【メンズ】soe(ソーイ)の評判・特徴・イメージ・デザイナーを紹介!

読者
シンプルすぎないリアルクローズを得意とするブランドは東京には多いですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
所謂ストリートモードブランドですか?

今、注目を集めている東京ブランドは、ストリートモードスタイルを得意とするブランドは多いですよ!

ファセッタズムやカラー、そしてサカイもそうですよね?あとはソーイもですね!

読者
ソーイってどんなブランドなんですか?名前はよく聞くのですがイマイチよくわからなくて・・・。
ジーマ@ファッションブロガー
東京を代表するリアルクローズブランドですよ!
読者
ドメスティックブランドなんですね!最近凄くよく名前を聞くので詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

東京の独特のカルチャーをワードローブで表現するリアルクローズブランドのソーイ。

今回はファッション関係者御用達ブランドとしても知られる、soe(ソーイ)の評判・特徴・イメージ・デザイナーをご紹介します。

公式(http://www.soe-tokyo.com/

soe(ソーイ)とは

2001年にスタートした日本のファッションブランド

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

soe , soe shirtsさん(@soe_tokyo)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

soe , soe shirtsさん(@soe_tokyo)がシェアした投稿

2001年に伊藤壮一郎氏によりローンチされた日本のファッションブランド。

東京のカルチャーを落とし込んだワードローブ作りがコンセプト。

クリーンでエッジの効いたリアルクローズスタイルがアイコニック。

メンズブランドととしてスタートしましたが、現在はレディースラインもローンチされコレクションも行っています。

2004年秋冬東京コレクションデビュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

soe , soe shirtsさん(@soe_tokyo)がシェアした投稿

2004年に東京コレクションデビュー。2005年には初のフラッグシップショップをオープンさせます。

2008年秋冬soe shirtsをスタート

 

この投稿をInstagramで見る

 

soe , soe shirtsさん(@soe_tokyo)がシェアした投稿

2008年にシャツラインであるソーイシャツをスタート。

2013年フラッグシップショップをセレクトショップとしてリニューアルオープン

 

この投稿をInstagramで見る

 

@m.i.u.instaがシェアした投稿

フラッグシップショップをセレクトショップM.I.U.(エム アイ ユー)としてリニューアルオープンさせます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@m.i.u.instaがシェアした投稿

読者
フラッグシップをセレクトショップにリニューアルしたんですか?発想が凄いですよね!
ジーマ@ファッションブロガー
感覚としては川久保さんがディレクションするドーバーストリートマーケットに近いと思いますよ!

ファセッタズムの落合氏のプライベートレーベルであるヒロミチオチアイの取り扱いもありましたよ!

2015秋冬パリメンズコレクションに参加

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

soe , soe shirtsさん(@soe_tokyo)がシェアした投稿

2015年秋冬シーズンにパリコレデビューを飾ります。

2016年秋冬よりソーイ ウィメンをスタート

 

この投稿をInstagramで見る

 

soe , soe shirtsさん(@soe_tokyo)がシェアした投稿

2016秋冬から本格的にレディースラインをスタート。

現在、ソーイウィメンはソーイに統一されています。

2019年春夏コレクションより髙木佑基がデザイナーに就任

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

トミタ郡山フェスタ店さん(@tomita_watch)がシェアした投稿

伊藤氏のデザイナー引退により、メンズラインのデザイナーである髙木佑基氏がソーイのデザイナーに就任。

伊藤氏は現在ディレクターとしてブランドには残っています。

soe(ソーイ)の評判・特徴・イメージ

読者
soe(ソーイ)の評判・特徴・イメージについて教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!ソーイはモダンなリアルクローズアイテムが多く、ファッション関係にもファンの多いブランドです。

モードとストリートをブレンドしたストリートモードスタイルは、今世界的に注目を集めている東京ブランドにも大きな影響を与えています。

パリコレ以降、リラックスした雰囲気のクリーナなストリートスタイルを強く打つ出すようになったように感じますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

soe , soe shirtsさん(@soe_tokyo)がシェアした投稿

読者
確かにクリーンですが、シンプルと言った感じではないですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんですよ!所謂シンプルなリアルクローズではなく、モードブランドのリアルクローズと言った方が分かりやすいかもしれません!

決して奇抜すぎるデザインではないのですが、エッジの効いたワードローブが多いですよね?

このあたりのセンスがファッショニスタから支持されている理由です!

メンズラインは高木氏がデザイナーに就任した2015年ごろからよりストリート色が強くなった気がしますね!

その為、以前よりもミレニアム世代のファッショニスタの着用が目立つようになりましたよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

soe , soe shirtsさん(@soe_tokyo)がシェアした投稿

クリーンでエッジの効いたストリートモードスタイルを得意とする東京ブランドのソーイ。

ファッション関係者に多くのファン持つソーイは高木氏がデザイナーに就任して以降、よりストリート色の強いエッジの効いたワードローブを展開するようになりました。

30代40代のファッショニスタから絶大な支持を得るブランドでしたが、最近ではミレニアム世代からも高評価です。

アイコニックなシャツが約3万円テーラードジャケット8万円コート約12万円。

soe(ソーイ)のデザイナー

創立者は伊藤壮一郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

トミタ郡山フェスタ店さん(@tomita_watch)がシェアした投稿

1977年、東京生まれのファッションディレクター。

ロンドン留学後、1978年に青山学院で経済史を学ぶ傍ら独自で服作りを始めます。

2001年秋冬シーズンからソーイをスタート。

2004年秋冬シーズンから東京コレクションにデビュー。

2013年 新たなコンセプトストアM.I.U.をオープン。

2018年秋冬コレクションを最後にデザイナーを退任、現在はディレクターとしてブランドを統括しています。

2019年春夏から髙木佑基

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rakuten Fashion Week TOKYOさん(@rakutenfwt)がシェアした投稿

1985年、埼玉生まれのファッションデザイナー。

2008年、専門学校を卒業後、ジョンソーイ入社。企画生産として、伊藤のアシスタントを務めます。

2015年からメンズ部門デザイナーに就任。

伊藤氏がデザイナーを退いたことで、2019年春夏からメンズ、レディースのデザイナーとしてブランドを牽引しています。

まとめ

東京という大都市の空気感とカルチャーを反映したデザインをリアルクローズスタイルに落とし込む東京ブランドのソーイ。

所謂ラグジュアリーストリートではない、モダンなストリートモードを得意とするブランドは、デザイナーの交代により、今までとは違う表情を見せ始めたように感じます。

パリコレデビューを飾ったことで世界からも注目を集めるようになったソーイから今後も目が離せません。

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。