【メンズ】TOM FORD(トム フォード)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
TOM FORD(トム フォード)はどんなブランドですか?
ジーマ@ファッションブロガー
TOM FORD(トム フォード)はニューヨークのラグジュアリーブランドです。特にメンズドレススタイルに定評のあるブランドですね!
読者
TOM FORD(トム フォード)はニューヨークのブランドなのですか?イタリアブランドだと思ってました!
ジーマ@ファッションブロガー
GUCCIのイメージが強いからですよね!そんなんです!ニューヨークのブランドなんです!その影響でハリウッドセレブにも愛用者が多いですね!
読者
かなり興味がわいてきました!TOM FORD(トム フォード)について詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

ハリウッドセレブを顧客に持つニューヨーク発のラグジュアリーブランドのTOM FORD(トム フォード)。

TOM FORD(トム フォード)はファッション界のスーパースターとしても知られる、トムフォードのシグネチャーブランドです。

メンズのドレスアイテムからスタートしたトムフォードでしたが、現在はレディースウェアやアクセサリーも展開するトータルラグジュアリーブランドへと成長。

今回は、インターナショナルなラグジュアリーブランドとしても知られるTOM FORD(トム フォード)に迫ります。

公式サイト(https://www.tomford.com/

TOM FORD(トム フォード)とは?

2005年設立のファッションブランド

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

TOM FORD(トム フォード)はグッチ、イヴサンローランリヴゴーシュのクリエイティブ・ディレクターとして活躍したトムフォードのシグネチャーブランドです。

2004年にグッチグループを去ったトムフォードが、ドメニコ・デソーレと共に2005年にトムフォード社を設立、2006年にエルメネジルド・ゼニアと提携を結び本格的にブランドがスタートします。

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

読者
トムフォードと共同で会社を立ち上げた、 ドメニコ・デソーレとは誰ですか?
ジーマ@ファッションブロガー
トムフォードと共にGUCCIグループを再建した人物です。ドメニコ・デソーレはCEOとしてGUCCIの再建に尽力をしました。
読者
エルメネジルド・ゼニアと提携とはどういうことですか?
ジーマ@ファッションブロガー
トムフォードの初期のスーツはゼニアの工場で生産されています。つまり、ゼニア製のスーツだったという事です!世界でもトップレベルの技術を持つゼニアの工場で仕立てられたトムフォードのスーツがラグジュアリーであると当然ですねよ!
読者
セレブ御用達ブランドですよね!ゼニアは!
ジーマ@ファッションブロガー
その通りです!ゼニアの工場でスーツを仕立てていた関係でトムフォードにイタリアブランドのイメージがあるのかもしれませんね!

メンズのドレスウェアのイメージの強いトムフォードですが、レディースドレスもセレブを中心に高い評価を獲得しています。

スーツを中心としたフォーマルスタイルを得意とするトムフォードですが、デイリースタイルにも最適なカジュアルウェアも展開しています。

上質なレザーを使用したバイカーズジャケットやボンバージャケットは毎シーズンリリースされる人気アイテムです。

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

読者
カジュアルウェアの展開もあるんですね!
ジーマ@ファッションブロガー
トムフォードはドレススタイルとカジュアルスタイルのミックスも得意なデザイナーです。特にレザーウェアに関してもGUCCI時代からも高い評価を得ていました。トムフォードのレザージャケットはタフで男っぽいアイテムが多いですよ!

2008年「007/慰めの報酬」の衣装提供

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

2008年にジェームスボンドが着用する所謂「ボンドスーツ」のデザインをトムフォードが手掛けます。

これによりトムフォードの知名度は飛躍的に浸透します。

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

読者
007シリーズでトムフォードのスーツが使われたのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!そうです!身に着けるものすべてが一流品であることでも有名なジェームスボンドのスーツを手掛けるという事は、ラグジュアリーブランドにとってはかなりの名誉ですね!

2009年デニムラインをスタート

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

2009年からデニムラインをローンチさせます。

使用されるデニム地はすべて日本製にプレミアムデニム素材というこだわりがトムフォードらしい。

2011年春夏レディースコレクションをスタート

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

2011年春夏からレディースラインをスタート。現在もランウェイよるコレクションを展開しています。

メンズウェア同様にラグジュアリーなドレスラインが中心で、オートクチュールを髣髴とさせる美しいラインのドレスはトムフォードのアイコニック

メンズライクなテーラードスーツの評価も高い。

TOM FORD(トム フォード)のウェアの特徴は?

ラグジュアリーでシック

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

ワードローブは「タフでセクシーであるべき」というトムフォードのマインドを、そのままブランドコンセプトに掲げるトムフォード。

トムフォードのワードローブはラグジュアリーでありながらシックである点が最大の特徴です。

モダンでセクシーなスーツもタフでラグジュアリーなバイカーズジャケットも基本的にはオーセンティックなデザイン。

アヴァンギャルドなデザインよりもパターンやカッティング、素材を重視したワードローブを中心に展開するブランドであるトムフォードは、富裕層のトータルウェアブランドとも称されています。

モダンとクラシカルの融合

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

モダンでありながらクラシカルな雰囲気を醸すトムフォードのワードローブ

ニューヨークのラグジュアリーブランドらしく洗練されたアイテムが中心のトムフォードですが、どこか懐かしく感じる部分を残しています。

ドラマティックでアーティスティックなウェアの中に感じるノスタルジーな部分が、よりトムフォードのウェアを魅力的に見せているように感じます。

Men's High Collection(メンズハイコレクション)

評判・イメージ

読者
トムフォードの評判やイメージはどうなんですか?
ジーマ@ファッションブロガー
一言でいうと、ダンディーな大人のためのブランドです。

トムフォードはメガネが非常に有名なので、このブランド名を聞いたことがあるという人も多いでしょう。

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

このTの部分のフレームが、特徴的で、評判もすこぶるいいですね。

ブランドイメージはとにかく大人のブランドと思ってもらえればいいです。
流行を追ったような派手なデザインが多いわけではなく、ダンディーな大人の男をイメージするデザインが多いです。
バーバリーなどに飽き、少し他の人と被らないようなブランドが欲しいという方には、非常に評判が良いです。
ぜひ、30代を超えたあたりからはトムフォードのコレクションを身につけてはいかがでしょうか?

まとめ

2000年以降に誕生した唯一の正統派ラグジュアリーブランドとも称されるトムフォード。

ファッション界のスーパースターであり、絶対的インフルエンサーのトムフォードが手掛けるワードローブはラグジュアリーでセクシー。

しかし、奇をてらったデザインはほとんどありません。

トムフォードのワードローブに触れると、仕立てやパターンそして素材にこだわることこそ程、真のラグジュアリーブランドの在り方のように感じます。

 

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。