【メンズ】OAMC(オーエーエムシー)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
今トレンドはやはりラグストですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
確かにラグジュアリーストリートはまだまだ勢いがありますよね!

アジア系ブランドでもラグストを強く押し出すブランドは多いです!

しかしヨーロッパのファッションウィークをチェックするとラグスト以上にクリーンなリアルクローズを提案するブランドが増えてきましたね!

読者
そうなんですか?注目スタイルを提案するおすすめブランドはどこですか?
ジーマ@ファッションブロガー
OAMC(オーエーエムシー)はかなり注目度の高いブランドですね!

シュプリームのデザイナーがローンチしたブランドですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

OAMCさん(@oamc_official)がシェアした投稿

読者
シュプリームのデザイナーが立ち上げたブランドなのですか?かなり気になります!詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

OAMCさん(@oamc_official)がシェアした投稿

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

元シュプリームのデザイナーがローンチしたフランスブランドのOAMC(オーエーエムシー)。

ハイエンドな素材を使用したモダンで機能的なワードローブは世界中のファッショニスタから高評価。

今回は、OAMC(オーエーエムシー)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーをご紹介いたします。

公式(http://oamc.com/)

OAMC(オーエーエムシー)とは

2014年にスタートしたフランスブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

OAMCさん(@oamc_official)がシェアした投稿

フランスでスタートしたメンズウェアブランド。

上質な素材を使用したモダンで機能的なワードローブがアイコニック。

ハイエンドなミニマルスタイルやラグジュアリーなリアルクローズに最適なウェアを展開するブランドとしても知られています。

デザイナーは元シュプリームのルーク・メイヤー

ルークは妻のルーシーと共にジルサンダーのクリエイティブディレクターとしても活躍しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

OAMCさん(@oamc_official)がシェアした投稿

読者
元シュプリームのデザイナーが作るブランドだと思ってみるとちょっとびっくりしますね!イメージと違いすぎて!
ジーマ@ファッションブロガー
仰る通りです!どうしてもラグジュアリーなスケータースタイルやユースカルチャースタイルを想像しますよね?

特に今季のコレクションは驚くほどクリーンでノーブルです。

この上質さがジルサンダーのデザイナーに抜擢された理由でしょうね!

上品さの中にストリートの部分を感じさせるエッジがルークのずば抜けたセンスです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OAMCさん(@oamc_official)がシェアした投稿

読者
ジルサンダーのクリエイティブディレクターなのですね!しかも夫婦で!かっこよすぎです!

ジーマ@ファッションブロガー
そうなんですよ!夫婦で凄い才能ですよね!

フランスブランドですが、ジルサンダーの関係もありデザイナーのルークは現在ミラノを拠点に活動しています。

生産国はフランス、ポルトガル、日本がメインですね。素材や縫製にかなりこだわるブランドなので少量生産しかできない為、人と被ることの少ない点も人気の秘密です!

OAMC(オーエーエムシー)の評判・特徴・イメージ

読者
OAMC(オーエーエムシー)の評判・特徴・イメージについて教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました! OAMCは元シュプリームのルーク・メイヤーがローンチしたブランドという事でも大きな話題となりました!

シュプリーム出身のデザイナーが手掛けるブランドの為、スケータースタイルをベースとしたユースカルチャースタイルを色濃く反映したブランドだと思われ勝ちですが、ワードローブはミニマルでノーブルです。

ラグジュアリーストリートにカテゴライズされるブランドですが、ワードローブ自体は、かなりクリーンでハイエンドなリアルクローズウェアがメインです。

フランスブランドらしい上品さが漂いますね。

勿論、シンプルでノーブルだけがウリのブランドではなく、得意のユースカルチャーのエッセンスは全てのワードローブから感じられます。

カナダ出身のルークですが、オーエーエムシーからはヨーロッパのモダンさを強く感じますね。

都会的なヨーロッパ特有のワークスタイルにも定評があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hostage Vinciさん(@hostage_vinci)がシェアした投稿

ストリートとラグジュアリーのギャップを埋めるためのメンズウェアを提案するブランドであるOAMCは機能的かつ合理的なデザインが特徴です。

ラグジュアリーストリートブランドに分類はされていますが、ミニマルでノーブルなワードローブが中心。

クリーンなワークスタイルやストリートスタイルを提案するブランドでテーラードジャケットやクラシカルなコートも高評価。

デザイナーであるルークが今必要だと思うワードローブを展開する点もOAMCの大きな特徴。

ミレニアム世代には勿論、40代以上の大人のファッショニスタからも評価の高いブランドです。

現在はメンズウェアのみの展開ですが、レディースコレクションのローンチを望む声は年々大きくなっています。

OAMC(オーエーエムシー)のデザイナー

ルーク・メイヤー

 

この投稿をInstagramで見る

 

JINSEIさん(@notrynotdoordonotthereisnotry)がシェアした投稿

カナダ出身のファッションデザイナー。

ジョージタウン大学でファイナンスと国際ビジネス学を学ぶために渡米。

その後イギリスに渡り、オックスフォード大学で経営学を専攻。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JINSEIさん(@notrynotdoordonotthereisnotry)がシェアした投稿

さらにニューヨークへ渡りFITでデザインの勉強をします。この時にジェームス・ジェッビアと知り合い、シュプリームでデザイナーとしてのキャリアをスタート。

シュプリームでデザイナーとして活動しながら、FITのカリキュラムの一環として、テーラリングを学ぶために1年間イタリアで過ごしました。

2014年シュプリームを離れ、自身のブランドOAMCをスタート。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JINSEIさん(@notrynotdoordonotthereisnotry)がシェアした投稿

2017年から妻のルーシーと共にジルサンダーのクリエイティブディレクターとしても活動しています。

現在はミラノを拠点としているそうです。

まとめ

元シュプリームのデザイナーがローンチしたブランドという事で大きな話題となったOAMC(オーエーエムシー)。

しかし現在は、元シュプリームという看板はOAMCには必要ないように感じます。

上質な素材を使用したデイリーウェアを展開するOAMCはベーシックでミニマルでありながらモダンでスタイリッシュ。

ワークスタイルやユースカルチャーを感じるワードローブも多いのですが、全てクリーンです。

OAMCのアイコニックともいえるミニマルなリアルクローズスタイルは、最もファッショニスタが求めているスタイルなのではないでしょうか?

何故ならOAMCはデザイナーであるルークが今必要なワードローブをリリースするブランドだからです。

ラグジュアリーとストリートのギャップを埋めるリアルクローズブランドから今後も目が離せません。

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。