SaintLaurent(サンローラン)の評判・特徴・イメージ・歴史・デザイナーを紹介!

The following two tabs change content below.

ジーマ@ファッションブロガー

当サイト管理人のファッションブロガーのジーマです。 10年以上アパレルショップに出向く日々を過ごしています。 ファッションのおかげで自分に自信を持つことができました。 「ファッションは人生を変える」がモットー。 当サイトでは主にラグジュアリーブランド情報を発信。
読者
相変わらずSaintLaurent(サンローラン)はかっこいいですね!
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!エディ・スリマンの退任が発表された時、サンローランの人気が落ちるといわれていましたが、結果としては売り上げは好調ですね!
読者
木村拓哉さんも愛用されてますよね?
ジーマ@ファッションブロガー
確かに!エディのデザイン以外は着用されないかと思っていましたが、ヴァカレロの手掛けるサンローランも頻繁に愛用されていますね!
読者
サンローランについて詳しく教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

ハイクラスなメンズ向けのファッション情報を提供するブロガーのジーマ(@ziima_fashion)です!

天才デザイナーと称された、ムッシュ イヴ・サンローランにより設立されたSaintLaurent(サンローラン)。

パリのモード界を牽引した、クチュールメゾンは、エディ・スリマンの手によりラグジュアリーロックスタイルをアイコニックとブランドへと生まれ変わります。

エディ・スリマンからブランドを引き継いだ、アンソニー・ヴァカレロはエディとは異なるアプローチでさらにブランドを成長させることに成功しました。

サンローランは現在もファッションセレブ御用達ブランドとして揺るぎないポジションに君臨。

今回はSaintLaurent(サンローラン)の歴史、デザイナー、イメージ・評判をご紹介いたします。

SaintLaurent(サンローラン)

1961年創立のクチュールメゾン

 

View this post on Instagram

 

SAINT LAURENTさん(@ysl)がシェアした投稿

SaintLaurent(サンローラン)はイヴ・サンローランが恋人であったピエール・ベルジェ、アメリカの実業家マック・ロビンソンの3人により1961年に設立したフランスのクチュールメゾン。

メゾン立ち上げ当初は、資金面に不安を抱えていましたが、イヴ・サンローランの手掛ける革新的なドレスは、すぐに注目を集め、デビューから数年で、パリのモード界を席巻しました。

1965年には、オランダの抽象画家ピエト・モンドリアンの作品にインスピレーション受け、赤、黄、青の3原色を大胆に取り入れた白のミニドレスを発表。

イヴ・サンローランはモードとアートを融合させたパイオニアとしても知られています。

 

View this post on Instagram

 

SAINT LAURENTさん(@ysl)がシェアした投稿

読者
デビューしてすぐに注目デザイナーですか!流石ですね!
ジーマ@ファッションブロガー
天才という言葉がぴったりですよね!白のドレスをキャンバスに見立てて作品を発表したみたいですよ!

その発想が凄すぎますよね!

1966年イヴ・サンローラン・リヴゴーシュをローンチ

 

View this post on Instagram

 

SAINT LAURENTさん(@ysl)がシェアした投稿

クチュールメゾンだったサンローランは、1966年に プレタポルテ ラインとして、イヴ・サンローラン・リヴゴーシュをローン。

同年、スモーキングジャケットをアレンジしたレディースウェアを発表し大きな話題となります。

現在でもランウェイでマスキュリンなテーラードジャケットが発表されるのは、ムッシュ・イヴサンローラへの敬意の現れのように感じます。

1997年メンズライン「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュオム」がスタート

 

View this post on Instagram

 

SAINT LAURENTさん(@ysl)がシェアした投稿

1997年にアーティスティックディレクターにエディ・スリマンを迎え、イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュオムをローンチ。

当時無名デザイナーだったエディ・スリマンにとっては大抜擢でした。

翌年1998年にはデニムラインである「サンローラン」もエディスリマンが手掛けます。

2001年トム・フォードがデザイナーに就任

 

View this post on Instagram

 

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿

1999年にイヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュはグッチグループに売却されます。

その関係で当時グッチのクリエイティブディレクターだったトムフォードがデザイナーに就任します。

2002年オートクチュール部門閉鎖

 

View this post on Instagram

 

SAINT LAURENTさん(@ysl)がシェアした投稿

2002年1月22日に行われた、パリ・オートクチュール・コレクションを最後にムッシュ・イヴ・サンローランは引退を発表。

同時にオートクチュール部門を閉鎖します。

2012年エディ・スリマンがイヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任

 

View this post on Instagram

 

@hedislimaneworldがシェアした投稿

2012年にエディ・スリマンがイヴサンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任。

ブランド名をサンローランに改めます。

2016年アンソニー・ヴァカレロがクリエイティブ・ディレクターに就任

 

View this post on Instagram

 

Anthony Vaccarelloさん(@anthonyvaccarello)がシェアした投稿

2016年にエディ・スリマンの後任として、アンソニー・ヴァカレロがクリエイティブ・ディレクターに就任。

現在もサンローランを成長させ続けています。

ムッシュ・イヴ・サンローランとは?

1936年アルジェリアのファッションデザイナー

 

View this post on Instagram

 

Yves Saint Laurentさん(@yves__saint_laurent)がシェアした投稿

サンローランの創立者であるムッシュサンローランは、1936年、アルジェリアの港町オランで生まれます。

映画館のチェーンのオーナーを父親に持つ裕福な家庭で育ちました。

シャンブル・サンディカル・ド・ラ・オート・クチュールファッションデザイン学校

 

View this post on Instagram

 

Yves Saint Laurentさん(@yves__saint_laurent)がシェアした投稿

17歳でパリのシャンブル・サンディカル・ド・ラ・オート・クチュールファッションデザイン学校に入学。

IWS主催のデザインコンクールにてドレス部門最優秀賞を受賞

1957年にクリスチャンディオールのデザイナーに就任

 

View this post on Instagram

 

Yves Saint Laurentさん(@yves__saint_laurent)がシェアした投稿

このことがきっかけとなり、1954年にクリスチャンディオールへ入社、キャリアをスタートさせます。

1957年にクリスチャンディオールが急死、若干21歳のイヴ・サンローランがデザイナーとしてブランドをさらに飛躍させます。

当時の新聞には、「イヴ・サンローランはフランスを救った。偉大なるディオールの伝統は続く」と掲載されました。

1960年徴収を理由にクリスチャンディオールを解雇

 

View this post on Instagram

 

Yves Saint Laurentさん(@yves__saint_laurent)がシェアした投稿

1960年にアルジェリア独立戦争の影響を受け、自身もフランス軍に徴収。クリスチャンディオールを離れます。

この徴収には、イヴサンローランを解雇する目的があったそうです。

除隊後1961年に、自身の名前を冠したクチュールメゾンをスタート。イヴ・サンローランの快進撃の幕開けです。

1985年フランスの最高勲章レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ授与

 

View this post on Instagram

 

Yves Saint Laurentさん(@yves__saint_laurent)がシェアした投稿

1985年フランスの最高勲章レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ授与。1993年にはデ・ドール賞を受賞します。

2002年引退を発表

 

View this post on Instagram

 

Yves Saint Laurentさん(@yves__saint_laurent)がシェアした投稿

2002年1月22日に行われた、パリ・オートクチュール・コレクションを最後に引退を発表。

2007年レジオン・ドヌール勲章グラントフィシエ受章

 

View this post on Instagram

 

Yves Saint Laurentさん(@yves__saint_laurent)がシェアした投稿

長年の功績から当時のフランス大統領サルコジからレジオン・ドヌール勲章グラントフィシエ受章されます。

2008年6月逝去

 

View this post on Instagram

 

Yves Saint Laurentさん(@yves__saint_laurent)がシェアした投稿

2008年6月、イヴ・サンローランはガンのためこの世を去ります。

SaintLaurent(サンローラン)の歴代デザイナーは?

読者
サンローランはビッグデザイナーにより成長してきたブランドですよね?
ジーマ@ファッションブロガー
そうですね!有名デザイナーがブランドを支えてきました!
読者
歴代デザイナーを簡単に教えてもらえますか?
ジーマ@ファッションブロガー
はい!分かりました!

エディ・スリマン

1997年から1999年。

2012年から2016年。

トム・フォード

2001年から2004年

アンソニー・ヴァカレロ

2016年から現在

評判・イメージ

読者
SaintLaurent(サンローラン)の評判やイメージについて簡単に教えていただけますか?
ジーマ@ファッションブロガー
分かりました!

SaintLaurentはエディの作り上げたラグジュアリでロックなイメージの強いブランドですね!

元々はドレスをメインとしたクチュールブランドとしてスタートしたサンローランですが、エディ・スリマンの影響で、ラグジュアリーでロックなスタイルを得意とするイメージが定着しています。

サンローランのアイコニックであるダブルライタースとスキニーデニムはセレブのユニフォーームとも称されました。

現在、アンソニーヴァカレロが手掛けるサンローランはよりラグジュアリーさを増しており、高い評価を獲得しています。

まとめ

天才デザイナーでありモードの帝王と称された、ムッシュ・イヴ・サンローランにより設立されたクチュールメゾンは、様々なビッグデザイナーの手により、進化し続けてきました。

変化を恐れないフランスラグジュアリーブランドのサンローランから今後も目が離せません。

ハイブランドの購入におすすめサイトランキング!

ハイブランド一覧

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人のファッションブロガーのジーマです。 10年以上アパレルショップに出向く日々を過ごしています。 ファッションのおかげで自分に自信を持つことができました。 「ファッションは人生を変える」がモットー。 当サイトでは主にラグジュアリーブランド情報を発信。