファッションハイブランドを1つ選んでください。」
・「逆に、男性が着てたり身につけていたりしてたらモテないと思うファッションハイブランドを1つ教えてください。 」
・それぞれのブランドを選んだ理由

●回答選定

・ブランドの選択肢は40個
・高級百貨店に店舗を単独で出しているファッションブランド

エントリーブランド

読者
どのようなブランドを抽出したんですか?
ジーマ@ファッションブロガー
以下にブランド一覧を記述しました。
基本的には王道ブランドを抽出しています!

今回の記事でランキングをつけるのは以下の40個のブランドの中からです。
基本的には多くの人が知っているようなブランドをあえて選定しています。

エルメス
ルイヴィトン
ボッテガヴェネタ
ブルガリ
ベルルッティ
カルティエ
ティファニー
グッチ
プラダ
トッズ
モンクレール
シャネル
バレンシアガ
ドルチェ&ガッバーナ
クリスチャンルブタン
ヴァレンティノ
バーバリー
コーチ
サンローラン
フェンディ
ジバンシイ
マイケルコース
メゾンマルジェラ
トムブラウン
アレキサンダーワン
ヴァレクストラ
サルヴァトーレ・フェラガモ
ポール・スミス
ディオール
セリーヌ
マルニ
ジミーチュウ
ジュゼッペザノッティ
ヴェルサーチェ
ディースクエアード
トムフォード
ダンヒル
エルメネジルドゼニア
ジョルジオアルマーニ
ヒューゴボス
その他

モテるブランドランキング

読者
一体、どのブランドがモテるブランドなんでしょうか。
すごく気になります!
ジーマ@ファッションブロガー
気になりますよね!
では、早速40位から25位まで紹介していきましょう!

40位〜25位

ジーマ@ファッションブロガー
まずは40位〜25位をみていきましょう!
数票しか得れなかった不人気ブランドですね!

40位 ジュゼッペザノッティ 0票

1000名もの女子にアンケートを取ったものの、1票も入らなかったのが「ジュゼッペザノッティ」です。
高級な素材を利用したデザイン性が非常に高い靴を男女問わずプロデュースするファッションブランドですが、1票も表を集めることができませんでした。
認知度が低すぎましたかね?

39・38・37位 ティファニー 2票

知名度は高いものの、2票しか入らなかった「ティファニー」。
結婚指輪などで多くの女性の幸せを象徴するようなブランドですが、男性のイメージがないのかもしれませんね。
実際にアンケートでも「女性のイメージが強いブランドだから、男性がつけていたら引く」とのコメントがありました。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

39・38・37位 ヴァレクストラ 2票

革製品のハイブランドとして名高い「ヴァレクストラ」。
財布やカードケースはシンプルながらも、一目でわかるV字のデザインが印象的なブランドです。
残念ながら2票という結果でした。
アンケートでも嫌いな理由にすら全く上がっていなかったので、まだまだ知名度が低いだけかもしれませんね。

39・38・37位 ディースクエアード 2票

やんちゃ系のストリートファッショニスタから絶大な支持を得ている「ディースクエアード」。
若者向けファッションではありますが、その漂うラグジュアリー感がたまらないブランドです。
残念ながら、2票という結果でしたが、こちらも知名度不足が原因でしょう。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

36・35位 シャネル 4票

世界中で最も女性に愛されているブランドである「シャネル」。
女性からは絶大な人気を誇り、Instagramのフォロワーもファッションブランドの中ではシャネルが最も多いのです。
女性のイメージが強すぎたため、不人気となってしまったのでしょう。
メンズアイテムも結構あるのですが、まだまだ男性のアイテムとしての認知は無いようですね。

36・35位 エルメネジルドゼニア 4票

男性用ファッションブランドとして確固たる地位を築いている「エルメネジルドゼニア」。
世界中の高級スーツはゼニアの生地を使用しているくらい、世界的に有名な男性用ブランドです。
しかし、女性からの知名度は非常に低いようで、4票しか票が入りませんでした。

34・33・32・31位 コーチ 5票

多くの日本人がアイテムとして所有している「コーチ」。
アイテムの質もデザインも流行りのものを取り入れ、多くの日本人がコーチのバッグを利用しています。
しかし、残念ながら5票という結果に。
理由は「アウトレットモールで定価から大幅に値下げしている安物ブランドのイメージ」という声が大半でした。
そんなに安くは無い値段設定なのですが、セールをいつもしているイメージからハイブランドのイメージは無いようですね。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報 […]…

34・33・32・31位 マルニ 5票

おしゃれでポップなデザインが若い女性にウケている「マルニ」。
女性らしいブランドとしてとても人気があります。
女性のイメージが強すぎたためか、票は全く得られず。
男性用コレクションもたくさんあるのですが、まだまだ女性ブランドのイメージなんですね。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報 […]…

34・33・32・31位 ベルルッティ 5票

男性用ハイブランドとしては他の追随を許さない「ベルルッティ」。
まさに男性にとって憧れの革製品メーカーのファッションブランドです。
ベルルッティの鞄や靴を身につけていようものならば、男性からは一目置かれること間違いなしです。
女性からはほとんど認知は無いので、あまり票は集まりませんでしたね。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

34・33・32・31位 ヴァレンティノ 5票

スタッズが特徴的な「ヴァレンティノ」。
近年はブランドロゴを前面に押し出したデザインが人気を博しています。
女性人気が高いブランドですが、男性が身に纏うブランドとしては不人気という結果に。
男性のコレクションも格好いいものが多いんですよ。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

30位 マイケルコース 6票

綺麗目なコレクションが人気の「マイケルコース」。
コーチと同様に、アウトレットモールで定価よりも大幅に安く売られていることから少し安いブランドの印象。
しかし、質もデザインで綺麗めファッションの王道を行くブランドです。
女性イメージが強く安売りの印象があるため票が集まりませんでした。

29位 ジミーチュウ 7票

星型スタッズが多くのファッショニスタを虜にしている「ジミーチュウ」。
特に鞄や靴は非常に人気のコレクションで、多くの人にとってジミーチュウは憧れのブランドです。
しかし、派手にスタッズを散りばめたデザインが多いので、男性が身につけるのには派手すぎる印象。
「男性がジミーチュウだと成金が出て不快」という意見が多い結果でした。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

28・27・26・25位 セリーヌ 8票

レディースブランドのイメージが強い「セリーヌ」。
女性からの指示は圧倒的なブランドです。
男性用コレクションがまだまだこれからといったブランドなので、票が集められないのも納得です。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

28・27・26・25位 トムブラウン 8票

綺麗目なスタイルを得意とする「トムブラウン」。
フランス国旗のようなロゴですが、ニューヨーク発祥のブランドです。
あまり日本では知名度がなく、似たブランド名のトムフォードとごっちゃになっている人も多いです。
知名度の無さで票は集められませんでした。

28・27・26・25位 ヴェルサーチェ 8票

派手なコレクションで多くのファッショニスタを虜にする「ヴェルサーチェ」。
見た瞬間にヴェルサーチのデザインだとわかるそのデザイン性が多くの男性に人気です。
しかし、派手すぎるデザインにより、ヴェルサーチを着た男性の好感度は低いのが事実。
「チャラそう」「派手すぎる男性は近づきずらい」などの意見が多数ありました。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

28・27・26・25位 アレキサンダーワン 8票

アディダスやユニクロとコラボしたことで日本でも着実に知名度を上げている「アレキサンダーワン」。
ハイブランドでありながらも多くのセレクトショップに置いてありますね。
男性というよりは女性ブランドのイメージが強いので、票を集められませんでした。
あと、アレキサンダーマックイーンとごっちゃになりますね。

読者
ブランドにもいろんなタイプがあるんですね。
すごく勉強になります。
ジーマ@ファッションブロガー
知名度がなさすぎるのと、女性ブランドのイメージが強いブランドはモテとは遠いようですね。

24位〜10位

ジーマ@ファッションブロガー
次に、24位〜10位までをみていきます!
あなたの好きなブランドが入っていたら、要注意ですよ!
確認してみてくださいね!

24位 フェンディ 9票

バッグバグズというキャラのデザインが人気の「フェンディ」。
パッと見ただけでフェンディのコレクションであることがわかるくらい派手なデザインが非常に多いブランドです。
「男性がフェンディを身に纏っていると成金臭がする」という意見がありました。
男性の派手なデザインはあまり好かれないのでしょう。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

23位 クリスチャン・ルブタン 10票

トゲトゲスタッズがトレードマークの「クリスチャン・ルブタン」。
財布や靴がキラキラトゲトゲしていたらほぼこのブランドですね。
若い経営者なんかはルブタンの小物をよく身につけていますね。
フェンディと同じく、「成金臭がする」というイメージのようです。
女性ブランドのイメージが強いのと派手なデザインは女性ウケが悪いですね。
ただ、キャバ嬢からは人気があるという意見もありました。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

22・21・20位 サルヴァトーレ・フェラガモ 11票

紳士淑女に人気のあるブランドでよく上げられるのが「サルヴァトーレ・フェラガモ」。
上品なデザインのコレクションばかりなので、シニア層に人気があるようです。
ただ、女性ブランドというイメージが強いですね。
男性が身につけるイメージはあまり無いようです。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

22・21・20位 トッズ 11票

革靴や鞄がセレブ達から人気を得ている「トッズ」。
シンプルなデザインのものが多く、紳士に人気のブランドです。
ブランドをせず、よい品質のものをさりげなく持ちたいという方に人気ですね。
知名度が低いところから、あまり票は集まりませんでした。

22・21・20位 ディオール 11票

コスメブランドとして大人気の「ディオール」。
化粧品というイメージが強すぎるため、ディオールをファッションブランドとして認識する人は少ないです。
女性イメージが強すぎるため、あまり票はありませんでした。
ただ、遊び心のあるデザインのメンズアイテムも非常に多いのでおすすめです。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

19・18位 ジバンシイ 12票

ディオールと同じく、コスメブランドとして大人気の「ジバンシイ」。
化粧品というイメージが強いのでしょう。
「男性がジバンシイを身に付けていたら、なんでわざわざこのコスメブランドを?と思う」というコメントがありました。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

19・18位 ヒューゴ・ボス 12票

高級紳士ファッションブランドとして名高い「ヒューゴ・ボス」。
男性の小物はもちろん、スーツも大人気です。
しかし、男性ブランドなので女性からの認知度は低いです。
確かに、ダンヒルとヒューゴボスの違いが分からないいう意見も多数頂きました。

17位 メゾン・マルジェラ 16票

ファッショニスタから大きな支持を受けている「メゾン・マルジェラ」。
独特なデザインで不思議なオーラを出すこのブランドは、世界中のファッション好きに人気です。
ファッション好きには大変好評なブランドなのですが、ファッションに興味がないとこのブランドを知らないですね。
認知度の低さから、票は集まりにくかったようです。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

16・15位 カルティエ 21票

王族御用達の宝飾ブランドとして確固たる地位を築いた「カルティエ」。
時計やアクセサリーが非常に人気がありますね。
ビジネスマンにはボールペン・万年筆が人気があり、女性達はお洒落な小物を使っているなと認識し、好感度は良いようです。
しかし、財布などの小物類としては使用するブランドとしては、あまり人気が無いようです。
ペンブランドのイメージが強すぎるのでしょう

16・15位 プラダ 21票

老舗のファションブランドであり、幅広い世代から支持されている「プラダ」。
プラダを好きな女性は山ほどいて、バッグといえばプラダをイメージする人も多いでしょう。
男性コレクションも豊富にあるのですが、女性ブランドとしてのイメージが強いですね。
男性が身につけるファッションとしてはまだまだ認識されていないようです。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報 […]…

14位 イヴ・サンローラン 22票

モード界のトップに君臨する「イヴ・サンローラン」。
ロックかつモードなコレクションのラグジュアリーブランドであるサンローランは、非常にファンが多いです。
スタイリッシュな格好の男性が好きな女性には、サンローランがたまらなく好きなようですね。
しかし、モードファッションは万人受けはしないので、モテファッションとしては苦しいですね。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

13位 トムフォード 23票

メンズアイテムとして世界中で熱狂的なファンがいる「トムフォード」。
特に、トムフォードのメガネはあまりにも有名すぎますね。
T字のメガネはお洒落な男性には必須アイテムともいえるでしょう。
しかし、トムブラウンと間違えられることも多いですね。
認知度は少し低いといえるでしょう。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

12位 ダンヒル 29票

男性のファッションブランドとして、ビジネスマンに愛用されている「ダンヒル」。
2017年のW杯で日本代表がスーツを身に纏った写真は最高にクールでイケていましたね。
財布や名刺入れが特に人気で、男性の色気を引き立ててくれるブランドです。
ただし、女性からすればダンヒルもヒューゴボスも違いはわかっていません。
女性からの認知度はイマイチですね。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

11位 ドルチェ&ガッバーナ 35票

エレガンスファッションを得意とする「ドルチェ&ガッバーナ」。
世界的歌姫であるマドンナが愛用したことで一気に有名になりました。
しかし、日本ではセカンドラインである「D&G」がギャル男界隈で爆発的な人気を誇ったおかげで、ドルチェ&ガッバーナの印象まで悪くなっています。
実際に、「D&Gがチャラ男のブランドにしかみえない」というコメントを多数いただきましたね。
派手なファッションなのもあいまって、日本でのイメージが悪すぎますね。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

10位 ジョルジオ・アルマーニ 37票

テーラードジャケットの帝王である「ジョルジオ・アルマーニ」。
男性らしいブランドとして人気も高いです。
ただ、アルマーニはブランドの種類がありすぎて、違いなんてわからないという人がほとんど。
エンポリオだろうがエクスチェンジだろうが全部同じという女性も多いのも事実。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)
読者
わりと有名どころのブランドもランクインしていますね。
ジーマ@ファッションブロガー
女性イメージが強いブランドはなぜわざわざ?といった印象を持つようですね。
かといって、男性イメージが強いブランドは女性たちが知らないので、あまり人気とはならないようですね。
読者
モテるブランドって難しいんですね。。

9位〜5位

ジーマ@ファッションブロガー
続いて、9位〜5位をみていきます!
この辺りのブランドは間違いなく女子ウケ抜群でしょう!

9位 エルメス 40票

世界中の女性たちを魅了するラグジュアリーブランド「エルメス」。
革物の王様と言われていて、女性だけでなく男性も魅了するブランドです。
また、多くの日本人にエルメスが一番高価なブランドだと認識されていますね。
男性にも女性にも人気があり、高価ですが知名度も高いので、誰にでもおすすめできるブランドですね。
しかし、デザインがありきたりすぎて少しつまらないという意見もありました。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

8位 バレンシアガ 42票

昨今、最も人気があるブランドとして一番に挙げられる「バレンシアガ」。
ラグジュアリーストリートブランドとして、世界中の若者たちがこのブランドの虜になっています。
男女問わず人気のブランドなので、多くの票を集めることができました。
「バレンシアガを上手く着こなしているだけでイケメンにみえる」という意見も多数ありました。
芸能人御用達というイメージもあり、ファッション上級者のイメージを与えることもできるようです。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

7位 モンクレール 43票

おしゃれな人がこぞって冬に着るダウンブランドの帝王「モンクレール」。
冬のダウンはモンクレール以外ありえないという人も多いです。
人気の秘訣はロゴマーク。
一目でモンクレールのダウンとわかるそのわかりやすいデザインが、多くのセレブ達に愛されています
モンクレールは高級ブランドでありながら嫌味ったらしくならないブランドなのですが、夏にモンクレールのシャツを着ている人に対して嫌悪感を示す人も多少いるようです。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

6位 ボッテガヴェネタ 51票

イントレチャートと呼ばれる革を編みこんだデザインで人気の「ボッテガヴェネタ」。
でかでかとブランドロゴを主張するデザインはなく、革の編み込みデザインのコレクションがほとんどなので、非常に上品なブランドとして認知されています。
「男性がさりげなくボッテガを身につけていると、紳士的にみえる」と今回のアンケートでも多数意見を頂きました。
価格帯も他のハイブランドと比べると少し抜きんでていますね。
ラグジュアリーブランドの定番です。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

5位 ルイヴィトン 52票

世界で最も有名なブランドの「ルイヴィトン」。
日本人でもルイヴィトンを知らない人はほとんどいませんね。
ハイブランドといえばまず思い浮かぶのがこのブランドではないでしょうか。
ド派手なロゴマークとデザインで世界中のセレブに大人気です。
ただし、日本では一昔前はヤンキーが持つブランドとして認知されていました。
その印象はかなり薄れては着たのですが、まだヴィトンをヤンキーが持つブランドとして認識している人もいます。
なので、嫌いなブランドとしても多数票を集めたのもこのヴィトンでした。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

4位 ブルガリ 67票

ハイジュエリーブランドとして確固たる地位を築いている「ブルガリ」。
女性の憧れの指輪としてよく挙げられますが、男性にも人気なのがこのブランドの素晴らしいところです。
ブルガリの時計や香水が男性のハートを掴み、男性のファンも多いのです。
シンプルでシックなデザインが多いので、ブランドを強調するような嫌みたらしい雰囲気が出ず、さりげなく身に付けることができます。
大人の男を演出するには最適なブランドといえるでしょう。

読者
ついに、4位まで出揃いましたね。。
ジーマ@ファッションブロガー
ある程度票を集めているブランドの特徴は「男女問わず人気のブランド」であることが言えそうですね。
読者
確かにそうですね。
女性からすれば、男性が身に付けるには女性色が強いブランドはやめてほしいということなんですね。
ジーマ@ファッションブロガー
そして、ある程度高価な価格帯のものが人気があるんですかね。。
Men's High Collection(メンズハイコレクション)

3位〜1位

ジーマ@ファッションブロガー
お待たせしました。
では、ついに3位〜1位の発表です!
モテたい男性には必見です!

3位 グッチ 71票

世界中のファッションセレブが陶酔するラグジュアリーブランド 「グッチ」。
ド派手なロゴを前面に押し出したデザインとストリートファッション化したコレクションで世界で最も人気のブランドとも言われています。

読者
グッチが3位なんですね!
1位かと予想してましたので、意外な結果です!
ジーマ@ファッションブロガー
ファッション好きなら、現在グッチの人気が凄まじいことは知っていますよね。
人気でいえばグッチが一番なんでしょうけど、今回は女子にモテるランキングなので、違う結果になりましたね。

グッチを知らない人は少ないですし、世界中で流行しているということもあり上位にランクイン。
ただ、派手すぎるファッションが苦手な女子も多いので、3位という結果になりました。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報 […]…

2位 バーバリー 86票

紳士淑女から絶大な人気を誇る「バーバリー」。
このブランドのチェック柄に多くの大人たちが魅了されています。
さりげないデザインのコレクションが多く、若者には不人気の印象が強いですが、それが逆に大人たちの心を鷲掴みにしています。

読者
2位はバーバリーですか!
なぜこんなに人気なのでしょうか?
ジーマ@ファッションブロガー
バーバリーの派手すぎないデザインと、紳士的なブランドイメージが格上な男性を表現しているのでしょう。
まさしく、モテるブランドの代名詞とも言えますね。

日本でも一時期大ブームをもたらしたチェック柄が印象的なバーバリー。
さりげなくバーバリーを着こなしている男性は、おしゃれに気を使いつつも紳士的な振る舞いをしてくれるイメージがあるようです。
派手なファッションの男性よりも、落ち着いた格好の男性の方が隣にいて安心するという意見が多数ありました。
ブランド物を身につけている男性は見栄っ張りの印象を与えてしまうことも少なくありませんね。
バーバリーは裏地などにさりげなくチェック柄があったりしますから、それとなくブランドアピールできるのもいいですよね。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

1位 ポールスミス 170票

マルチストライプカラーにより若者に絶大な人気を誇る「ポールスミス」。
遊び心のあるデザインと手頃な価格帯のコレクションにより、20代からの支持は抜群のブランドです。

読者
え!
女子にモテるブランド1位がポールスミスですか!?
めちゃくちゃ意外なんですけど!!
ジーマ@ファッションブロガー
2位のバーバリーを大差で突き放し、170票も集めましたね。

女子1000名中170名もポールスミスに票を入れ、圧倒的な人気を集めました。
多くのファッション好きの男性からすれば、意外な結果だと思われたかもしれません。
確かにポールスミスは他のブランドに比べると価格帯も抑えめで、ハイブランドとは言い難いです。
しかし、事前に私の周りの女子に「どのブランドが好きなのか」を軽く口コミ調査したところ、あまりにもポールスミスが好きという声あったため、今回アンケートにポールスミスを入れてみることにしたのです。
正直、本当に人気があるのかな?と半信半疑でアンケートに入れてみたら、なんとぶっちぎりの1位という結果になりました。

人気の理由として
「ポールスミスのちょうどいい価格帯が安心する」
「センスあるし、性格も良さそう」
「カジュアルな雰囲気が出て話しかけやすい」
このような意見が多数を占めました。

気取った雰囲気がなく、価格帯もハイブランドよりは抑えめなところが、女子に安心を与えるのでしょう。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

ランキングに対する考察・意見

ジーマ@ファッションブロガー
ランキングいかがだったでしょうか?
読者
かなり参考になりました。
モテるためにファッションを選んではいないのですが、どうせならモテるほうが嬉しいですからね。

今回の記事では、女子にモテるブランドランキングを作成してみました。
1位はイギリスを代表するファッションブランドの「ポールスミス」です。
海外のポールスミスはラグジュアリーブランドとして認知されていて、30代以上の男性をメインターゲットとしているブランドですが、日本では20代の若年層をターゲットとした戦略でブランド展開しています。
ここまで20代に人気があり、実際にモテるブランドとして認知されているので、ブランド展開は大成功といえるのでしょう。
気取らずカッコつけないカジュアルさがモテの秘訣なのかもしれません。

そのほかの上位にランクインしたブランドは、知名度も抜群であり比較的高価なブランドでした。
高価なハイブランドを身につけることで、男性は経済力をアピールすることができます。
経済力のある男性がモテるのは当然なので、上位により高価なハイブランドがランクインするのは当然でしょう。
しかし、あまりにも露骨に経済力をアピールするのはナンセンスです。
多くの日本人は主張が強い人が嫌いですからね。
さりげなさ」が重要なんです。
なので、ただ単に高価なブランドを身にまとうよりも、さりげなく身に纏いたいものですね。

下位にランクインしたブランドの特徴としては、派手なデザイン女性イメージが強いブランドですね。
女性は派手な格好をした男性を好みません。
近寄りがたい存在のように思えてしまうのかもしれませんね。
この傾向は女性にも言えますよね。
派手な格好をした女性よりも、地味な格好の黒髪の女性の方が男性人気は高いことが多いですからね。
また、女性ブランドのイメージが強いブランドも不人気でした。
なんでわざわざ女性のブランドを身につけているんだ?と違和感を持ってしまうんでしょうね。

●結論●

モテたいならポールスミスを着よう

 

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。