FUMITO GANRYU(フミト ガンリュウ)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
最近コムデギャルソンが気になるんですよね!プリュスオムは勿論なのですが、ジュンヤやガンリュウもかっこいいですよね!

ジーマ@ファッションブロガー
確かにコムデギャルソンの注目度がさらに最近高まってるように感じます!

特にミレニアム世代やヤングファッショニスタからの人気が凄いですよね!

CDGプレイシャツはミレニアム世代の着用率がかなり高いですよ!川久保玲女史がWWDで特集されたことも関係があるような気がしますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Comme des Garconsさん(@commedesgarcons)がシェアした投稿

読者
本当ですね!川久保さんが特集されてますね!

これは確実に注目度が高まりますよね!

ところでガンリュウはもうブランドを終了しているのですか?

ジーマ@ファッションブロガー
2017年に終了していますが、2018年には独立してFUMITO GANRYU(フミト ガンリュウ)をローンチしました。

フミトガンリュウもかなりかっこいいですよ!

読者
コムデギャルソンから独立されたんですね!フミトガンリュウもかなり気になるので詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUMITO GANRYU OFFICIALさん(@fumitoganryu)がシェアした投稿

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

当時コムデギャルソングループの最年少デザイナーとして注目を集めた丸龍文人氏が手掛けるガンリュウ。

ストリートテイストとロック色の強いワードローブを展開することでコムデギャルソングループの中でも一際異彩を放っていたガンリュウは惜しまれつつ2017年にブランドを終了。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUMITO GANRYU OFFICIALさん(@fumitoganryu)がシェアした投稿

ブランド終了と同時にコムデギャルソン社を退社した丸龍文人氏は自身の名前を冠したブランド、フミトガンリュウをローンチし見事カムバックを果たしました。

今回は、再デビューを果たした、丸龍文人氏が率いるFUMITO GANRYU(フミト ガンリュウ)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーをご紹介いたします。

公式(http://fumitoganryu.jp/

FUMITO GANRYU(フミト ガンリュウ)とは

2018年にスタートした日本のファッションブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUMITO GANRYU OFFICIALさん(@fumitoganryu)がシェアした投稿

2017年にコムデギャルソンを退社した丸龍文人がローンチしたシグネチャーブランド。

「服と体の関係性に迫るコンセプチュアルなウェア」がブランドコンセプト。

2018年にピッティ・イマージネ・ウオモにてコレクションを発表。

ガンリュウ同様にストリート色の強いオーバーサイズのユースカルチャースタイルを得意とするコレクションが大きな特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUMITO GANRYU OFFICIALさん(@fumitoganryu)がシェアした投稿

読者
パリコレではなくピッティウオモでのファーストコレクションが意外に感じました!
ジーマ@ファッションブロガー
確かに!元コムデギャルソンのデザイナーと言えばパリコレのイメージですよね!

でも最近では、初の海外コレクションをピッティで披露するブランドも多くなってきました。

フミトガンリュウは、ピッティ・イマ―ジオ・ウオモのデザイナーズ・プロジェクトとしてコレクションを発表しました。スポーツウェアに使用される素材のワードローブや、修道士を髣髴とさせるビッグシルエットのフーディーはかなり高評価でしたよ。

現在はコレクションの発表の場所をパリに移していますね!

FUMITO GANRYU(フミト ガンリュウ)の評判・特徴・イメージ

読者
FUMITO GANRYU(フミト ガンリュウ)の評判・特徴・イメージ・について教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

現在はフミトガンリュウですが、10年近くコムデギャルソン社のガンリュウのデザイナーとして活躍していた為、

コムデギャルソンの元デザイナー」というイメージが強い方も多いですね。

ファーストコレクションもガンリュウを髣髴とさせるストリート色の強いオーバーサイズのワードローブが中心でした。

コレクションを重ねるにつれ、モード色がより強くなってきたように感じられます。

スポーツモードやストリートモードをより強く感じるワードローブが2020年のコレクションでは目立ちましたね!

さらにダンディズムを感じるトレンチコートやポップな色使いのスポーツウェアも印象的でした。

どこかノスタルジーを感じるワードローブが多かったですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUMITO GANRYU OFFICIALさん(@fumitoganryu)がシェアした投稿

オーバーサイズのワードローブを得意とするフミトガンリュウ。

ガンリュウの頃に比べ、よりモード色の強いアイテムをリリースするようになった印象です。

得意のスポーツミックススタイルも上品でノーブル。

どこかノスタルジーを感じるスタイルを提案する点もフミトガンリュウのワードローブの大きな特徴。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Miyata 宮田理江さん(@i_am_riemiyata)がシェアした投稿

今季はフランスのアウトドアブランドであるサロモンとのコラボスニーカーにも注目が集まりそうです。

20代30代のミレニアム世代から絶大な人気を博すブランドです。

FUMITO GANRYU(フミト ガンリュウ)のデザイナー

丸龍文人

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUMITO GANRYU OFFICIALさん(@fumitoganryu)がシェアした投稿

1976年福岡生まれ。

文化ファッション大学院大学卒業。

2003年、第3回 YKKファスニングアワードの優秀賞を受賞。

2004年、卒業とともにコムデギャルソン社へ入社、渡辺淳弥氏の下でパタンナーとしてキャリアをスタートさせます。

2008年にコム デ ギャルソン社から自身のシグネチャーブランドであるガンリュウを発表。デザイナーとしてデビューを飾ります。

当時コムデギャルソン社では最年少デザイナーでした。

2017年にガンリュウを終了、丸龍文人氏はコムデギャルソンを退社します。

2018年フミトガンリュウをローンチ。

まとめ

コムデギャルソン社の最年少デザイナーとして華々しくデビューを飾った丸龍文人氏。

コムデギャルソンを離れ自身のブランドであるフミトガンリュウを自身の力でローンチさせました。

得意のユースカルチャースタイルにスポーツテイストをブレンドさせた、独自のストリートモードスタイルは世界中のファッショニスタを熱狂させています。

丸龍氏のデザイナーとしてのキャリアは10年以上ですが、フミトガンリュウは完全なるニューカーマーブランドです。

コレクションの場所をパリへと移した新生ブランドのフミトガンリュウの快進撃に世界中が注目しています。

最新情報をチェックしよう!
>「男性にもハイブランドを」

「男性にもハイブランドを」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。