Ray-Ban(レイバン)の評判・特徴・イメージ・歴史を紹介!

読者
暑すぎてTシャツにデニムばっかりですよ!Tシャツにデニムのスタイルの嫌いではないのですが、ちょっと飽きますよね!

少し着こなしにエッジを効かせたいのですが何かありますか?

ジーマ@ファッションブロガー
確かに夏コーデはシンプルになりがちです!

ラグストがトレンドの現在はTシャツ&デニムやショートパンツでそれなりの着こなしは完成しますが、おしゃれな方にとってはもの足りなくも感じますよね!

やはり夏らしい小物をプラスすることでエッジの効いたコーデを簡単に作ることができますよ!

読者
Tシャツ&デニムスタイルに小物をプラスですか!なるほど!やはりおしゃれコーデには小物は必要不可欠なんですね!

でも毎回小物を変えるのも面倒で・・・。さらに実用性のあるものだとより助かります!

ジーマ@ファッションブロガー
それならサングラスがおすすめですよ!

夏に最適なアイテムですし、やはりトレンドのロックスタイルを感じますよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Ban Wayfarer: passionate to​ the core, since 1952. ​ Discover more on ​ ray-ban.com​ #ProudToBelong​

Ray-Banさん(@rayban)がシェアした投稿 –

読者
サングラスはいいですね!実用的ですし毎回同じでも問題なさそうですもんね!おすすめのブランドはありますか?
ジーマ@ファッションブロガー
やはりサングラスと言えばRay-Ban(レイバン)ですね!

ファッショニスタは勿論、世界中のセレブ御用達ブランドです!1本はあった方がいいのではないでしょうか?

読者
なるほど!実はずっとレイバンのサングラスは気になっていたので詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

世界で最も有名なサングラスと言えばやはりRay-Ban(レイバン)ではないでしょうか?

アメリカを代表するサングラスブランドで、アメリカ空軍のパイロットからハリウッドセレブまで様々な人々から愛されています。

ファッショニスタやロックスター御用達のサングラスブランドとしても知られており、アイコニックな「ウェイファーラー」はロックのアイコンとしても定着。

今回は、Ray-Ban(レイバン)の評判・特徴・イメージ・歴史をご紹介させていただきます。

Ray-Ban(レイバン)とは

1937年創立のサングラスブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Banさん(@rayban)がシェアした投稿

アメリカのレンズメーカーであるボシュロム社がアメリカ空軍の依頼を受け、サングラスを生産したことが始まり。

光学的に眼を守らなければ、サングラスとは呼べない」をブランドコンセプトに掲げ設立。

30年には紫外線、赤外線をカットするレイバングリーンを発表。

これがレイバンが発表した初めてのサングラスです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Banさん(@rayban)がシェアした投稿

アメリカ陸軍航空隊のジョン・マクレディ中尉は飛行中の高空域における強烈な太陽光を遮断できるパイロット用のサングラスの制作を依頼します。

試行錯誤の末誕生したサングラスがティアドロップサングラスの元祖とも称されるアビエーター・モデルでした。

現在もレイバンのアビエーター・モデルは世界中のパイロットが愛用しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Banさん(@rayban)がシェアした投稿

読者
アメリカ空軍御用達のサングラスブランドだとは知っていたのですが、アメリカ空軍の依頼を受けてブランドが誕生したとは思いませんでしたよ!
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんですよ!ジョン・マクレディ中尉からの依頼がなければ、レイバンは誕生していなかったかもしれませんよね!

1952年ウェイファーラーが誕生

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Banさん(@rayban)がシェアした投稿

1950年代に入るとサングラスは一般的に定着し、レイバンのサングラスはアメリカのライフスタイルを象徴するアイテムとなります。

1952年に誕生したレイバンのアイコニックモデルであるウェイファーラーは映画の小道具としても使われ、若者を中心に爆発的人気を博します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Banさん(@rayban)がシェアした投稿

ジェームズディーンや「ティファニーで朝食を」ではオードリー・ヘップバーンが着用した事も爆発的ブームとなった要因。

さらに80年代にはトム・クルーズが「卒業白書」でウェイファーラーを着用すると、コピー品が出回るほどの人気を博します。

ハリウッドスター以外にも、ボブディランやマドンナもウェイファーラーを着用した事で、「ロックスター=ウェイファーラー」のイメージが定着。

現在も数多くのロックミュージシャンに愛用されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Banさん(@rayban)がシェアした投稿

読者
ハリウッドセレブの着用率も高いですよね!やっぱりノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランのイメージですよね!
ジーマ@ファッションブロガー
ロックスターのイメージはありますよね!

ボブディラン=ウェイファーラー」と言っても過言ではないですよね!それにウェイファーラーはアジアフィットモデルもリリースされているので日本人にも似合いますよ!

1999年ルックスオティカグループが買収

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Banさん(@rayban)がシェアした投稿

イタリアのルックスオティカグループにより買収され現在はイタリアで生産されています。

アイコニックモデルでありアビエーターやウェイファーラーも現在はイタリアメイド、その為アメリカ製のレイバンはコレクターの間でプレミア価格で販売されています。

Ray-Ban(レイバン)の評判・特徴・イメージ

読者
Ray-Ban(レイバン)の評判・特徴・イメージを教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

レイバンと言えば最も有名なサングラスブランドで、「キング・オブ・サングラス」とも呼ばれています!

スタイリッシュなデザインは勿論ですが、機能的にも優れている為、レイバンのサングラスは世界中の人々に愛されています。

特にアメリカでは大統領から子供までレイバンのサングラスを愛用していますよ!

一般的にサングラスを普及させたのは間違いなくレイバンです!現在はイタリアメイドですが、スタイリッシュなデザインと機能性はアメリカ製以上ともいわれていますよ!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ray-Banさん(@rayban)がシェアした投稿

大統領にロックスター、そしてハリウッドセレブも愛用する「キング・オブ・サングラス」であるレイバン。

日本でも最も有名なサングラスブランドと言っても過言ではありません。

サングラス=ロックスタイル」を浸透させたのは間違いなくレイバンです。

クラシカルなデザインと絶対的な信頼感がレイバンの最も大きな魅力であり特徴。

人気モデルのアビエーターもウェイファーラーも2万円台から購入可能です。

日本人に最適なアジアンフィットがおすすめ。

まとめ

夏に最適な小物であるサングラス。

そしてサングラスの王者と言えば間違いなくレイバン。

世界で最も有名なサングラスブランドであるレイバンのサングラスは色褪せる事のないアイコニックピースです。

サングラスの購入をお考えならまずはレイバンのショップを覗いてみてはいかがでしょうか?

一度レイバンのサングラスを掛ければ、どうしてここまで愛され続けているかの理由が分かるはずです。

最新情報をチェックしよう!
>「男性にもハイブランドを」

「男性にもハイブランドを」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。