【メンズ】Maison Margiela(メゾンマルジェラ)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
Maison Margiela(メゾンマルジェラ)はマルジェラがスタートさせたブランドですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!そうです!2015年から現在のMaison Margiela(メゾンマルジェラ)にブランド名が変わりましたね!
読者
ブランド名が変わってもマルジェラがデザイナーであることは変わりないんですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
実は創立者のマルタンマルジェラはブランドを離れています。
読者
え?Maison Margiela(メゾンマルジェラ)のデザイナーはマルタンマルジェラではないのですか?詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

アヴァンギャルドワードローブとコレクションでモード界を牽引してきたMaison Margiela(メゾンマルジェラ)。

90年代日本でも爆発的な人気を博したMaison Margiela(メゾンマルジェラ)は、デコンストラクションブランドの雄と称されました。

孤高の天才デザイナーであるマルタンマルジェラが手掛ける、アーティスティックで独創的なワードローブは、世界中のファッションフリークを魅了しました。

世界的ブランドでありながらミステリアスなムードを醸すフランスブランドに迫ります。

公式サイト(https://www.maisonmargiela.com/jp

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)とは?

1988年に設立されたフランスブランド

 

View this post on Instagram

 

Maison Margielaさん(@maisonmargiela)がシェアした投稿

1988年にマルタンマルジェラによりパリにメゾン マルタン マルジェラが設立されたことでブランドはスタートします。

1989年春夏にパリにて プレタポルテ コレクションにてデビュー。

マルタンマルジェラがデビューを果たした1989年はゆったりとしたシルエットのワードローブがパリコレでは主流でした。

しかし、マルジェラは、タイトなシルエットのワードローブを発表。

1990年代以降トレンドとなったタイトシルエットはマルジェラの影響が大きいといわれています。

 

View this post on Instagram

 

Maison Margielaさん(@maisonmargiela)がシェアした投稿

読者
マルジェラ以降タイトなワードローブが主流となったのですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!80年代後半は、大きくトレンドが変わる時期ではありましたが、マルジェラがタイトなジャケット&パンツを発表していなければ、タイトシルエットブームはもう少し後だったといわれていますね!
読者
なるほど!デビューからトレンドを創り上げるマルジェラは凄いですね!マルジェラのワードローブはタイトなモノが中心なのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
「タイトに見えるシルエットのモノが多い」と言った方が適切ですね!実はそれほどタイトではないのですが着ると細く見えるんです!パターンが素晴らしいからでしょうね!

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)の特徴は?

衣服の再構築・再定義

 

View this post on Instagram

 

Maison Margielaさん(@maisonmargiela)がシェアした投稿

メゾンマルジェラはデコンストラクションブランドと称されます。

デコンストラクションとは、脱構築との意味。

少し抽象的に感じるデコンストラクションという言葉ですが、哲学的解釈でワードローブ作りに挑むマルジェラの姿勢やマインドを表す言葉として用いられることが多いように感じます。

「衣服の再構築」というワードはメゾンマルジェラの揺るぎない根幹です。

マルジェラが掲げる「衣服の再構築」とはマルジェラ独自に完成により、ワードローブのシルエットやラインを新たに作り直すという事。

「本来ワードローブはボディラインに合わせるもの」という常識を覆す試みでした。

 

View this post on Instagram

 

Maison Margielaさん(@maisonmargiela)がシェアした投稿

読者
「衣服の再構築」がイマイチ分からないのですが・・・。
ジーマ@ファッションブロガー
本来服は身体に合わせるものですよね?しかしマルジェラは体のラインに合わせる必要がない独自のシルエットのワードローブを創り上げたという事です!
読者
それはオーバーサイズだという事ですが?
ジーマ@ファッションブロガー
簡単に説明するとそうです!体のラインに合わせなくても美しいウェアが完成することを証明したマルジェラは一躍時代の寵児となりました!

さらに「デストロイコレクション」とも称されることも多く、グランジルックを髣髴とさせるワードローブは勿論、常識を覆したコレクションを行うことからそう呼ばれるようになりました。

特に白のペンキでコーディングされたデニムウェアやフットウェアは大きな話題となりました。

 

View this post on Instagram

 

Maison Margielaさん(@maisonmargiela)がシェアした投稿

読者
確かに古着みたいな服が多いですよね?ペンキモノも有名ですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!アーティザナルと呼ばれるハンドメイド作品はかなりブームになりましたね!マルジェラはアルチザンブランドブームの火付け役でもありますね!

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)のタグの意味

通称カレンダータグ

 

View this post on Instagram

 

Maison Margielaさん(@maisonmargiela)がシェアした投稿

メゾンマルジェラのブランドタグにはブランド名の記載はなく数字が並んでいるだけ。

0から23までの数字が並んだタグは、カレンダータグとも呼ばれます。

〇で囲まれた数字によりラインを区別します。

0:手仕事により、フォルムをつくり直した女性のための服。
1:女性のためのコレクションライン(ラベルは無地で白)。
4:男性のためのワードローブ
3:フレグランス
3:アイウェア
10:男性のためのコレクションライン
14:男性のためのワードローブ
11:2005秋冬からのアクセサリーライン
12:ジュエリー
13:オブジェ、または出版物
22:シューズライン
6:レディースウェアライン※MM6に独立。

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)のデザイナーは?

ジョン・ガリアーノ

 

View this post on Instagram

 

Maison Margielaさん(@maisonmargiela)がシェアした投稿

現在のメゾンマルジェラのデザイナーはジョンガリアーノです。

2014年にジョンガリアーノがメゾンマルジェラのクリエイティブ・ディレクターに就任、2015年よりブランド名をMaison Margiela(メゾンマルジェラ)に改名します。

 

View this post on Instagram

 

Maison Margielaさん(@maisonmargiela)がシェアした投稿

読者
今はジョンガリアーノがマルジェラのデザイナーなのですね!びっくりしました!
ジーマ@ファッションブロガー
ジョンガリアーノがクリエイティブディレクターに就任した事は意外でしたね!
読者
今マルタンマルジェラは何をされているのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
実は詳しく分かっていません。2009年には親会社であるディーゼルのCEOであるレンツォ・ロッソがマルジェラがコレクションに関わっていないことを発表し大きな話題となりました
読者
そうなんですか?では2009年にはもうブランドを去っていたのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
はっきりとはわかりませんがその可能性が大きいですね!

評判・イメージ

読者
メゾン・マルジェラの評判やイメージについて教えて欲しいです!
ジーマ@ファッションブロガー
一言でいうと、ミステリアスな雰囲気を漂わすブランドといえます!

メゾン・マルジェラはファッションにちょっと詳しくないと、知らない人も多いブランドですね。
百貨店にも出店されてはいるのですが、他のハイブランドの方がコレクションも多く取り扱っていますし、店舗の数も多いです。

評判はすごく良いブランドで、ミステリアスな雰囲気やイメージを持つブランドです。
ブランドロゴを押し出したデザインではないので、さりげないデザインが多いです。
派手なブランドを嫌うファッショニスタには、たまらないブランドですね。

まとめ

衝撃のデビューからデザイナーであるマルタンマルジェラのミステリアスなムードも味方し、熱狂的なファンを持つブランドへと成長したMaison Margiela(メゾンマルジェラ)。

創立者のマルタンマルジェラがブランドを離れた事実や、2012-2013年秋冬シーズンのH&Mとの衝撃のコラボレーションで常に注目を集めるカリスマブランドのメゾンマルジェラは、スキャンダラスなスターデザイナーであるジョンガリアーノの手によりさらに進化を遂げています。

スターデザイナーが手掛けるカリスマブランドはこれからもファッショニスタを熱狂させることは間違いありません。

 

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。