Paul Smith(ポールスミス)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
Paul Smith(ポールスミス)が女子ウケナンバーワンブランドと聞いたのですが本当ですか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!仰る通りです!弊サイトのアンケートでポールスミスが好きな女子が多いことが判明しました!リアルな女子の反応がわかるので是非ランキングサイトもご覧ください!
読者
でもポールスミスにはスーツ以外には時計や小物のイメージしかないのですが・・・。
ジーマ@ファッションブロガー
確かに!日本ではポールスミスと言ったら時計や小物をイメージする人も多いですよね!しかしポールスミスは毎シーズン精力的にコレクションを行っているのですよ!
読者
ポールスミスも、コレクションブランドだったのですか?知らなかったです!詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

日本での馴染み深いイギリスブランドのPaul Smith(ポールスミス)。

ポールスミスといえば時計や財布などのレザーグッズのイメージする方が多いのではないでしょうか?

しかし、ポールスミスはパリコレにも参加する老舗コレクションブランドです。

今回は、Paul Smith(ポールスミス)の歴史・歴代デザイナー・イメージ・評判をご紹介させていただきます。

公式サイト(https://www.paulsmith.co.jp/shop/

Paul Smith(ポールスミス)とは?

1970年ノッティンガムにショップをオープン

 

View this post on Instagram

 

Paul Smithさん(@paulsmithdesign)がシェアした投稿

1970年ポールスミスがノッティンガムにショップをオープンさせたことが始まりです。

当初は、ケンゾーやマーガレットハウエル等を扱うセレクトショップでした。

 

View this post on Instagram

 

Paul Smithさん(@paulsmithdesign)がシェアした投稿

読者
ポールスミスはセレクトショップだったのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
正確にはオリジナルブランドとしてポールスミスをスタートさせたといった方が正しいですね!
1970年だ半ばごろからオリジナルのシャツやネクタイを販売したことがポールスミスブランドの始まりです。

1976年パリ・コレクションに初参加

 

View this post on Instagram

 

Paul Smithさん(@paulsmithdesign)がシェアした投稿

シャツやネクタイなどのオリジナルアイテムが評判になったポールスミスは、本格的にメンズウェアの制作を開始。

1976年にはパリコレクションデビューを飾ります。

1979年ロンドンのコヴェント・ガーデンにショップをオープン

 

View this post on Instagram

 

Paul Smithさん(@paulsmithdesign)がシェアした投稿

パリコレデビューを果たし飛ぶ鳥を落とす勢いのポールスミスは、ロンドンのコヴェント・ガーデンにショップをショップをオープンさせます。

1984年には南青山に直営店をオープン。それ以降も店舗を拡大、現在では百貨店でもお馴染みのブランドとなっています。

1993年ポールスミスウィメンを発表

 

View this post on Instagram

 

Paul Smithさん(@paulsmithdesign)がシェアした投稿

ポールスミスのレディースラインである「ポールスミスウィメン」を発表。

現在もパリでコレクションを行っています。

読者
レディースラインもあるんですね!知らなかったです!
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんです!ポールスミスをメンズブランドだと思っている方も意外と多いですね!20年以上レディースラインもパリコレに参加していますよ!

1998年ウエストボーンハウスをオープン

 

View this post on Instagram

 

Rosa Tangさん(@rosamaytang)がシェアした投稿

ウエストボーンハウスとはポールスミスのビスポークスーツ専門店。

高級住宅街としても知られるノッティングヒルに1998年にオープンしました。

ビスポークスーツ専門店はポールスミスの長年の夢だったそうです。

2015年クリエイティブ・ディレクターにサイモン・ホームズが就任

 

View this post on Instagram

 

Paul Smithさん(@paulsmithdesign)がシェアした投稿

2015年ポールスミス初のクリエイティブディレクターとしてサイモン・ホームズが任命されました。

現在はサイモン・ホームズが中心となりブランドを牽引しています。

しかし、創立者のポールスミスもブランドには関わっており引退の予定はないとのことです。

Paul Smith(ポールスミス)の歴代デザイナー

ポールスミス

 

View this post on Instagram

 

Paul Smithさん(@paulsmithdesign)がシェアした投稿

1945年イギリス、ノッティンガム出身のファッションデザイナー。

自転車競技のレーサーを目指15歳で学校を自主退学したポールスミスは、不慮の事故によりレーサーへの道を断念。

勤め先のパブでアートスクールの学生と親しくなりファッションに興味を持ち出します。

この時期に知り合ったのが、当時ロイヤルカレッジテキスタイルの教師をしていたボーリーン・デニア。

ボーリーン・デニアは現在のポールスミスの妻。

1991年に英国産業デザイナー賞を受賞。1994年にエリザベス2世から大英帝国勲章を叙勲されるます。

2000年エリザベス女王からサーの敬称で呼ばれるナイトのに叙勲されました。

現在もイギリスを代表する重鎮デザイナー。

サイモン・ホームズ

 

View this post on Instagram

 

Paul Smithさん(@paulsmithdesign)がシェアした投稿

2004年にポール・スミス社。

直近ではメンズのデザインチーム牽引。

2015年ポールスミス初のクリエイティブディレクターに就任。

Paul Smith(ポールスミス)のイメージ・評判

読者
Paul Smith(ポールスミス)のイメージ・評判について簡単に教えていただけますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!
ポールスミスは日本で最も有名なイギリスブランドの一つです。時計や小物のは20代から30代のファッショニスタの間で評判です。40代50代の大人からも高い評価を得るブランドで、クラシカルな中にも遊び心を感じさせるワードローブはビジネスパーソンからも人気です!

 

View this post on Instagram

 

Paul Smithさん(@paulsmithdesign)がシェアした投稿

クラシカルで上質なスーツから、カジュアルな小物まで幅広いアイテムを扱うポールスミス。

ポールスミスは幅広い世代から人気の高いブランドであるといえます。

コレクションラインのハイエンドなモノからデイリーに使えるカジュアルなワードローブまで、全てのアイテムに遊び心を感じる点もポールスミスの大きな特徴です。

まとめ

40年以上の歴史を誇るイギリスブランドのPaul Smith(ポールスミス)。

2015年に初めてクリエイティブディレクターを起用したことでポールスミスがさらに進化することは確実です。

日本では女子ウケ抜群のポールスミスですが、進化する老舗イギリスブランドとしても目が離せません。

 

最新情報をチェックしよう!
>「男性にもハイブランドを」

「男性にもハイブランドを」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。