流行のメンズビジネスバッグを種類・素材別にまとめてみた【リュック・ブリーフ・トート・アタッシュ】

The following two tabs change content below.

ジーマ@会社を2社経営

「Men's High Collection」編集長。 会社は2社経営していて、月収は7桁。 職業はファッションコンサルタント&ファッションブロガー。 月額10万円で経営者向けに服の着こなしのアドバイスをしています。 「ハイブランドは人生を変える」がモットー。
読者
ビジネスバッグって結構色んな種類がありますよね。
一体、どんな種類のカバンを持てばいいんでしょうか?
ジーマ@ファッションブロガー
ブリーフケース・リュック・トートバッグなどたくさん種類がありますね。
今回の記事では、おしゃれに敏感な男性にオススメのビジネスバッグを種類別に紹介しましょう!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

みなさん!
ビジネスシーンにはどんなビジネスバッグを使用していますか?
最近、ビジネスマンが様々な種類のビジネスバッグを持つようになってきましたね。
昔の日本人サラリーマンがクラシックスーツ1択であったのに、時代の流れで上下違う色のジャケパンスタイルやセットアップなどを着るようになったのと同じ流れがビジネスバッグにもやってきました。
昔はブリーフケース一択のビジネスバッグが、リュックやトートなんかのおしゃれバッグを持つことが当たり前になってきたのです。

でも、実際、どんなカバンを持つのがおしゃれなの?と悩まれているビジネスマンの多いこと。

「スーツにリュックって変じゃ無い?」
「スーツとトートバッグって安っぽく見えない?」
「ブリーフケースはおっさんくさい?」

上記のような悩みを持たれているビジネスマンは非常に多いのです!!

今回の記事では、普段からスーツを着用して仕事もしているファッションブロガーである私から、ビジネスマンに本当にオススメしたいイケてるビジネスバッグを紹介していきます!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

ブリーフケースはどんなスーツにも合う!

まず、昔ながらのビジネスバッグといえば、上記の画像のようなビジネスバッグが思い浮かぶ方も多いでしょう。
きちんと伝えておきたいのは、ブリーフケースのビジネスバッグはどんなスーツスタイルにも合うということ!
クラシックな上下同じ素材・色のスーツにも、おしゃれなジャケパンスタイルにもブリースケースは格好良く馴染みます。
なので、とにかくどんなスーツにも合うビジネスバッグが欲しいという方には、間違いなくオススメできるのはブリーフケースです。

ただ、ブリーフケースと一言でいっても、実は様々なタイプのものがあります。
素材によって大きく雰囲気が変わりますので、今回の記事では素材別にオススメを紹介しましょう。

牛革素材

ブリーフケースの王道
牛革素材のブリーフケースは他のカバンには出せない高級感を漂わすことができます。
スーツ姿のビジネスマンにとっては、牛革素材はどんなスタイルにも合ってきますので、一つは必ず持っておいた方が良いバッグと言えるでしょう。
デメリットとしては、外的ダメージに弱く、傷や汚れの手入れが必須なところですね。

 

View this post on Instagram

 

M’z Fitnessさん(@mz_leather_film)がシェアした投稿

ナイロン素材

多くのビジネスマンに愛用されているナイロン生地のブリースケース。
ナイロン素材は吸湿性が低く早く乾き、雨に強いのが特徴です。
伸び縮みしたり、形くずれすることがほぼないので、ずっと綺麗な形のバッグのまま長年使用することができます。
デメリットは高級感があまり出しにくいことですね。
せっかく高級スーツを着ているのに、ナイロンのバッグだと台無しにもなりかねません。

 

View this post on Instagram

 

SAMSONITEさん(@mysamsonite)がシェアした投稿

合成皮革素材

サラリーマンに大人気!
サラリーマンが持っている革素材のブリーフケースの大半は、合皮の素材でできています。
合皮の素材を使用することで、安価なお値段で革バッグを購入できますし、牛革と比べても雨に強いので使い勝手が非常に良いです。
そして、パッとみたら牛革のようにも見えるので、スーツの雰囲気にはよく合います。
しかし、牛革のような高級感は出せませんし相手に安っぽい印象を与えるのは間違いありません。
なので、大人の男性が合皮のバッグを使用していると、お金に困っているのかな?と思われても仕方ありませんね。
20代以下のお金に困っている方ならば買っても良いでしょうが、それ以外の方にはオススメしません。

トートバッグ

 

トートバッグをビジネスシーンで使用することが、2010年代から日本で流行しています。
トートバッグは、ビジネスシーンとオフシーンどっちでも馴染みますし、大量にものが入ることから実用性は非常に高いバッグです。
1つ持つことで、毎日使うことができるのが人気の要因です。

ブリーフケースと比べるとカジュアルな印象を与えますので、お堅い職場の場合はトートバッグが合わない場合もあります。
なので、職場によってはトートバッグで職場へ行くのは気をつけた方がいいかもしれませんね!
また、素材によって印象を大きく変えますので、素材別に紹介しましょう!

牛革素材

牛革のトートバッグはスーツに非常にマッチします。
高級感も出しつつも、少し全体の印象としてカジュアルな雰囲気を出すこともできます。
若いおしゃれなビジネスマンに人気なのは、この牛革素材のトートバッグでしょう。
トートバッグをあまり好まない職場でも、牛革のトートバッグならば許されるというのをよく聞きますね。

 

View this post on Instagram

 

TUMIさん(@tumitravel)がシェアした投稿

キャンパス素材

トートバッグとしては王道のキャンパス素材を用いたバッグも若者には人気です。
値段も安価ですし、他のビジネスマンとは全く違う雰囲気に仕上がります。
オフィスカジュアルを採用している職場ならば、間違いなく持っておきたいバッグの一つですね!
ただ、キャンパス生地のトートバッグは、上下同じ色のスーツなどには全く似合いませんから、そこは気をつけた方がいいでしょう。
ジャケパンスタイルか私服の服装で仕事をする方にのみオススメです。

ナイロン素材

ナイロン素材のトートバッグはPORTERブランドでたまに見かけますね。
キャンパス生地のバッグのように安価なので、若者が買いやすいようです。
ただ、学生が持つカバンのようで、大人のビジネスマンにはオススメはしません。
ナイロン生地が雨などの水に強いので、パソコンなどを持ち運ぶときくらいは重宝するかもしれませんね。

 

View this post on Instagram

 

PORTER YOSHIDA & CO.,LTDさん(@yoshidakaban.official)がシェアした投稿

リュック

リュックサックタイプのビジネスバッグは近年非常に人気ですね!
都会で働くビジネスマンには自転車通勤の方も多いので、バッグはリュック以外の選択肢はありえないという方もいらっしゃいます。
外見的にも、トートバッグと並んで人気のスタイルとなっています。
また、重たい荷物を持ち歩く方にとっては、背中で持つことができるようになるためかなり楽に移動できるようになるのも人気の要因です。

そして、リュックの機能を持ちつつも、ブリーフケースのように使用できる2way形式のものや、肩から斜めがけできるショルダーにもなる形式のものが人気です。
むしろ、リュックのみの機能を持つバッグの方がビジネスシーンではあまり見ないくらいですね。
できれば、2way形式以上のものを選ぶようにしましょう。
リュックも素材によって印象は変わります。
素材別に紹介しましょう。

本革素材

ビジネススーツでリュックを背負うとかなりカジュアルになりすぎるので、高級感のある本革素材のものが人気です。
2010年以前は、スーツにリュックなんてありえないという考えが一般的です。
そもそも「リュック」=「子供っぽい」という印象を持つ大人が多いのも事実です。
なので、せめて牛革の素材のものを使用することが、ビジネスシーンでは無難とも言えるでしょう。
ただ、上下同じ色のスーツにも合いますし、ジャケパンスタイルにも牛革のリュックはマッチします。
高級感を醸し出しつつ、おしゃれに決めたいビジネスマンには最もオススメしたいバッグですね!

ナイロン素材

ナイロン素材のリュックはビジネスシーンでも使い勝手良しです。
ナイロン素材は雨などの水を弾き、形も崩れにくいです。
牛革と比べて非常に手入れの手間がないので重宝するバッグの一つです。

しかし、ナイロン生地はかなりカジュアルな印象を与えますので、どんなスーツスタイルにも合うわけではありません。
ただ、ラグジュアリーブランドでナイロン生地のリュックが流行っていることもあり、ナイロン素材のリュックは徐々に流行りつつありますね。
カジュアルなスーツスタイルにはマッチするので、カジュアルな雰囲気を与えたいビジネスマンはぜひ持っていただきたいですね!

 

View this post on Instagram

 

TUMIさん(@tumitravel)がシェアした投稿

アタッシュケース

とにかく頑丈さが売りのアタッシュケース!
大金を持ち歩くときに使われるイメージが強いですが、普段のビジネスシーンで使用される人も少なくありません。
アタッシュケースはビジネススーツにもよく合いますし、相手に強い印象を与えます。
他の人と被りにくいので、個性を出したいビジネスマンには人気ですね。
特に、重要な書類を運ぶ職業である金融業界のビジネスマンや、お金をたくさん儲けている社長なんかに好まれていますね。
もしあなたが、重要な書類を持ち運ぶような業務ではなく、パソコンだけを持ち歩くようなことが多いのならば、アタッシュケースはやめておいたほうが無難かもしれませんね!
アタッシュケースも素材によって少し印象が変わりますので、ご紹介しましょう。

金属素材

アタッシュケースでイメージのしやすい金属素材は最もオーソドックスな素材でしょう。
防犯機能に優れ、形状変化もなく手入れもあまり必要ありません。
お金もたくさん持っていそうなイメージを与え、仕事が出来るビジネスマンに見えることは間違いありません。
ただあまり安っぽいものを持ちすぎると、工具を持ち歩くバッグだと思われますから、きちんと数万円以上のものを買うようにしましょうね!

 

View this post on Instagram

 

RIMOWAさん(@rimowa)がシェアした投稿

牛革素材

牛革素材のアタッシュケースはかなりの高級感を出します。
重要書類を持ち出し、機密情報を持ち歩き、なおかつお金持ちに見られることで得をする方にはぜひオススメしたいビジネスバッグです。
スーツには非常に合いますし、高級スーツなんかにはベストマッチのバッグです。

ショルダー

 

View this post on Instagram

 

men_cornershops.さん(@men_cornershops)がシェアした投稿


一味違ったバッグを持ちたいという方にオススメしたいショルダーのビジネスバッグ!
多くの方にとっては馴染みがないので、着こなせば他の人と差をつけられること間違いなしです。
ただ、ブリーフケースタイプのバッグに肩からかける紐をつけたタイプのショルダーバッグはどこにでもありますね。
下記には、ショルダーバッグのみの機能を持つビジネスバッグを紹介します!

牛革

ショルダータイプでオススメしたいのは牛革ですね!
ショルダーは通常ビジネスシーンで使うことのないものです。
なので、ビジネスシーンに馴染みやすい牛革素材を合わせるのが良いでしょう。
牛革素材だと、ショルダーでもスーツにきちんと馴染みます!

 

View this post on Instagram

 

Ermenegildo Zegnaさん(@zegnaofficial)がシェアした投稿

ナイロン素材

非常にカジュアルな職場でないとなかなか理解されないでしょうが、ナイロン素材のショルダーバッグも格好いいですね。
コートエシエルのような無地で丈夫なものがオススメです。

 

View this post on Instagram

 

côte&cielさん(@coteetciel)がシェアした投稿

まとめ

いかがだったでしょうか?

現在、どんなビジネスバッグが流行しているんだろう?と疑問に思っている方からすれば、参考になる内容であったと思います。
ビジネスバッグはあなたのビジネスシーンを華やかに彩る大切なものです。
時には、あなたのその美しいバッグがあなたに良い雰囲気を与え、あなたの商談を良い方向に導くこともあるでしょう。

ぜひ、一度、自分にあったビジネスバッグを手に入れて見てください。
きっと、後悔はしませんから。

 

ハイブランドの購入におすすめサイトランキング!

ハイブランド一覧

ABOUTこの記事をかいた人

「Men's High Collection」編集長。 会社は2社経営していて、月収は7桁。 職業はファッションコンサルタント&ファッションブロガー。 月額10万円で経営者向けに服の着こなしのアドバイスをしています。 「ハイブランドは人生を変える」がモットー。