【メンズ】Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)は大人の男性が着るブランドですか?
ジーマ@ファッションブロガー
確かに大人の男性に人気の高いブランドですね!

スーツ等のドレスアイテムの評価の高いブランドですからね!ですが、20代後半のメンズにも人気は高いですよ!

読者
そうなのですか?50代以上のブランドかと思っていました!
ジーマ@ファッションブロガー
確かに老舗のイタリアブランドですからね!

最近ではスーツを着る機会の多いヤングエグゼクティブの着用も目立ちますよ!

読者
なるほど!Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)について詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

イタリアを代表するラグジュアリーブランドのGiorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)。

ジョルジオ・アルマーニのスーツは成功者の証とも称され、特にアメリカやヨーロッパのエグゼクティブクラスから愛されてきました。

今回は、Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)の歴史・歴代デザイナー・イメージ・評判をご紹介させていただきます。

公式サイト(https://www.armani.com/jp/armanicom

Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)とは?

1975年スタートのイタリアラグジュアリーブランド

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

1975年にスタートしたイタリアのラグジュアリーブランド。

創立者であるデザイナーはジョルジオアルマーニ。

アンコンジャケットが大ヒット

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

1970年代のテーラードジャケットと言えば、肩パットのしっかりとしたクラシカルな英国調のものが主流でした。

しかし、ジョルジオ・アルマーニは、肩パットや芯を取り除いた「アンコンジャケット」と呼ばれるアイテムをリリースします。

軽くソフトでセクシーに見える、ジョルジオ・アルマーニのテーラードジャケットは、アメリカやヨーロッパを中心に大ヒットを記録。

ジョルジオアルマーニは一躍トップブランドとして確固たる地位を築き上げます。

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

読者
当時のトレンドと逆の発想で勝負したのですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!軽い着心地のアンコンジャケットのヒットによりアルマーニはテーラードジャケットの帝王と称されるようになりました。
読者
なるほど!「アンコンジャケット=アルマーニ」と言った感じですね!
ジーマ@ファッションブロガー
確かにアンコンジャケットと言えばアルマーニのイメージが強いですが、実はアルマーニが開発したジャケットではありません。

ナポリの伝統的なバカンスジャケットです。しかし、アルマーニの成功によりアンコンジャケットの注目度が高まったことは間違いありません。

1980年アメリカン・ジゴロでリチャード・ギアの衣装を担当

 

View this post on Instagram

 

Hollywood Suitsさん(@hollywoodsuits)がシェアした投稿

1980年発表の映画「アメリカン・ジゴロ」で主演リチャード・ギアの衣装をジョルジオ・アルマーニが担当します。

これによりジョルジオ・アルマーニはハリウッドでの知名度を飛躍的に浸透させました。

1981年エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)、アルマーニ ジーンズをスタート

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

1981年にアルマーニのセカンドラインであるエンポリオアルマーニとデニムラインであるアルマーニジーンズをスタート。

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

読者
エンポリオアルマーニはカジュアルラインなのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そう考えている方も多いですが実は、「よりビジネスのシーンに対応したスーツを」との依頼をバーニーズニューヨークから受け誕生したラインです。当時はスーツがメインでした。今ではスーツからデニムまで幅広くラインナップしていますよ!

カジュアルラインはアルマーニジーンズですね!しかしアルマーニジーンズは現在は休止しています。

1980年代後半レディースのソフトスーツが大ヒット

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

1980年代に入るとレディースラインをローンチ。1980年代後半には紳士服のつくりを積極的に取り入れた「ソフトスーツ」が大ブレークを果たします。

1991年アルマーニ・エクスチェンジをスタート

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

ストリートカルチャーを色濃く反映したカジュアルラインである、アルマーニ・エクスチェンジをスタート。

ヤングセレブリティを中心に絶大な人気を博します。

2004年アルマーニ ホテル&リゾートの事業

 

View this post on Instagram

 

Ann Jonesさん(@draannjones)がシェアした投稿

アパレルだけに留まらず、アルマーニグループはホテルとリゾート事業をスタートさせます。

2005年ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(ARMANI PRIVE)をスタート

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

2005年にオールクチュールラインであるジョルジオ アルマーニ プリヴェをパリにて発表します。

2017年メイド トゥ メジャーのアンバサダーに西島秀俊が就任

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

2017年スーツをメインとしたオーダーラインであるメイド トゥ メジャーのアンバサダーにアジア人として初めて西島秀俊氏が就任。

絶大な人気を誇る俳優である西島氏のアンバサダー就任は、現在のアルマーニ人気に大きく影響していることは間違いありません。

Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)のデザイナーは?

Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)

 

View this post on Instagram

 

Armaniさん(@armani)がシェアした投稿

ジャンフランコ・フェレ、ジャンニ・ヴェルサーチと共に「ミラノの3G」と称されるジョルジオアルマーニは、1934年イタリア、ピアチェンツァ生まれ。

厳格な家庭で育ち、アルマーニ自身も医師を志し、医学部へ進学。

しかし、徴兵のあと大学を中退、ビジネスの世界へ飛び込みます。

百貨店のバイヤーとしてファッション界のキャリアをスタートさせたアルマーニは、セルッティ社のメンズウェア「ヒットマン」のデザイナーに抜擢。

デザイナーとしてキャリアをスタートさせます。

1970年にフリーのデザイナーとなり、多忙な日々を送る中、ビジネスパートナーであるセルジオ・ガレオッティと共に1975年にジョルジオ・アルマーニを設立。

80歳を過ぎた現在もデザイナーとして精力的に活躍しています。ネイビーのTシャツがトレードマーク。

Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)の評判・イメージ

読者
Giorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)の評判やイメージについて簡単に教えていただけますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

アンコンジャケットでその名を轟かせたブランドであるアルマーニはスーツやテーラードジャケットの評価の高いブランドです。特にエグゼクティブクラスや著名人に愛用者の多いブランドですね!

テーラードジャケットの帝王」と称されるジョルジオアルマーニはテーラードジャケットやスーツの評価が著しく高いブランド。

レディースラインも存在しますが、メンズブランドとしてのイメージが強いブランドです。

ドレスウェア以外にもレザーアイテムやデニムと言ったカジュアルウェアも高評価。20代後半から50代以上の幅広い世代のセレブに愛されています。

まとめ

イタリアを代表するラグジュアリーブランドのGiorgio Armani(ジョルジオ アルマーニ)。

ハリウッドスターやセレブ御用達のイタリアブランドである、ジョルジオ・アルマーニのウェアは成功の象徴でもあります。

ジョルジオ・アルマーニのテーラードジャケットやスーツは、いつになってもメンズの憧れアイテムです。

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。