raf simons(ラフシモンズ)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

読者
raf simons(ラフシモンズ)はどんなブランドですか?
ジーマ@ファッションブロガー
raf simons(ラフシモンズ)はモード界の異端児と呼ばれるラフシモンズが手掛けるファッションブランドです。
読者
今トレンドのラグジュアリーストリートブランドとは違いますか?
ジーマ@ファッションブロガー
ラグジュアリーストリートブランドよりはモードで前衛的なデザインを得意とするブランドです。
読者
気になるので詳しくおしえてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

モード界の異端児と呼ばれるデザイナー、ラフシモンズが創立したシグネチャーブランドのraf simons(ラフシモンズ)について今回は解説させていただきます。

ファッショニスタは勿論、デザイナーやファッションエディーターといった、玄人から称賛される反骨精神迸るカリスマブランドに迫ります。

公式サイト(https://rafsimons.com/

raf simons(ラフシモンズ)とは

1995年にスタートしたファッションブランド

 

View this post on Instagram

 

Raf Simons Officialさん(@rafsimons)がシェアした投稿

raf simons(ラフシモンズ)は1995年にデザイナーであるラフシモンズが、自分の名前を冠したブランドを発表したことが始まりです。

フランスを中心に活動するブランドですが、デビューは意外にもミラノでのプレゼンテーション。

現在はパリコレクションをメインに、ミラノやニューヨークでもランウェイ形式でワードローブを発表しています。

 

View this post on Instagram

 

Raf Simons Officialさん(@rafsimons)がシェアした投稿

読者
raf simons(ラフシモンズ)はパリコレのイメージが強いですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね。パリを中心に活動しているブランドですね。
読者
ベルギーブランドなんですね!フランスブランドだと思っていました!
ジーマ@ファッションブロガー
フランスブランドと紹介しているメディアもありますからね!しかし、厳密にはベルギーブランドですね!

raf simons(ラフシモンズ)の特徴は?

アヴァンギャルドでありながら繊細

 

View this post on Instagram

 

Raf Simons Officialさん(@rafsimons)がシェアした投稿

モード界の異端児と称されるラフシモンズが手掛けるワードローブは、アヴァンギャルドでありながら繊細。

ラフシモンズはクラシカルトラッドスタイルにも造詣の深いデザイナーで、美しいパターンのテーラードジャケットはブランドのアイコニックアイテムとしても知られています。

その反面、ティーンネイジャー特有のフラストレーションをカタチとしたウェアも得意で、反骨精神をリアルに感じるワードローブとも称されます。

読者
テーラードジャケットがアイコニックでありながら、アヴァンギャルドなデザインも得意なんですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね。メンズファッションブランドでありながら、フリ幅の広いワードローブを展開する点もraf simons(ラフシモンズ)の大きな特徴です。

リアルクローズとアートの融合

 

View this post on Instagram

 

Raf Simons Officialさん(@rafsimons)がシェアした投稿

アーティスティックなアプローチもraf simons(ラフシモンズ)の十八番。

芸術的なウェアは勿論、ショーの演出に於いても一切の妥協がないことは、ファッション業界に身置くものなら周知の事実。

2018年春夏のニューヨークコレクションでは、雨の街を演出するために、地面を水で濡らす演出が大きな話題となりました。

読者
芸術的な演出は服だけじゃないんですね!
ジーマ@ファッションブロガー
寧ろショーの方がアーティスティックですね!raf simons(ラフシモンズ)は、服の見せ方に特にこだわっているブランドですね!

 

View this post on Instagram

 

RAF SIMONS ARCHIVESさん(@raf_simons_archives)がシェアした投稿

アーティスティックで独りよがりのワードローブが多いように感じるraf simons(ラフシモンズ)ですが、実はデイリーユースに最適なウェアが殆どです。

ショーではアヴァンギャルドな見せ方をしているワードローブですが、単体では、リアルクローズに最適なモノがほとんど。

アーティスティックとリアルクローズを融合させるワードローブの展開の仕方は、後のブランドに大きな影響を与えました。

読者
かなりおしゃれじゃないと着こなしが難しいイメージがあるのですが…
ジーマ@ファッションブロガー
実は着やすい服の方が多いですよ!あくまでリアルクローズをベースにしているので、テーラードジャケットはベーシックでおすすめですよ!

デザイナーraf simons(ラフシモンズ)とは?

1968年ベルギー生まれのファッションデザイナー

 

View this post on Instagram

 

RAF SIMONS ARCHIVESさん(@raf_simons_archives)がシェアした投稿

ラフシモンズは、1968年にベルギーで生まれます。

大学は工業デザイン学校に入学し写真やビデオ等を学び、インテリアデザイナーとなります。

学生時代にインターンとして、ウォルター・ヴァン・べイレンドンクのアントワープオフィスで働いたことで、ファッションへの関心が強くなったと後にインタビューで語っています。

 

 

View this post on Instagram

 

Raf Simons Officialさん(@rafsimons)がシェアした投稿

インテリアデザイナーとしキャリアを積んでいく中、服への情熱が高くなり、独学で服作りを開始。

マルタンマルジェラのコレクションに衝撃を受け、ファッション業界で生きていく事を決意したそうです。

その後、アントワープ王立美術アカデミーへの入学を希望したラフシモンズは、自ら作った服を持ち、ファッション学科ディレクター、リンダ・ロッパに面会します。

リンダ・ロッパはラフシモンズの作った服を見て「うちの学校で学ぶ必要がない」と言われたそうです。

つまり、ラフシモンズは、現在まで一度も服飾に関して正規の教育を受けたことのないデザイナーなのです。

読者
ファッションの教育を受けたことがないんですね!正に天才デザイナーですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!天才デザイナであることは間違いないですね!

1995年秋冬、ミラノの展示会でプレゼンテーション形式でコレクションデビュー

 

View this post on Instagram

 

Raf Simons Communityさん(@rafsimonsism)がシェアした投稿

リンダ・ロッパのバックアップもあり、1995年秋冬、ミラノの展示会でプレゼンテーション形式でコレクションを発表します。

その後、活動の場所をパリへ移します。パリでも3シーズンはプレゼンテーションでコレクションを発表。

1997-1998年秋冬より、パリ メンズ プレタポルテ ・コレクションデビュー

 

View this post on Instagram

 

Raf Simons Communityさん(@rafsimonsism)がシェアした投稿

1997-98年秋冬コレクションにて初のランウェイコレクションを発表。

1999年にはイタリアの高級レザーブランド、ルッフォ・リサーチのメンズデザイナーに抜擢されます。

「自分のクリエイションを見つめなおす」との理由により、ワンシーズン活動を休止。

2001-2002年秋冬コレクションからデザイングループとしてコレクションを再開

 

View this post on Instagram

 

Raf Simons Officialさん(@rafsimons)がシェアした投稿

2001-2002年秋冬コレクションからデザイングループとしてコレクションを再開します。

2003年スイスの「コンテンポラリーデザイナーコンクール」でグランプリを受賞、2005年にはジルサンダーのクリエイティブ・ディレクターに就任します。

2005年ジルサンダー、2012年にクリスチャンディオールのデザイナーに就任

 

 

View this post on Instagram

 

CALVIN KLEINさん(@calvinklein)がシェアした投稿

2012年秋冬コレクションを最後にジル・サンダーのクリエイティブ・ディレクターを退任。同年、クリスチャンディオールへ移籍、アーティスティックディレクターに就任します。

2013年にはアディダスとのコラボレーションにより、アディダス バイ ラフ・シモンズをローンチ。大きな話題となります。

2016年カルバンクラインのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任

 

View this post on Instagram

 

Raf Simons Communityさん(@rafsimonsism)がシェアした投稿

2016年カルバンクラインのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任、カルバンクライン初となるランウェイコレクションを発表。

カルバンクラインでも功績が認められ、2017年、CFDAファッションアワードで、ウィメンズウェア部門とメンズウェア部門両方のデザイナー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞します。

2018年にカルバンクラインを退社、現在は自身のブランドに集中しています。

読者
カルバンクラインのデザイナーは話題となりましたね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!かなり評価が高かったのでもう少し見たかったですね!

評判・イメージ

読者
ラフシモンズの評判やイメージについても教えて欲しいです!
ジーマ@ファッションブロガー
ラフシモンズはスニーカーのイメージが強いですね。

アディダスやリーボックとコラボしたスニーカーが非常に有名なので、スニーカーのイメージが強いですね。
なので、ラフシモンズの服を着ていると、なかなか珍しいなという印象を受けます。
デザイン性が非常に高いファッションが多いので、ロゴがなくても一発でラフシモンズだとわかります。

価格帯も非常に高いです。
まずは、スニーカーから購入するという人が多いですね。

まとめ

独学により服作りを開始し圧倒的な存在感で世界中のファッションセレブを魅了し続けるraf simons(ラフシモンズ)。

モード界の異端児であるデザイナーラフシモンズの挑戦はこれからも続くことは間違いありません。

衰えることのない反骨精神とユースカルチャーをアートに昇華できる稀有なブランドから今後も目が離せません。

最新情報をチェックしよう!
>「男性にもハイブランドを」

「男性にもハイブランドを」

Men’s High Collection(メンズハイコレクション)は、多くの日本の男性にハイブランドの良さを知ってもらいたいと思い運営しております。 ラグジュアリーブランド ・ハイブランドを主に記事で取り上げ、世界中から発信される流行を常にキャッチアップしています。 当サイトをご覧いただけば、アッパー層のファッションブランド情報を知ることができますので、ぜひご購読ください。