BALMAIN(バルマン)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
BALMAIN(バルマン)が今SNSで話題になっていますね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!今BALMAIN(バルマン)はセレブ御用達ブランドとしても注目されていますね!
読者
BALMAIN(バルマン)の事を詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

フランスのラグジュアリーブランドであるBALMAIN(バルマン)。

ドレスを得意とするレディースラグジュアリーブランドのイメージの強かったバルマンでしたが、若き天才デザイナーである、Olivier Rousteing(オリヴィエ・ルスタン)により、エレガントでグラマラスなラグジュアリーロックスタイルを前面に押し出したブランドへと生まれ変わります。

オリヴィエ・ルスタンが手掛ける新生バルマンは、ヤングセレブリティを中心に熱狂的なフォロワーを増やし続けています。

世界中のセレブが陶酔する、若き天才デザイナーが手掛ける生まれ変わったバルマンとは?

公式サイト(https://www.balmain.com/jp

BALMAIN(バルマン)とは?

1945年創業のフランスのラグジュアリーブランド

 

View this post on Instagram

 

BALMAINさん(@balmain)がシェアした投稿

バルマンは、1945年に設立されたフランスのラグジュアリーブランドです。

創立者はフランス生まれのピエール・バルマン。

父親が紳士服の卸業、母親が ブティック 経営とアパレル一家で育った、ピエール・バルマンは幼い時から、ファッションい強い関心を持っていました。

パリ国立美術学校で建築を学んだ後、幼年期から興味のあったアパレルの世界へ飛び込みます。

1934年からモリヌーのメゾンでキャリアスタート

 

View this post on Instagram

 

BALMAINさん(@balmain)がシェアした投稿

イギリス人デザイナー、エドワードモリヌーにデッサンを見せたことがきっかけとなり、1934年からモリヌーのメゾンで働き始めます。

こうしてピエール・バルマンはアパレルでのキャリアをスタートさせます。

1939年からルシアン・ルロンのメゾンでモデリストを担当

 

View this post on Instagram

 

BALMAINさん(@balmain)がシェアした投稿

1939年からルシアン・ルロンのメゾンでモデリストを担当、さらにキャリアに磨きを掛けました。

ルシアン・ルロンでのモデリストとしての経験が自身のブランドローンチに、大いに役立っていることは間違いありません。

読者
モデリストとは何ですか?
ジーマ@ファッションブロガー
モデリストとは、型紙やサンプルを作る人の事。デザイナーの意志を理解してカタチにする重要な職業です!

1945年にピエールバルマンを開設

 

View this post on Instagram

 

BALMAINさん(@balmain)がシェアした投稿

ピエールバルマンは、1945年に独立し、コレクションをスタートさせます。

当時は資金的にもかなり苦しい時期でしたが、両親のバックアップによりコレクションを続けることができました。

1950年代には、クリスチャンディオール、バレンシアガと共に、3大デザイナー呼ばれます。

バルマンの手掛けるシンプルなドレスは、ハリウッド女優からも好評で、多くのトップスターを顧客に抱えました。

トミー賞の衣装デザイン賞を受賞

 

View this post on Instagram

 

BALMAINさん(@balmain)がシェアした投稿

映画や舞台の衣装も積極的に手がけ、舞台演劇のアカデミー賞ともいわれるトミー賞の衣装デザイン賞を受賞した経験もあります。

1982年ピエールバルマン死去

 

View this post on Instagram

 

BALMAINさん(@balmain)がシェアした投稿

1982年に創立であるピエールバルマンが死去するとエリック・モルテンセンがブランドを引き継ぎます。

1993年から「パリのアメリカ人」との異名を持つオスカー デ ラ レンタがデザイナーとして活躍しました。

2004年に プレタポルテ コレクション休止

 

View this post on Instagram

 

BALMAINさん(@balmain)がシェアした投稿

2004年に プレタポルテ コレクションを一時休止し大きな話題となります。

読者
コレクションを休止した時期があるのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんです!当時かなり大きな話題となりました。

2006年-07年クリストフ・デカルナンがデザイナーに就任

 

View this post on Instagram

 

Ray TETAUIRAさん(@ray.tetauira)がシェアした投稿

2006年にクリストフ・デカルナンがデザイナーに就任したことでバルマンはコレクションをスタートさせます。

クリストフ・デカルナンの手掛けるモダンな新たなバルマンは、ファッショニスタの注目を集めます。

読者
クリストフ・デカルナンは凄いデザイナーなのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!バルマンを注目ブランドにしたのはクリストフ・デカルナンです。クリストフが手掛けたバルマンは「世界で最もセレブが好むブランド」とも言われました!

2011年オリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)がデザイナーに就任

 

View this post on Instagram

 

OLIVIER R.さん(@olivier_rousteing)がシェアした投稿

モダンでエッジの効いたワードローブを展開し、バルマンをセレブ御用達ブランドへと昇華させれたクリストフ・デカルナンからバルマンを引き継いだ人物が、オリヴィエ・ルスタンです。

2011年にオリヴィエ・ルスタンがバルマンのデザイナーの就任したニュースは驚きと共に、世界中のファッショニスタの元へ届けられました。

ロベルト カヴァリ出身のデザイナーであるルスタンでしたが、当時若干25歳

しかも殆ど無名に近いデザイナーが、老舗フランスブランドの舵を取ることは些か難しいと考える被服評論家も少なくありませんでした。

しかし、若き天才デザイナーである、ルスタンの手により、バルマンはヤングセレブリティをも熱狂させるトレンドブランドへと進化しました。

ブランドの存続が危ぶまれた時期もあったバルマンを完全復活させた人物は、現在デザイナーを務めるオリヴィエ・ルスタンであることは疑う余地もありません。

 

View this post on Instagram

 

OLIVIER R.さん(@olivier_rousteing)がシェアした投稿

読者
オリヴィエ・ルスタンのデザイナー就任は意外だったのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!正に青天霹靂ですね!当時25歳で無名のデザイナーでしたからね!
読者
でも今のバルマンがあるのは、オリヴィエ・ルスタンの功績ですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
間違いないですね!クリストフ・デカルナンもバルマン復活の起爆剤ではありましたが、バルマンを完全復活させた人物はルスタンです!
[clink url=”https://mens-fashion-site.com/olivier-roustein”]

2015年「Balmain × H&M」を発表

 

View this post on Instagram

 

BALMAINさん(@balmain)がシェアした投稿

バルマンは2015年にH&Mが毎年展開している、デザイナーズコラボレーションにより「Balmain × H&M」を発表します。

ヤングファッショニスタに最も影響力のあるファストファッションブランドとのコラボレーションにより、バルマンはヤングファッショニスタからも注目を集めます。

現在ヤングセレブリティの高いバルマンですが、H&Mとのコラボレーションの影響も大きいと言われています。

 

View this post on Instagram

 

OLIVIER R.さん(@olivier_rousteing)がシェアした投稿

読者
H&Mともコラボを展開したんですね!
ジーマ@ファッションブロガー
かなり話題で当然購入制限もありました!ルスタンがバルマンのデザイナーに就任していなかったらコラボはなかったかもしれないといわれていますね!
読者
そう考えるとオリヴィエ・ルスタンはバルマンのキーマンですね!
ジーマ@ファッションブロガー
その通りです!「バルマンの人気=オリヴィエ・ルスタン人気」と言っても過言ではないですね!

評判・イメージ

読者
バルマンの評判やイメージはどうなんですか?
ジーマ@ファッションブロガー
誰でも知っているようなブランドではありませんからね。
知る人ぞ知る、ラグジュアリーロックブランドといったところですかね!

百貨店などには最近出店されるようになってきたため、知名度を伸ばしていますが、まだまだ知る人ぞ知るブランドです。
ただ、とにかくファッション性の高いコレクションですので、これから人気が上がっていくのは間違いないと言えるでしょう。

特に、ロックファッションですので、若い世代の男性に非常に評判が良いです。
いつの時代も、若者はロックの虜になるのですね。

ただ、派手なファッションというイメージが強く、女性が知らないブランドということもあり、女性受けはあまりよくありませんね。

まとめ

ドレスがメインのラグジュアリーブランドから、エッジの効いたラグジュアリーロックスタイルを得意とするトレンドブランドへと進化したバルマン。

若き天才デザイナーオリヴィエ・ルスタンが率いる新生バルマンの勢いは加速するばかりです。

今後もバルマンの快進撃は間違いなく続きます。

最新情報をチェックしよう!
>「男性にもハイブランドを」

「男性にもハイブランドを」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。