RICK OWENS(リックオウエンス)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
RICK OWENS(リックオウエンス)が気になるのですがどんなブランドですか?
ジーマ@ファッションブロガー
RICK OWENS(リックオウエンス)は黒を基調とした独特のスタンスを持つブランドです。
読者
確かに独特の雰囲気がありますね!モードブランドなのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
ゴシックモードと称されることが多いですね。20年以上変わらないスタンスを貫くブランドで、スタイリストやファッションエディターと言った玄人好みのブランドです。
読者
気になるのでRICK OWENS(リックオウエンス)にについて詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

20年以上変わらないスタンスを貫く、RICK OWENS(リックオウエンス)。

黒を基調としたウェアは、アーティスティックでありながらアンダーグランドな香りを醸しています。

モードでもストリートでもない唯一無二のウェアを展開するRICK OWENS(リックオウエンス)は、世界中に熱狂的なフォロワーを有します。

今回はゴシックモードのパイオニアであるRICK OWENS(リックオウエンス)についてご紹介いたします。

公式サイト(https://www.rickowens.eu/en/JP

RICK OWENS(リックオウエンス)とは

1997年創立のフランスブランド

 

View this post on Instagram

 

RICK OWENS ONLINEさん(@rickowensonline)がシェアした投稿

RICK OWENSは1997年に設立されたフランスブランドです。

デザイナーであるリックオウエンスのシグネチャーブランドとしてスタートします。

美しいドレープのレディースドレスやレザーウェアが人気のブランドで、アシンメトリーアヴァンギャルドなウェアもブランドの十八番。

黒をベースにグレーやカーキと言ったダークトーンを好んで使用するブランドとしても有名です。

基本的には ミニマルなアイテムがメインですが、すべてのウェアからアンダーグランドな香りが漂うことでも知られています。

読者
ダークトーンが特徴のブランドなのですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!ダークトーンを基準にシーズンによってオレンジや赤などの差し色をアクセントに使うことも多いですね。そしてドレープ使いもRICK OWENSのアイコニックです。

 

View this post on Instagram

 

RICK OWENS ONLINEさん(@rickowensonline)がシェアした投稿

世界的に人気の高いブランドで、著名人に多くの顧客を持つブランドとしても有名。

ケイト・モス、マドンナ、コートニー・ラブ、ナタリー・インブーリア、レニー・クラビッツ、ブラッド・ピット等錚々たるセレブが、RICK OWENSファンを公言しています。

読者
本当にセレブ御用達ブランドですね!
ジーマ@ファッションブロガー
おしゃれセレブには特に人気のあるブランドですね!スタイリストの野口強氏もライダースをよく着用されていますよ!

2002年ニューヨークコレクションデビュー

 

View this post on Instagram

 

RICK OWENS ONLINEさん(@rickowensonline)がシェアした投稿

2002年にニューヨークコレクションでデビューを飾ると、活動の本拠地をパリへ移します。

2004年、パリコレに参加、2005年からメンズラインをスタートさせます。

2006年メンズラインがスタート

 

View this post on Instagram

 

RICK OWENS ONLINEさん(@rickowensonline)がシェアした投稿

2006年からメンズラインも本格的にパリコレに参加、ランウェイ形式のショーを行います。

メンズコレクションを発表した事でさらに人気が高まった、RICK OWENSは、2009年にアジア初となる フラッグシップショップ をオープンさせます。

読者
メンズメインのブランドではないんですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!今ではメンズブランドのイメージが強いですが、レディースからスタートしたブランドです。現在もメンズ、レディース共に展開しています。

2014年アディダス バイ リック・オウエンスを発表

 

View this post on Instagram

 

HIROKIさん(@antonio_hiroki)がシェアした投稿

2014年にはアディダスとのコラボレーションブランド、アディダス バイ リック・オウエンス(adidas by Rick Owens)を発表。アディダスとのコラボレーションシューズは毎シーズン話題となっています。

アディダス以外にも、クロムハーツとのコラボレーションを発表したことでも大きな話題となりました。

読者
アディダスとのコラボスニーカーは有名ですね! クロムハーツとのコラボレーションは意外でした
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!愛用者が多いですよね!クロムハーツとのコラボレーションでレザージャケットやスニーカーを発表してますよ!

デザイナーRICK OWENS(リックオウエンス)とは?

1961年生まれのアメリカ人デザイナー

 

 

View this post on Instagram

 

RICK OWENS ONLINEさん(@rickowensonline)がシェアした投稿

リックオウエンスは1961年にアメリカ、カリフォルニア州ポータヴィルで生まれます。

アート・スクールのオーティス・パーソンでファイン・アートを学んだ後、アパレル会社でパタンナーとしてのキャリアをスタートさせます。

アパレル会社で8年間パタンナーとして活躍した後に、パートナーのミシェル・ラミーのパタンナーとしても活躍します。

リックオウエンスは、ミシェル・ラミーのコレクションパタンナーを8年務めた後に自身のブランドをローンチします。

2002年CFDAアワードでペリーエリス賞を受賞

 

View this post on Instagram

 

RICK OWENS ONLINEさん(@rickowensonline)がシェアした投稿

ニューヨークでコレクションデビューを飾った2002年に、リックオウエンスは、CFDAアワードでペリーエリス賞を受賞し注目を集めます。

2003年から2006年まで、レビオンのクリエイティヴ・ディレクターとして活躍

 

View this post on Instagram

 

RICK OWENS ONLINEさん(@rickowensonline)がシェアした投稿

ペリーエリス賞を受賞したことがきっかっけとなり、フランスのファーブランドのレビオンで2003年から2006年まで、クリエイティヴ・ディレクターとして活躍します。

美しく正確なパターンはリックオウエンスの真骨頂

 

 

View this post on Instagram

 

RICK OWENS ONLINEさん(@rickowensonline)がシェアした投稿

パタンナーとして16年のキャリアを持つ、リックオウエンスが手掛けるウェアは基本的に ミニマルですがアーティスティックでモードな雰囲気を醸しています。

アイコニックなドレープや、少しでもバランスが崩れると野暮ったくなるアシンメトリーデザインも、美しく正確なパターンがあるからこそ成立します。

読者
16年もパタンナーとして活躍してきた人物なのですね!
ジーマ@ファッションブロガー
その為、リックオウエンスは職人気質のデザイナーとしても有名です。

評判・イメージ

読者
評判・イメージについても知りたいです!
ジーマ@ファッションブロガー
リックオウエンスはレザージャケットのイメージが非常に強いですね。
モードファッションを愛するファッショニスタからカルト的人気を誇ります。

一般的に知名度があるブランドではありませんが、モードファッションを愛する人で知らない人はいないくらい有名です。
リックオウエンスを着ている人を見ると、なかなかファッションが好きな人なんだなと感じます。

リックオウエンスのファッションは細身の人に似合うブランドといったイメージを持つ方が多いですね。
モードストリートという一見相反するファッションを融合させたブランドというイメージも持たれていて、ストリート好きにも高い評価を得ています。

まとめ

唯一無二の存在感で熱狂的なファンを持つRICK OWENS。ブランドをローンチして20年以上経ちますが、その人気は衰えるどころか過熱しています。

RICK OWENSのウェアの素晴らしさは勿論ですが、デザイナー、リックオウエンスのカリスマ性もブランド人気を支えている大きな要因です。

トレードマークである黒髪のロングヘアーに、鍛え上げられた筋骨隆々のマッチョボディは、50を過ぎた今でも健在。

セレブのファッションアイコンでもあるリックオウエンスがブランドを牽引する限り、RICK OWENSの人気が衰える事はなさそうです。

 

最新情報をチェックしよう!
>「男性にもハイブランドを」

「男性にもハイブランドを」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。