CHANEL(シャネル)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

The following two tabs change content below.

ジーマ@ファッションブロガー

当サイト管理人のファッションブロガーのジーマです。 10年以上アパレルショップに出向く日々を過ごしています。 ファッションのおかげで自分に自信を持つことができました。 「ファッションは人生を変える」がモットー。 当サイトでは主にラグジュアリーブランド情報を発信。
読者
カールラガーフェルドの訃報を聞いてからCHANEL(シャネル)が気になるのですがどんなブランドなのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
シャネルはフランスの老舗ラグジュアリーブランドですね!元々は帽子専門店としてスタートしました。今ではLouis Vuittonやエルメス同様に最も有名なフランスブランドの一つですね!
読者
帽子からスタートしたブランドなのですね!レディースのハンドバッグのイメージが強いのでバッグからスタートしたブランドだと思っていました!
ジーマ@ファッションブロガー
確かにハンドバッグのイメージは強いですよね!キルティングレザーにチェーンストラップのマトラッセはシャネルのアイコンですね!
読者
興味が出てきたのでシャネルについて詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

フランスを代表するラグジュアリーブランドのシャネル。帽子店からスタートしたブランドで今では プレタポルテ は勿論、オートクチュールコレクションも行うビッグメゾンです。

今回は、CHANEL(シャネル)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーをご紹介させていただきます。

CHANEL(シャネル)とは?

1910年シャネル・モードをオープン

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

1910年に「シャネル・モード」という帽子店をココ・シャネルがオープンさせたことでシャネルはスタートします。

創立者はガブリエル・ボヌール・シャネル。意外と知られていませんが「ココ」はミドルネーム。

1915年クチュールハウスをオープン

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

当時流行していた豪華なデザインの帽子とは対照的なシンプルなシャネルの帽子をパリの富裕層の間で話題となり、シャネル・モードは一躍人気店となります。

勢いに乗ったココ・シャネルは1915年には、クチュールハウスをオープン、ジャージ素材を使用したドレスが大ヒットを記録し、クチュールハウスとしても成功を収めました。

1921年にシャネルの5番を発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

1921年には世界で最も有名な香水としても知られるシャネルの5番を発表。

シャネルの5番はマリリン・モンローが愛した香水としても有名です。

シャネルスーツを発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

第二次世界大戦により ブティック をクローズしていたシャネルでしたが、1954年に再開、翌年には当時メンズウェアにしか使用されることのなかったツイードを使ったスーツを発表します。

ツイード素材のセパレートスーツは、「シャネルスーツ」と呼ばれ現在でもブランドを代表するアイテムです。

1971年ココ・シャネル死去

 

この投稿をInstagramで見る

 

@women_viewがシェアした投稿

1971年にココ・シャネルが死去。ブランドは低迷期を迎えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

読者
シャネルにも低迷期があったのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんですよ!ココ・シャネルが亡くなった1971年から83年まではシャネルにとっては低迷期でしたね。

実はココ・シャネルがデザイナーを務めていた60年代後半からファッションジャーナリストの間ではあまり評判がよくなかったんですよ。

ココシャネルのカリスマ性でどうにかブランドが成立していた状態でしたね。ブランド自体に魅力がなくなりカリスマがいなくなれば低迷もやむを得ないですよね。

1983年カールラガーフェルドがデザイナーに就任

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

「過去のブランド」と呼ばれたシャネルを救った人物がカールラガーフェルドです。

1983年にオートクチュールのデザイナーに抜擢されたカールラガーフェルドは、すぐに プレタポルテ を含めたすべてのデザインを統括します。

カールラガーフェルドによりシャネルは完全復活を遂げました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

読者
シャネル=カールラガーフェルド」のイメージは強いですよね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうねすね!実際に今のシャネルを作り上げたのは間違いなくラガーフェルドですからね!

2019年ヴィルジニー・ヴィアールがデザイナーに就任

 

この投稿をInstagramで見る

 

Virginie Viardさん(@virginieviard)がシェアした投稿

2019年にカールラガーフェルドが死去、ラガーフェルドの右腕と称されたヴィルジニー・ヴィアールがシャネルのデザイナーに就任。

CHANEL(シャネル)の評判・特徴・イメージ

読者
CHANEL(シャネル)の評判・特徴・イメージについて教えていただけますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

CHANELは プレタポルテ 意外にオートクチュールコレクションを行うフランス代表するラグジュアリーブランドです。

ウェアに関してはレディースオンリーの為、メンズには馴染の薄いブランドですが、「シャネル=ラグジュアリーブランド」のイメージは定着しています。

カールラガーフェルドがデザイナーに就任してから、よりフレッシュでモダンなシャネルが誕生しました。それ以前はクラシカルなブランドとして扱われていましたが、現在は ミレニアム世代のセレブからも高い評価を獲得しています。

シャネルのキルティングレザーを使用した「マトラッセ」シリーズのバッグは入手困難なほどの高い人気を博しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

日本ではマトラッセと呼ばれるキルティングレザーを使用したバッグのイメージが強いシャネル。

シャネルはワードローブからコスメまで揃うトータルラグジュアリーブランドです。

フランスを代表するブランドで、ワードローブに関してはレディースのみの展開。上質な素材を使用したエレガントでモダンなワードローブはファッションセレブの間で高い評価を獲得しています。

ツイード素材を使用した「シャネルスーツ」は類似品が出回るほど大ブレークを記録。現在でもブランドのトレードマークです。

セラミック素材を使用した腕時計のJ12シリーズはメンズが愛用できるシャネルのアイテムとしても有名です。

富裕層からメンズラインのローンチを望む声が強いラグジュアリーブランドとしても知られています。

CHANEL(シャネル)の歴代デザイナー

ガブリエル・シャネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

1883年フランス南西部オーヴェルニュ地方に生まれ。ココシャネルの「ココ」はミドルネーム。

1910年にシャネル・モードという帽子店をローンチしたことでシャネルがスタート。

1971年に死去

カール・ラガーフェルド

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿

1983年にオートクチュールアーティスティックディレクターに就任。

シャネルを復活させた立役者。

2019年死去。

ヴィルジニー・ヴィアール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Virginie Viardさん(@virginieviard)がシェアした投稿

2019年カールラガーフェルドがこの世を去ったことにより、アーティスティックディレクターに就任。

まとめ

世界中の女性の憧れのブランドと言っても過言ではないシャネル。

特にアイコニックなマトラッセは、エルメスのバーキンやケリーと並ぶハイエンドなハンドバッグとしても有名です。

カールラガーフェルドが死去したことで、アーティスティックディレクターに就任したヴィルジニー・ヴィアールによる新生シャネルへの期待も高まっています。

そろそろ時計やフレグランス以外の、メンズアイテムが登場してもいいのではないでしょうか?

ハイブランドの購入におすすめサイトランキング!

ハイブランド一覧

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人のファッションブロガーのジーマです。 10年以上アパレルショップに出向く日々を過ごしています。 ファッションのおかげで自分に自信を持つことができました。 「ファッションは人生を変える」がモットー。 当サイトでは主にラグジュアリーブランド情報を発信。