HUBLOT(ウブロ)の評判・特徴・イメージ・歴史を紹介!

The following two tabs change content below.

ジーマ@会社を2社経営

「Men's High Collection」編集長。 会社は2社経営していて、月収は7桁。 職業はファッションコンサルタント&ファッションブロガー。 月額10万円で経営者向けに服の着こなしのアドバイスをしています。 「ハイブランドは人生を変える」がモットー。
読者
ウブロのビッグバンはかっこいいですよね!
ジーマ@ファッションブロガー
迫力ありますよね!芸能人にも愛用者が多いですよ!ちょい悪なイメージもあるセクシーでゴージャスな腕時計ですよね!
読者
派手な感じが良いですよね!丁度ゴールドジュエリーブームなので!ウブロについて詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

圧倒的な存在感とセレブの着用率の高さでも有名なスイスの高級腕時計ブランドのHUBLOT(ウブロ)。

ゴールドケースにラバーベルトを配した腕時計のパイオニアであり、セクシーでゴージャスなモデルが多いことから「成功者の腕時計」と称されるウブロ。

今回はHUBLOT(ウブロ)の評判・特徴・イメージ・歴史をご紹介いたします。

HUBLOT(ウブロ)とは

1980年創業の高級時計ブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

ウブロはイタリアのジュエラーであるカルロ・クロッコにより1979年にスタートした高級時計ブランドです。

正式に時計ブランドとして設立されたのが1980年。

カルロ・クロッコは当時どの時計ブランドにもなかった、ゴールドケースに天然ゴムを使用したラバーストラップを装備した腕時計を発表。

その斬新すぎる腕時計は大きな話題となりましたが、スイスでは異端的な扱いを受けました。

しかし、イタリアの富裕層の間では注目を集め、イタリアのセレブの間で人気腕時計ブランドとして注目を集めます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

読者
流石はトレンドに敏感な国ですね!「ウブロ=イタリアの伊達男」のイメージがありますよね!

スイスに本社があるブランドだと初めて知りました!やはり斬新すぎてスイスでは受け入れられなかったんですね!

ジーマ@ファッションブロガー
確かに「チョイ悪」なイメージの腕時計ですよね!やんちゃな大人御用的な

ウブロをイタリアブランドだと思っている方は多いですよね!フェラーリとのコラボの影響もありますよね!スイスで人気がイマイチだった点は、斬新すぎるデザインもあるのですが、クォーツ製だったことも大きく関係しています。

やはりスイスで認められる時計は機械式のさらにはマニュファクチュールですからね!

読者
え?ウブロはクォーツ製なのですか?かなり意外です!
ジーマ@ファッションブロガー
今は自社ムーブメントの開発も成功し、マニュファクチュールとしても評価されていますが、当時は「機械式よりも丈夫」という理由でクォーツ製でした。

確かにクォーツの方が丈夫ではありますが、当時のウブロに機械式腕時計に挑戦するほどの技術がなかったことが本音だと思いますよ!

2004年ジャン・クロード・ビバーがCEO就任

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

現在でもウブロのアイコニックであるラバーベルトは当時カットすることができず、自身の腕に合うベルトをチョイスするカタチをとっていましたが、この方法は当時からかなり不人気。

さらにクォーツ式の腕時計のみの展開だったことで時計好事家からはほとんど見向きもされず、90年代後半にはウブロは倒産の瀬戸際まで追い込まれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

その危機的状況を救ったのが時計界の生きる伝説であるジャン・クロード・ビバーでした。

2004年にジャン・クロード・ビバーがCEOに就任、そして翌年にはウブロを代表するモデルであるビッグバンを発表します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

ウブロの目指す伝統的な素材と未来的な素材を組み合わせる「フュージョン」をイメージて誕生した未来的で洗練されたでインパクト抜群の腕時計はすぐに大きな注目を集めました。

この時初めてウブロは機械式腕時計を発表。

このことで、時計好事家からも注目を集めるようになります。

2008年LVMH傘下に収まる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

2005年に発表したビッグバンが世界中で大ヒットを記録。ビッグバンは「セレブの為の腕時計」や「成功者の腕時計」と称されるようになり飛躍的に知名度を浸透させました。

ウブロはさらなる飛躍の為LVMHの傘下に収まります。

2010年自社ムーブメントウニコを発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

2010年念願の自社ムーブメントであるウニコを発表。

こうしてウブロはマニュファクチュールとしても歩み始めます。

2011年フェラーリとのコラボレーションを発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

2011年にはフェラーリとのコラボレーションを発表。

現在もフェラーリとのコラボレーションは継続中。さらにこの年にゴールドにセラミックを配合することで、圧倒的な強度を誇る新マテリアルである「マジックゴールド」を発表。

フェラーリとのコラボレーションモデルに採用され大きな話題となりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

マジックゴールドは、ウブロのが開発した独自のマテリアルで、スイス貴金属管理局からも18Kとして認められています。

フェラーリ以外にもアイルトンセナや蜷川実花、大リーガーの田中将大とのコラボレーションも発表しています。

HUBLOT(ウブロ)の評判・特徴・イメージ・

読者
HUBLOT(ウブロ)の評判・特徴・イメージについて教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

ウブロと言えばゴールドケースにとラバーベルトを融合させたグラマラスでラグジュアリーな腕時計が印象的ですよね!今ではゴールドケースにラバーベルトの組み合わせは当たり前ですが、ウブロが元祖です。

しかし、当時ゴールドケースの腕時計にラバーストラップを組み合わせるという発想はなく、ウブロの斬新すぎる腕時計はスイスではほとんど受け入れられず、ニュートレンドに敏感なイタリアの富裕層の間で大ブレークしました。

その為、今でもウブロはイタリアで圧倒的な人気を博しています。

ゴージャスでセクシーなムードを醸すモデルが多い点もイタリアセレブの嗜好にマッチしたように感じますね!

ウブロが世界的に大ブレークするきっかけはビッグバンシリーズです。

大迫力のビッグケースにゴールドとセラミックそして看板のラバーストラップを組み合わせた、今までにはない正に「未来的な腕時計」は、イタリアは勿論世界的に大ブレークを果たしました。

圧倒的な個性とまるでジュエリーのようなラグジュアリーさは唯一無二の存在感です。

2005年以降日本の富裕層の間でも爆発的なヒットを記録、特にプロスポーツ選手や芸能人の愛用が目立ちますね!

明石家さんま氏や矢部浩之氏もウブロの愛用者です。

セレブ御用達の時計ブランドのイメージが定着している為、「ウブロの腕時計は成功者の証」ともいわれています。ジョルジオアルマーニ氏は1980年代からウブロの愛用者です。イタリアやファッション関係者の間でウブロをブレークさせた人物としても有名ですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

時計好きのセレブの間で圧倒的な人気を博すウブロ。

ボリューム感のある圧倒的な存在感とセクシーでゴージャスなルックスが特に芸能人やファッション関係者から高い評価を得ています。

ウブロのアイコニックモデルであるビッグバンは世界的に富裕層の着用率の高いタイムピースです。

斬新なでゴージャスなデザインが注目を集めるウブロですが、自社ムーブメントである「ウニコ」は高評価。

2010年からはマニュファクチュールとしての時計好事家からの評価も高まっています。

100万円以上のモデルがほとんどの為、成功者や富裕層の為の時計ブランドと言っても過言ではありません。

クラシックフュージョン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

ウブロの初期モデルである「クラシック」のデザインを引き継いだクラシックフュージョン。

「ウブロ=ビッグバン」のイメージが強いかと思いますが、落ち着いた雰囲気のモデルの多いクラシックフュージョンは大人の男性から人気。

スーツスタイルには最適なタイムピースです。

ビッグバン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

ウブロの看板モデル。

時計界のリビングレジェンド、ジャン・クロード・ビバーにより2005年に発表されたモデル。

ウブロの今のステータスを築き上げたタイムピースと言っても過言ではありません。

ウブロの目指す伝統的な素材と未来的な素材を組み合わせる「フュージョン」を体現したモデルで、腕時計業界に新風をもたらしたことは勿論、腕時計に使用できる素材の可能性を大きく広げたという意味では、時計史にその名を遺す腕時計です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hublotさん(@hublot)がシェアした投稿

ビッグバンを発表後の4年間でウブロの売り上げは約10倍まで増加。

さらに新素材の開発にもさらに邁進することができました。

ウブロが開発した18Kとセラミックを融合させた「マジックゴールド」は18Kとしてもスイス貴金属管理局から認定を受けた正真正銘の超硬質18Kです。

ビッグバンの大成功によりウブロは新素材の開発にまで成功を収めることができました。

まとめ

成功者の証として絶対的なステータスを誇るウブロの腕時計。

腕時計離れが囁かれる現在ですが、ウブロにとってはどこ吹く風。

ウブロは腕時計業界のトレンドセッターという呼び名が相応しいのではないでしょうか?

高級時計の代名詞的ブランドとなったウブロですが、実はまだ40年ほどの時計業界ではニューカマー的な存在です。

マニュファクチュールとしても高い評価を得るウブロは時計業界にまた、新たな風を巻き起こすのではないでしょうか?

ハイブランドの購入におすすめサイトランキング!

ハイブランド一覧

ABOUTこの記事をかいた人

「Men's High Collection」編集長。 会社は2社経営していて、月収は7桁。 職業はファッションコンサルタント&ファッションブロガー。 月額10万円で経営者向けに服の着こなしのアドバイスをしています。 「ハイブランドは人生を変える」がモットー。