川久保玲の歴史・生い立ち・ブランドを紹介!【デザイナー紹介】

読者
コムデギャルソンの川久保玲さんはミステリアスな雰囲気ですよね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!殆ど姿を見せないことでも有名ですからね!
読者
日本のファッション界の重鎮ですよね!
ジーマ@ファッションブロガー
仰る通り!日本は勿論、世界的に見ても最も影響力のあるデザイナーの一人です!
読者
川久保玲さんについて教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

80年代のパリでタブーとされる真っ黒な服を使ったコレクションを発表し、物議を醸しだしたComme des Garçons(コムデギャルソン)のデザイナーとして知られる川久保玲(かわくぼれい)。

世界に衝撃を与えたコレクションから現在まで、30年以上パリを拠点にコレクションを行う、レジェンド的デザイナーです。

川久保氏が手掛けるアヴァンギャルドワードローブは、日本は元より、世界中のファッショニスタを熱狂させ、信者的なファンを生んできました。

ジャパニーズモードのパイオニアである川久保玲氏に迫ります。

wiki

川久保玲(かわくぼれい)とは?

1946年生まれの日本のファッションデザイナー

 

View this post on Instagram

 

Open Source Fashionさん(@opensourcefash)がシェアした投稿

川久保玲(かわくぼれい)氏は1946年生まれのファッションデザイナーです。

慶應義塾大学の職員だった父親の影響もあり、自身も慶應大学文学部哲学学科に入学、卒業後は、旭化成へ入社、宣伝部に配属、スタイリストとしてのキャリアをスタート。

3年で旭化成を退職した川久保氏はフリーのスタイリストとして活動を開始します。

広告写真撮影の仕事で川久保氏のイメージする服を探すことができず、自作したことが服作りをするきっかけ。

それ以降、自身の作った服をスタイリングに用いるようになります。

フリーのスタイリスト時代は、デザインは勿論、パターンや縫製まですべて一人でこなしていたそうです。

 

 

View this post on Instagram

 

コムデギャルソン店舗マップさん(@cdgtenpomap)がシェアした投稿

読者
川久保さんは元スタイリストなのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そうです!服作りも必要に駆られて始めたようです!
読者
しかも慶應義塾大学!インテリ!
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんですよ!かなりのインテリデザイナーです!ちなみに山本耀司氏も慶應義塾大学出身ですよ!

1973年株式会社コム デ ギャルソンを設立

 

View this post on Instagram

 

joggingjoggingさん(@jogging_marseille)がシェアした投稿

スタイリング業の一環としてスタートさせた服作りでしたが、次第に川久保氏の手掛けるウェアの問い合わせが多くなり、ブランドのローンチに踏み切ります。

1973年に株式会社コムデギャルソンを設立、レディースウェアの製造販売を開始します。

川久保氏は現在まで一度も被服に関する正規教育を受けていません。

 

View this post on Instagram

 

T||Lさん(@texturedinspo)がシェアした投稿

読者
川久保さんはファッションの教育を受けていないのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そうなんです!しかも当時は自分でパターンを起こして縫製していたんですよ!凄すぎますよね!

1975年に東京コレクションに初参加

 

View this post on Instagram

 

All about CDGさん(@cdgdiary)がシェアした投稿

1975年に東京コレクションに初参加。

原宿のパレフランスで行われたファーストコレクションは大好評で、同年、 フラッグシップショップ を青山にオープンさせます。

 

View this post on Instagram

 

@esto_nycがシェアした投稿

読者
かなり順調なスタートですね!ところでコムデギャルソンとはどんな意味なのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
コムデギャルソンとは直訳では「少年のように」ですが、「少年の持つ冒険心」が正解です!

1980年代コムデギャルソンはファッショニスタの間でカリスマ的な人気を獲得。

川久保氏のトレードマークである、全身黒にボブヘアはモードスタイルの代表とされ、後にカラス族と称されるようになります。

 

View this post on Instagram

 

Mari Grinde Arntzenさん(@marigrindearntzen)がシェアした投稿

読者
川久保さんと言えば全身黒におかっぱですよね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!ちなみに「黒=モード」は川久保氏が定着させたイメージと言われています!

1981年パリコレ初参加

 

View this post on Instagram

 

Jürg Zbindenさん(@5thofbeethoven)がシェアした投稿

1981年にパリコレデビュー。

当時身体のラインを強調するウェアが主流のパリで、身体のラインを隠したノンセクシャルなウェアを発表し物議を醸しだします。

否定的な意見が圧倒的でしたが、新たなレディースウェアの到来と称賛するファッションメディアがあったことも確かです。

翌年にはパリコレのタブーと称されていた黒をメインとした プレタポルテ コレクションを発表。

「西洋の服への冒涜」と非難する声もありましたが、「黒の衝撃」と称されたコレクションは、新たなファッションへの幕開けと報じるフランスメディアも少なくありませんでした。

賛否両論のパリコレでしたが、川久保氏からしたら想定内の結果だったのかもしれません。

川久保氏は称賛を求めてパリコレを行ったわけではなく、コムデギャルソンの圧倒的な存在感を見せつける為に、コレクションを行ったのではないでしょうか?

現在は、パリでもコムデギャルソンは熱狂的な支持を得るブランドの一つに数えられています。

 

View this post on Instagram

 

🥀さん(@aenemos)がシェアした投稿

読者
かなりパンキッシュですね!川久保さんは!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!川久保氏は媚びない凛とした女性の代表ですよね!

1983年毎日新聞ファッション大賞受賞

 

View this post on Instagram

 

massimonicosiaさん(@massimonicosia)がシェアした投稿

1983年第一回毎日新聞ファッション大賞受賞。この年にコムデギャルソンのニューヨーク店をオープンさせます。

1992年フランス芸術文化勲章を受章

 

View this post on Instagram

 

Doyenne of Styleさん(@doyenneofstyle)がシェアした投稿

1992年にフランス芸術文化勲章を受章。プライベートではこの年Adrian Joffe氏と結婚します。

1997年英国王立芸術大学名誉博士号を授与

 

View this post on Instagram

 

Ranaさん(@heymeatball)がシェアした投稿

1997年に英国王立芸術大学名誉博士号を授与されます。

2001年芸術選奨文部科学大臣賞受賞

 

View this post on Instagram

 

@masa10daがシェアした投稿

2001年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞、同年にコムデギャルソン ジュンヤ ワタナベ マンを立ち上げます。

2003年朝日賞受賞

 

View this post on Instagram

 

aamiriatさん(@aamiriat)がシェアした投稿

2003年に朝日賞を受賞。

2004年フランス国家功労章受賞

 

View this post on Instagram

 

IDEAさん(@idea.ltd)がシェアした投稿

2004年にフランス国家功労章を受賞、同年ロンドンの高級住宅街メイフェアのドーバーストリートにセレクトショップ「ドーバーストリートマーケット」をオープンさせます。

2012年CFDAファッション アワードを受賞

 

View this post on Instagram

 

80s Visual Experiencesさん(@80sfantasy)がシェアした投稿

ファッション界のオスカー賞とも称される、CFDAファッション アワード国際賞を受賞。

2017年Rei Kawakubo/Comme des Garcons  Art of the In-Between」展開催

 

View this post on Instagram

 

All about CDGさん(@cdgdiary)がシェアした投稿

2017年ニューヨークのメトロポリタン美術館で、川久保玲氏にフィーチャーした展覧会である、Rei Kawakubo/Comme des Garcons  Art of the In-Betweenが開催されました。

読者
川久保さんをフィーチャーした展覧会がニューヨークで行われたのですか?
ジーマ@ファッションブロガー
そうです!かなり凄い事ですよね!世界的にも川久保氏がインフルエンサーであることの証明ですね!

まとめ

ジャパニーズモードのパイオニアであり、世界的インフルエンサーの川久保玲。

デザイナーとしては勿論、トレンドセッターとしても先見の明を持つ人物であることでも有名です。

日本で一番最初にクロムハーツを正規販売したのはコムデギャルソン青山店でした。

ミステリアスなムードを醸し、信者ともいうべき熱狂的なファンを持つカリスマデザイナーが、これからもファッション界を牽引していくことは疑う余地もありません。

最新情報をチェックしよう!
>「ファッションで人生を変えよう」

「ファッションで人生を変えよう」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。