SOPHNET.(ソフネット)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
SOPHNET.(ソフネット)は都会的な雰囲気が漂うブランドですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
仰る通りです!アーバンなデイリースタイルに最適ですね!

「洗練された日常着」をコンセプトにスタートさせたブランドでミニマルですが、素材やディティールに強いこだわりを感じられる点もソフネットのワードローブの大きな特徴です。

今ではソフネットのアイコニックファブリックの備長炭の素材を始めてアパレルで扱ったブランドとも言われています。

ソフネットのウェアを着ている方は本当にセンスがいい方が多いですよね!

読者
かなり気になるのでSOPHNET.(ソフネット)について詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

スタイリッシュで機能的なリアルクローズウェアを展開するSOPHNET.(ソフネット)。

都会的でミニマルなソフネットのワードローブは都会で暮らすハイクラスなファッショ二スタのデイリーウェアとしても人気。

今回は、SOPHNET.(ソフネット)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーをご紹介いたします。

公式HP(https://www.soph.net/shop/default.aspx

SOPHNET.(ソフネット)とは

1998年創立の日本のファッションブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOPH.co.,ltd.さん(@soph_co_ltd)がシェアした投稿

清永浩文氏により1998年に設立された日本のファッションブランド。

洗練された日常着」をコンセプトに掲げるブランドで、ミニマルで都会的なワードローブを中心。

ミニマルですが素材やディティールに強いこだわりを感じさせるコレクションを展開しており、都会で生活するセレブのリアルクローズとしても人気です。

創立当初はブランド名をソフとしていましたが、2002年以降はソフネットに改名しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOPH.co.,ltd.さん(@soph_co_ltd)がシェアした投稿

読者
現在はソフではなくソフネットなのですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうです!ブランド名がソフネットで会社名がソフですね!

2008年uniform experiment(ユニフォームエクスペリメント)をスタート

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOPH.co.,ltd.さん(@soph_co_ltd)がシェアした投稿

2008年に藤原ヒロシ氏とユニフォームエクスペリメントをスタート。

ビジネスウェアの再構築」をテーマにローンチされたラインで、ハイテク素材を使用した実験的なマテリアルを使用することでも有名です。

基本的にはソフネット同様にミニマルなリアルクローズが中心。ソフネットよりもビジネスシーンに適したリアルクロージングを発信し続けています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOPH.co.,ltd.さん(@soph_co_ltd)がシェアした投稿

読者
ユニフォームエクスペリメントはソフネットのハイエンドラインのイメージがあるのですが・・・。
ジーマ@ファッションブロガー
確かにソフネットよりは金額設定が上ですね!

ソフネットがカジュアルウェアを中心としたリアルクローズで、ソフネットがビジネススタイルに溶け込むリアルクローズラインと言ったイメージですね!

通勤はスポーツ」というテーマを掲げ、シワになりにくい素材を使用したセットアップは当時大きな話題となりましたよ!

今は、スーツスタイル以外にも、ミリタリーアイテムも数多く展開しています。藤原ヒロシ氏との共同ブランドという事もあり、ソフネットよりもコアなアイテムが多い点もユニフォームエクスペリメントの大きな特徴です。

2018年SOPH.20をスタート

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOPH.co.,ltd.さん(@soph_co_ltd)がシェアした投稿

ソフ創立20周年を記念して1年間限定ブランドであるソフ20をオンラインストアでスタート。

ロゴアイテムを中心に著名人やブランドとのコラボレーションアイテムも展開しています。

SOPHNET.(ソフネット)の評判・特徴・イメージ

読者
SOPHNET.(ソフネット)の評判・特徴・イメージについて教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

ソフネットは都会的でミニマルなリアルクロージングを展開するブランドです。

ナンバーナインと近い1990年代後半に創立されたことも関係し、「第2次裏原ブランド」と称されたこともあります。

ロックスタイルを色濃く反映したナンバーナインと、ミニマルなリアルクロージング中心のソフネットでは系統が異なりますが、この二つのブランドが所謂「東京ブランド」のステータスを高めたことは間違いありません。

上質な素材を使用し、ややゆとりのあるシルエットを得意とするソフネットのワードローブは着心地が良いことでも有名です。素材や縫製に並々ならるこだわりを持つブランドとして高い評価を獲得しています。

上品なリアルクローズが得意な為「日本のPRADA」と称されたこともありますよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOPH.co.,ltd.さん(@soph_co_ltd)がシェアした投稿

30代40代の都会で生きるアッパークラスのリアルクロージングとして高い人気を博すソフネット。

シンプルですがアーバンでこだわりの詰まったワードローブは、ファッション関係者にも多くのファンを持ちます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOPH.co.,ltd.さん(@soph_co_ltd)がシェアした投稿

様々なブランドや企業とのコラボレーションもソフネットの魅力で、カナダグースとのコラボレーションダウンジャケットは大きな話題となりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOPH.co.,ltd.さん(@soph_co_ltd)がシェアした投稿

不定期で行われるリメイクアーティストのドクター・ロマネリとのコラボレーションアイテムはプレミア価格で取引されることでも有名です。

SOPHNET.(ソフネット)のデザイナー

清永浩文

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kiuchi_yosukeがシェアした投稿

1967年生まれの大分県出身のファッションデザイナー。

アーペーセーの店長として7年間勤務した後、1998年にソフを設立。

ブランド名のソフは「洗練された(SOPHISTICATED)」という意味。

「自分のスタイルを広めたいというよりは、お金のためだった」とソフネットをローンチした理由について後のインタビューで公言しています。

まとめ

都会的でミニマルなワードローブが常に揃うソフネット。

シンプルですがこだわりを感じる素材やディティールでこれまで多くのファッショニスタを夢中にしてきました。

ソフネットはセンスのいい大人の男性に最適なブランドであることは疑う余地もありません。

20年以上日本のファッション界をリードし続けるハイエンドなリアルクローズブランドの新たな展開にも期待が高まります。

最新情報をチェックしよう!
>「男性にもハイブランドを」

「男性にもハイブランドを」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。