まだみんなと同じスニーカー履いてるの?ハイクラスな男性向けのラグジュアリースニーカーを5つ紹介

The following two tabs change content below.

ジーマ@会社を2社経営

「Men's High Collection」編集長。 会社は2社経営していて、月収は7桁。 職業はファッションコンサルタント&ファッションブロガー。 月額10万円で経営者向けに服の着こなしのアドバイスをしています。 「ハイブランドは人生を変える」がモットー。
読者
スニーカーが好きなんですけど、みんなと同じようなスニーカーは履きたくないんです。
どんなスニーカーがおすすめなんでしょうか?
ジーマ@ファッションブロガー
社会人になったにも関わらず、その辺の大学生が履いてるようなスニーカーを履いていたら恥ずかしすぎますね!
今回の記事では、他の人と差をつけるスニーカーブランドを紹介しましょう!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

ハイクラスな男性の皆様は、休日どのようなファッションで出かけますか?
まさか、休日は適当な格好で出かけてるなんてことありませんよね?
本当にできるビジネスマンは、仕事中のスーツが格好良いだけでなくて、休日のファッションも格好良く決めるんです。

そして、休日のファッションを格好良くするのは、間違いなくスニーカーです。
おしゃれは足元から。

どんなに良いTシャツを着ていようが、髪型をイケイケにしたって、大学生が履いてるようなスニーカーを履いてたんじゃ台無しです。

今回の記事では、ハイクラスの男性が絶対に履くべきスニーカーブランドを5つ紹介しましょう!

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)

元々は女性のヒールブランドですね。
女性たちの間では、ルブタンのソール部分が真っ赤なヒールがとにかく人気です。

元々靴のブランドということもあって、履き心地の良さも良いのですが、人気の秘訣はその派手さ。
ルブタンの靴のほとんどには、スタッズがたっぷりと付いているのです。
他のブランドには出せないそのスタッズだらけの派手なスニーカーが、男性の間で大人気となりました。

特に、ルブタンのスニーカーは10万円を超える価格が当たり前。
スニーカーに悠々と10万円を出すことができるハイクラスの男性にとても人気なんです。

一目見ただけで、ルブタンの靴とわかってしまうことも、人気の秘訣でしょう。

Mix master. Louis Junior Orlato is a feat of craftsmanship and artistry for the #LouboutinHomme

Christian Louboutinさん(@louboutinworld)がシェアした投稿 –

 

JimmyChoo(ジミーチュウ)

星型のスタッズが象徴的なブランドですね。
こちらのブランドも、靴職人が作ったブランドなので、履き心地は抜群です。
細部にも形がこだわり抜かれていて、ジミーチュウを履くと他の靴には戻れません。

ルブタンと同じようにスタッズが特徴のブランドですが、トゲトゲのスニーカーだらけルブタンとは違い、ジミーチュウにはスタッズのスニーカーはほとんどありません。
むしろ、このブランドはあまり派手でない靴が人気なのです。

なので、あまりハイブランドを主張しすぎず、しれっと高級感を醸し出すのがジミーチュウのスニーカーの特徴です。
スタイリッシュな服装が好きなハイクラスの男性におすすめしたいブランドスニーカーですね。

GIUSEPPE ZANOTTI(ジュゼッペザノッティ)

女性から愛され望まれる、最上の靴を創り出したいと設立した高級靴ブランドです。
ただ、このブランドはストアに行っても靴しか並んでおらず、服や小物などに大きく展開していないブランドなので、ルブタンやジミーチュウと比べても認知度は低いです。
知る人ぞ知るハイクラス向けの靴ブランドという位置付けです。

印象的なのはロゴデザインです。
一目見たら虜になってしまいそうなサインのようなブランドロゴ。
ブランドロゴが大きくデザインされている靴が人気のようです。

また、ジッパー付きのスニーカーがこのブランドの靴特有のものです。

BALENCIAGA(バレンシアガ)

今一番ホットなブランドといえばバレンシアガで間違い無いでしょう。
2017年春からデザイナーが変わり、バレンシアガのスニーカーが大人気となりました。
今、バレンシアガの定番といえばシューズと言っても過言ではありません。

バレンシアガで人気なのはソックスのような見た目のスピードトレーナーと、80年代を思い出すダッドスニーカーです。
特に、ダッドスニーカーは田舎のおじいちゃんが履いてそうな見た目なので、知らない人が見たらびっくりするようなスニーカーです。
しかも、ダーティー加工があるので、少し汚くみえるような加工もしてあるのでなおさらですね。

ただ、見た目とは裏腹に定価は10万円以上するラグジュアリースニーカーです。
ぜひ、ハイクラスな男性におすすめしたいスニーカーです。

BALENCIAGA . . . #スピードトレーナー #balenciaga #speedtrainer

yukihiroさん(@_.yukihiro._)がシェアした投稿 –

VALENTINO(バレンティノ)

若い女性に大人気のラグジュアリーブランドです。
男性からの認知度は少し低いのですが、若い女性に人気があるブランドということで、ハイクラスの男性には人気のブランドです。

靴のメーカーでは無いのですが、メンズ向けのスニーカーは人気のデザインがあります。
若い女性にセンスの良さを見せつけたいのならばうってつけかもしれません。
「VLTN」というロゴが今大人気です。

まとめ

ハイクラスの男性は、ビジネスで使用するものにラグジュアリーブランドを使用するのは当たり前でしょう。
人は第一印象をほとんど見た目で判断します。
取引先との面談で、ラグジュアリーブランドは自分の魅力をグッと引き上げてくれます。

しかし、休日のファッションをおろそかにする男性が非常に多いのは残念でなりません。
休日のファッションにもきちんとラグジュアリーさを出し、自分の魅力をさらに高めていきましょう。
ビジネスシーンではしっかりしているのに、オフではだらしない格好をしていては、本物のハイクラスの男性とはいえませんからね。

上記に紹介した5つのラグジュアリーシューズ以外にも、ラグジュアリーブランドのシューズはたくさんあります。
実際に、私も多くのシューズを履いていました。

しかし、ブランドの名前だけで、履き心地が悪かったりするものも多いのが事実です。
ぜひ、上記に紹介した5つのブランドを履いて見てください。
全て、私が実際に履いて見て、間違いなく良い!と思ったラグジュアリーシューズです。
ハイクラスな男性は一度足を通していただければ、もう普通のスニーカーには戻ってこれないでしょう。

ハイブランドの購入におすすめサイトランキング!

ハイブランド一覧

ABOUTこの記事をかいた人

「Men's High Collection」編集長。 会社は2社経営していて、月収は7桁。 職業はファッションコンサルタント&ファッションブロガー。 月額10万円で経営者向けに服の着こなしのアドバイスをしています。 「ハイブランドは人生を変える」がモットー。