Moreau Paris(モロー・パリ)の評判・特徴・イメージを紹介!

読者
今ラグジュアリーなバッグを探しているんですよ。少しクラシカルなムードの漂うバッグでおすすめのブランドはありますか?

ジーマ@ファッションブロガー
イメージとしてはどんな感じですか?例えばLouis Vuittonのようなモノグラムパターンだとか、エルメスのような素材の良さを全面に出したものだとか・・・色々ありますよね?
読者
迷いますね・・・。Louis Vuittonやゴヤールのようなモノグラムパターンも気になるのですが、エルメスのボックスカーフを使用したようなノーブルでシンプルなバッグも捨てがたいですね・・・。どちらも得意なバッグブランドなってないですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね・・・。

それならMoreau Paris(モロー・パリ)はどうですか?フランスのラグジュアリーバッグブランドです。元々は老舗ブランドなのですが、一時期ブランドが終了し、2011年に復活したんですよ!

日本ではまだあまり有名ではないので持っている人は少ないはずです。

読者
モロー・パリですか?初めて聞きました?このブランドはモノグラムタイプもノーブルなシンプル系も得意なのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
基本的には「モロー・プリント」と呼ばれるスクリーンプリントがアイコニックですが、シンプルなタイプも展開していますよ!これなんてかなりおすすめですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moreau-Paris Officialさん(@moreauparis)がシェアした投稿

読者
エレガントですね!初めて見たのですが何となくノスタルジーが漂いますね!

ちょっとゴヤールにも似てませんか?確かにこれならプリントの方がいいかもしれませんね!

ジーマ@ファッションブロガー
そうなんですよ!ゴヤールに雰囲気が似てますよね!なんとモロー・パリを再興させたのはゴヤールを復活させた人物なんです!凄いですよね!しかもこのトートバッグはリバーシブル仕様なので、シンプルなバッグとしても使えるんですよ!まさに理想的なバッグじゃないですか?
読者
え?ゴヤールを復活させた人物が関わっているのですか?驚くことばかりですよ!気になるので詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

2011年に見事復活を遂げたフランスのラグジュアリーバッグブランドのMoreau Paris(モロー・パリ)。

モロー・プリント」と呼ばれるスクリーンプリントを施したバッグがアイコニックなMoreau Paris(モロー・パリ)の評判・特徴・イメージをご紹介いたします!

公式(https://moreau-paris.jp/

Moreau Paris(モロー・パリ)とは

1882年のトランクメーカー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moreau-Paris Officialさん(@moreauparis)がシェアした投稿

フランスはパリのサントノレ通り283番地で設立されたトランクメーカー。

上質なレザーを使用したスーツケース専門のブランドでしたが、顧客の要望によりバッグを中心としたレザーアイテムを展開。

アイコニックな「モロー・プリント」と呼ばれる格子柄のプリントは「柳の小枝でつくったカゴ」からインスピレーションを受けたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moreau-Paris Officialさん(@moreauparis)がシェアした投稿

読者
かなり歴史のあるブランドですね?Louis Vuittonやゴヤールと変わらないですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
Louis Vuittonが 1854年でゴヤールが1853年ですから30年も遅れてないですよ。当時はモローパリもかなり人気のあったトランクメーカーだったみたいですよ!
読者
プリントもLouis Vuittonやゴヤールに何となく似てますよね?

やっぱり影響はありますよね?

ジーマ@ファッションブロガー
2社とも成功していたトランクメーカーでしたからね!少なからず影響は受けていますよね?

ただLouis Vuittonのダミエと同じく、格子柄にはコピー防止の意味合いもあったように感じますよ。

2011年ブランドを再開

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moreau-Paris Officialさん(@moreauparis)がシェアした投稿

セレブ御用達のラグジュアリートランクブランドとして成長を遂げたモロー・パリですが、20世紀に入りブランドを休止します。

ブランドが再開したのは2011年、新生モロー・パリをローンチさせた人物はゴヤールを復活させたバッグデザイナーのロブノフ

現在はクリエイティブディレクターにフェドール・ジョージ・サヴチェンコが就任し、ブランドを牽引しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moreau-Paris Officialさん(@moreauparis)がシェアした投稿

読者
ゴヤールを復活させたデザイナーがモロー・パリも再興させたんですね!ロブノフというデザイナーは凄すぎますよね!
ジーマ@ファッションブロガー
本当ですよね!パリの2大老舗バッグブランドを復活させたのですから!

ゴヤール同様に日本でも大ブレークしそうな予感がしますよね!

Moreau Paris(モロー・パリ)の評判・特徴・イメージ

読者
Moreau Paris(モロー・パリ)の評判・特徴・イメージについて教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!モロー・パリは元々はLouis Vuittonやゴヤール同様にトランクメーカーとして産声を上げました。

その後、高級バッグブランドとしてフランスを中心にヨーロッパの富裕層の間で人気を博しました。

しかし、20世紀に入りブランドは休止します。日本での流通はほとんどなかった為、モロー・パリは日本ではほとんど無名のブランドでした。

2011年にゴヤールを復活させたデザイナーとしても知られるロブノフによりブランドは復活します。現在は三越でも購入可能ですが、まだまだ知る人ぞ知るブランドと言ったところですね!

モロー・プリント」と称されるアイコニックなスクリーンプリントはクラシカルでエレガントな雰囲気です。ゴヤールのヘリンボーンやLouis Vuittonのダミエを髣髴させますよね!

まだ日本ではそれほど有名ではないので人と違ったラグジュアリーバッグをお探しの方にはかなりおすすめです。

リバーシブルタイプのトートバッグはファッションセレブの間で今話題沸騰中ですよ!

トートバッグが圧倒的に人気のブランドですが、財布やカードケースなど小物も充実しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moreau-Paris Officialさん(@moreauparis)がシェアした投稿

モダンでありながらレトロなムードの漂う「モロー・プリント」がアイコニックなモロー・パリ。

上質な素材を使用しハンドメイドで生産されるモロー・パリのバッグは間違いなくリュクスな気分を堪能することができます。

バッグに使用されるレザーは、ブルスキン、カーフスキン、ゴートスキンがメイン。当然全てが、丁寧に鞣された極上品です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Moreau-Paris Officialさん(@moreauparis)がシェアした投稿

クラシカルでエレガントな中にもエスプリを感じる点がモロー・パリの特徴で、イニシャルは勿論、お気に入りのマークやモチーフをカスタムしてもらい、オンリーワンのバッグを持つことも可能。

ブレガンソンと呼ばれるアイコニックなリバーシブルトートバッグは35万円から。

ロングウォレットが14万円から、カードケースは3万円からです。

まとめ

2011年に見事復活を遂げたフランスのラグジュアリーバッグブランドのMoreau Paris(モロー・パリ)。

老舗フランスブランドらしいクラシカルでエレガントなムードの漂うモローパリのバッグはハイエンドなドレススタイルに最適です。

Louis Vuittonやゴヤールほどの知名度のないブランドなので、ファッショニスタからの注目を集めつ事は間違いありません。

ハイエンドなデイリーバッグをお探しの方に間違いなくおすすめ。

ハンドメイドのフランス製のバッグは今の時代かなり貴重な存在です。パリの腕利きの職人が手掛けるバッグブランドというだけでもロマンを感じます。

最新情報をチェックしよう!
>「男性にもハイブランドを」

「男性にもハイブランドを」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。